レンタルサーバ

ドメインのゾーン情報を編集したい

対象プラン

さくらのドメイン gTLDドメイン 汎用JPドメイン 属性型・地域型JPドメイン

前提条件

ドメインコントロールパネルでゾーン情報を編集するためには、

  • さくらインターネットで契約中のドメインである
  • さくらインターネットのネームサーバサービスを利用しているドメインである

いずれかの条件を満たす必要がございます。

詳細については、以下サポートページもご参考願います。
ドメインコントロールパネルについて知りたい

ゾーン情報の新規登録

さくらのレンタルサーバで利用する場合

さくらのレンタルサーバでは、サーバコントロールパネルへドメインを追加したとき、弊社ネームサーバ内部にゾーン情報を自動的に生成いたします。
そのため、ドメインコントロールパネルからの操作は必要ございません。

ドメインの契約形態に合わせて、適切なページをお選びいただき、サーバコントロールパネルへドメインの追加登録手順をご確認願います。

対象ドメインをさくらインターネットで契約されている場合

さくらインターネットで取得・管理中のドメインを設定したい

ゾーン編集について

対象ドメインがさくらインターネットで契約、管理されている場合は、ドメインコントロールパネルよりレコードの詳細設定が可能です。
詳細はゾーン情報(レコード)の編集欄をご参照ください。

対象ドメインを他社で契約されている場合

他社で取得・管理中のドメインを設定したい

ゾーン編集について

対象ドメインが他社で契約、管理されている場合は、ドメインコントロールパネルよりレコードの詳細設定はできません。

さくらのレンタルサーバ以外(さくらのVPS、さくらの専用サーバPHY、他社サーバ等)で利用する場合

対象ドメインをさくらインターネットで契約されている場合

ゾーン情報の新規登録作業は必要ございません。

ゾーン情報を編集されたい場合は、そのままゾーン情報(レコード)の編集をご参照ください。

対象ドメインを他社で契約されている場合

他社で管理しているドメインはネームサーバサービスをご利用いただくことで編集が可能となります。
ネームサーバサービス利用外の他社管理ドメインには対応しておりません。

※「さくらのVPS」「専用サーバ」「ハウジング」等のサービスをご契約の場合、ネームサーバサービスについて、無料で使えるゾーンがございます。

ネームサーバサービスについては下記のページをご参照ください
ネームサーバを利用したい

また、編集されたゾーン情報をインターネット上に反映するためには、ドメインの管理会社でWhois情報のネームサーバをさくらインターネット指定ネームサーバに設定する必要がありますので、ゾーン情報作成後、ドメインの契約会社にて、ネームサーバの参照先を以下の値に設定してください。

                           
ネームサーバー1ns1.dns.ne.jp
ネームサーバー2ns2.dns.ne.jp

ゾーンの新規登録(該当ドメインを初めて設定する場合)

新規に利用申請されたドメイン名を初めて設定する際は、以下の3つの設定方法からゾーンを設定することが可能です。
お客様の運用形態により、設定方法が異なりますのでご注意ください。

ドメインコントロールパネルにログイン

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

3契約中のドメイン一覧が表示されます。『ドメインコントロールパネル』をクリックします。

(1)さくらのDNSに設定する(簡単設定)

簡単設定を選択された場合、IPアドレスを入力することでゾーン設定が行われます。

1簡単設定でサーバのIPアドレスを入力し、『送信する』をクリックします。

サーバのIPアドレスを入力

2入力したIPアドレスでゾーン情報が作成されます。

これで簡単設定によるゾーン設定は完了です。

(2)さくらのDNSに設定する(詳細設定)

