専用サーバ トラブルシューティング

RHEL8.5系にアップデート後ネットワークが疎通しない

対象プラン
さくらの専用サーバ

「さくらの専用サーバ」で RHEL8系 のOSをご利用中の場合、
yum update で8.5(kernel-4.18.0-338.el8.x86_64)以降にアップデート後、ネットワーク が疎通しない不具合が発生することがあります。

対象OS

  • Red Hat Enterprise Linux 8.4 以下
  • CentOS 8.4 以下
  • CentOS Stream 8 以下

ページの先頭へ

発生する事象

OSが起動した後もサーバーのIPアドレスに疎通できない。

ip addr コマンドを実行するとインタフェース名が通常は enoX であるところ、 ethX と表示される。

ページの先頭へ

対処方法

リモートコンソールを利用しサーバーへログインし、以下のコマンドを実行します。
対処方法には記載しておりませんが、ファイルの編集前には念のためバックアップを取得してください。

/etc/udev/rules.d/99-net.rules を編集し「KERNEL==”eth*”,」部分を削除します。

/etc/udev/rules.d/99-net.rules を編集する

# vi /etc/udev/rules.d/99-net.rules

「KERNEL==”eth*”,」部分を削除する

編集前
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.0", NAME="eno1"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.1", NAME="eno2"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.0", NAME="eno3"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", KERNEL=="eth*", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.1", NAME="eno4"
 
編集後
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.0", NAME="eno1"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:01:00.1", NAME="eno2"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.0", NAME="eno3"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", SUBSYSTEMS=="pci", KERNELS=="0000:68:00.1", NAME="eno4"

/etc/default/grub を編集し、「net.ifnames=0 biosdevname=0 net.ifnames=0」のオプションを削除します。

/etc/default/grub を編集する

# vi /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX 行の「net.ifnames=0 biosdevname=0 net.ifnames=0」部分を削除する

編集前
GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX=" resume=UUID=150db2d5-10d4-4eaa-8ebc-d4f637bbb1d9  net.ifnames=0  biosdevname=0 net.ifnames=0 consoleblank=0 nomodeset intel_idle.max_cstate=0 processor.max_cstate=0"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"
GRUB_ENABLE_BLSCFG=true
 
編集後
GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DISTRIBUTOR="$(sed 's, release