詳細設定を選択された場合、最初は何も設定されていないため、個別にホスト名(wwwmail等)のエントリを追加する必要があります

1さくらのDNS設定(詳細設定)の『追加して設定』をクリックします。

追加して設定

2ゾーンの情報(Whois)の、『編集』をクリックします。

編集をクリック

3レコード追加項目から「エントリ名」「タイプ」「データ」を入力し『追加』をクリックします。

レコード追加
エントリ名 タイプ データ 説明
エントリ名
wwwの設定例
www IPアドレス
(A)
関連付ける
IPアドレス
指定したいエントリ名がまだ設定されていなければ新規登録を、すでに設定されており変更する場合は変更ボタンを選択してください。
エントリ名
ftpの設定例
ftp 別名
(CNAME)
関連付けるホスト名
(wwwなど)
MXレコードの
設定例
@ メール交換ホスト
(MX)
10 @ 10@の間には半角スペースが必要です

4ゾーン編集の設定反映

エントリを追加した設定内容を反映するためには、『保存』をクリックしてください。
これでゾーン設定は完了です。

レコード設定

(3)セカンダリネームサーバとして利用する

注意事項

「セカンダリネームサーバとして利用する」は、お客様ご自身でプライマリネームサーバを構築されている場合の設定項目です。

弊社ネームサーバをそのセカンダリとして運用される際にご選択ください。

お客様ご自身でネームサーバを構築していない場合は本項目を選択しても動作いたしませんので、簡単設定や詳細設定から、ゾーン情報の編集で各レコードの指定をお願いします。
なお、「さくらのレンタルサーバ」サービスで利用するドメインについては、サーバコントロールパネルからドメインの追加をお願いします。

【ゾーン設定方法(該当ドメインを初めて設定する場合)】の(3)にて、プライマリネームサーバのホスト名またはIPアドレスを記載し『送信』をクリックします。
下記画像が表示されますので、セカンダリ設定は完了です。

1「プライマリサーバ名(ホスト名)」に サーバのIPアドレスまたはホスト名を入力し、『追加して設定』をクリックします。

セカンダリネームサーバとして利用する

2設定完了

ネームサーバを登録しました

※プライマリネームサーバにて、弊社ネームサーバ(210.188.224.9 / 210.224.172.13)からの問い合わせを許可するように設定してください。

ゾーン情報(レコード)の編集

ドメインコントロールパネルにログイン

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

3契約中のドメイン一覧が表示されます。

『ドメインコントロールパネル』をクリックします。

レコードの追加

1該当ドメインの『ゾーン』をクリックします。

2レコード設定の『編集』をクリックします。

3設定する項目を入力し、『追加』をクリックします。

4『保存』をクリックします。

各レコードの概要

各レコードの意味は各種レコードの概要もご参照ください

注意事項

エントリ名「@」値に「NSレコード」を入力し新規登録された場合、個別削除ができず一度設定の全削除をしていただき、改めて個別の設定を登録していただく必要がございますので、決して登録されないようお気をつけください。

誤って登録された場合、名前解決が行えないなどが起こりえます。

レコードの編集

1該当ドメインの『ゾーン』をクリックします。

2レコード設定の『編集』をクリックします。

3変更したい箇所の値を修正します。

4『保存』をクリックします。

レコードの削除

1レコード設定の『編集』をクリックします。

2削除したいゾーン情報の右側にある『削除』クリックします。

3『保存』をクリックします。

ゾーンの削除

ドメインコントロールパネルにログイン

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

3契約中のドメイン一覧が表示されます。『ドメインコントロールパネル』をクリックします。

ゾーンの削除

1該当ドメインの『ゾーン』をクリックします。

ゾーンをクリック

2『ゾーン削除』をクリックします。

ゾーン削除をクリック

注意事項

  • ドメインを再度さくらのレンタルサーバに追加する場合は、2時間程度時間をあけてお試しください。
  • 『 削除 』をクリックし作業を完了すると、ドメインに関する設定(ゾーン設定含む)を初期化します。
  • 他社管理ドメインの場合、上記作業からドメインに関する初期化ができないため、メールでの削除依頼が必要です。
    詳細は以下ページをご確認ください。
    追加ドメイン削除依頼(調査依頼)

前提条件

ドメインコントロールパネルでゾーン情報を編集するためには、

  • さくらインターネットで契約中のドメインである
  • さくらインターネットのネームサーバサービスを利用しているドメインである

いずれかの条件を満たす必要がございます。

詳細については、以下サポートページもご参考願います。
ドメインコントロールパネルについて知りたい

ゾーン情報の新規登録

さくらのレンタルサーバで利用する場合

さくらのレンタルサーバでは、サーバコントロールパネルへドメインを追加したとき、弊社ネームサーバ内部にゾーン情報を自動的に生成いたします。
そのため、ドメインコントロールパネルからの操作は必要ございません。

ドメインの契約形態に合わせて、適切なページをお選びいただき、サーバコントロールパネルへドメインの追加登録手順をご確認願います。

対象ドメインをさくらインターネットで契約されている場合

さくらインターネットで取得・管理中のドメインを設定したい

ゾーン編集について

対象ドメインがさくらインターネットで契約、管理されている場合は、ドメインコントロールパネルよりレコードの詳細設定が可能です。
詳細はゾーン情報(レコード)の編集欄をご参照ください。

対象ドメインを他社で契約されている場合

他社で取得・管理中のドメインを設定したい

ゾーン編集について

対象ドメインが他社で契約、管理されている場合は、ドメインコントロールパネルよりレコードの詳細設定はできません。

さくらのレンタルサーバ以外(さくらのVPS、さくらの専用サーバPHY、他社サーバ等)で利用する場合

対象ドメインをさくらインターネットで契約されている場合

ゾーン情報の新規登録作業は必要ございません。

ゾーン情報を編集されたい場合は、そのままゾーン情報(レコード)の編集をご参照ください。

対象ドメインを他社で契約されている場合

他社で管理しているドメインはネームサーバサービスをご利用いただくことで編集が可能となります。
ネームサーバサービス利用外の他社管理ドメインには対応しておりません。

※「さくらのVPS」「専用サーバ」「ハウジング」等のサービスをご契約の場合、ネームサーバサービスについて、無料で使えるゾーンがございます。

ネームサーバサービスについては下記のページをご参照ください
ネームサーバを利用したい

また、編集されたゾーン情報をインターネット上に反映するためには、ドメインの管理会社でWhois情報のネームサーバをさくらインターネット指定ネームサーバに設定する必要がありますので、ゾーン情報作成後、ドメインの契約会社にて、ネームサーバの参照先を以下の値に設定してください。

                           
ネームサーバー1ns1.dns.ne.jp
ネームサーバー2ns2.dns.ne.jp

ゾーンの新規登録(該当ドメインを初めて設定する場合)

新規に利用申請されたドメイン名を初めて設定する際は、以下の3つの設定方法からゾーンを設定することが可能です。
お客様の運用形態により、設定方法が異なりますのでご注意ください。

ドメインコントロールパネルにログイン

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

3契約中のドメイン一覧が表示されます。『ドメインコントロールパネル』をクリックします。

(1)さくらのDNSに設定する(簡単設定)

簡単設定を選択された場合、IPアドレスを入力することでゾーン設定が行われます。

1簡単設定でサーバのIPアドレスを入力し、『送信する』をクリックします。

サーバのIPアドレスを入力

2入力したIPアドレスでゾーン情報が作成されます。

これで簡単設定によるゾーン設定は完了です。

(2)さくらのDNSに設定する(詳細設定)

詳細設定を選択された場合、最初は何も設定されていないため、個別にホスト名(wwwmail等)のエントリを追加する必要があります

1さくらのDNS設定(詳細設定)の『追加して設定』をクリックします。

追加して設定

2ゾーンの情報(Whois)の、『編集』をクリックします。

編集をクリック

3レコード追加項目から「エントリ名」「タイプ」「データ」を入力し『追加』をクリックします。

レコード追加
エントリ名 タイプ データ 説明
エントリ名
wwwの設定例
www IPアドレス
(A)
関連付ける
IPアドレス
指定したいエントリ名がまだ設定されていなければ新規登録を、すでに設定されており変更する場合は変更ボタンを選択してください。
エントリ名
ftpの設定例
ftp 別名
(CNAME)
関連付けるホスト名
(wwwなど)
MXレコードの
設定例
@ メール交換ホスト
(MX)
10 @ 10@の間には半角スペースが必要です

4ゾーン編集の設定反映

エントリを追加した設定内容を反映するためには、『保存』をクリックしてください。
これでゾーン設定は完了です。

レコード設定

(3)セカンダリネームサーバとして利用する

注意事項

「セカンダリネームサーバとして利用する」は、お客様ご自身でプライマリネームサーバを構築されている場合の設定項目です。

弊社ネームサーバをそのセカンダリとして運用される際にご選択ください。

お客様ご自身でネームサーバを構築していない場合は本項目を選択しても動作いたしませんので、簡単設定や詳細設定から、ゾーン情報の編集で各レコードの指定をお願いします。
なお、「さくらのレンタルサーバ」サービスで利用するドメインについては、サーバコントロールパネルからドメインの追加をお願いします。

【ゾーン設定方法(該当ドメインを初めて設定する場合)】の(3)にて、プライマリネームサーバのホスト名またはIPアドレスを記載し『送信』をクリックします。
下記画像が表示されますので、セカンダリ設定は完了です。

1「プライマリサーバ名(ホスト名)」に サーバのIPアドレスまたはホスト名を入力し、『追加して設定』をクリックします。

セカンダリネームサーバとして利用する

2設定完了

ネームサーバを登録しました

※プライマリネームサーバにて、弊社ネームサーバ(210.188.224.9 / 210.224.172.13)からの問い合わせを許可するように設定してください。

ゾーン情報(レコード)の編集

ドメインコントロールパネルにログイン

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

3契約中のドメイン一覧が表示されます。

『ドメインコントロールパネル』をクリックします。

レコードの追加

1該当ドメインの『ゾーン』をクリックします。

2レコード設定の『編集』をクリックします。

3設定する項目を入力し、『追加』をクリックします。

4『保存』をクリックします。

各レコードの概要

各レコードの意味は各種レコードの概要もご参照ください

注意事項

エントリ名「@」値に「NSレコード」を入力し新規登録された場合、個別削除ができず一度設定の全削除をしていただき、改めて個別の設定を登録していただく必要がございますので、決して登録されないようお気をつけください。

誤って登録された場合、名前解決が行えないなどが起こりえます。

レコードの編集

1該当ドメインの『ゾーン』をクリックします。

2レコード設定の『編集』をクリックします。

3変更したい箇所の値を修正します。

4『保存』をクリックします。

レコードの削除

1レコード設定の『編集』をクリックします。

2削除したいゾーン情報の右側にある『削除』クリックします。

3『保存』をクリックします。

ゾーンの削除

ドメインコントロールパネルにログイン

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

3契約中のドメイン一覧が表示されます。『ドメインコントロールパネル』をクリックします。

ゾーンの削除

1該当ドメインの『ゾーン』をクリックします。

ゾーンをクリック

2『ゾーン削除』をクリックします。

ゾーン削除をクリック

注意事項

  • ドメインを再度さくらのレンタルサーバに追加する場合は、2時間程度時間をあけてお試しください。
  • 『 削除 』をクリックし作業を完了すると、ドメインに関する設定(ゾーン設定含む)を初期化します。
  • 他社管理ドメインの場合、上記作業からドメインに関する初期化ができないため、メールでの削除依頼が必要です。
    詳細は以下ページをご確認ください。
    追加ドメイン削除依頼(調査依頼)

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら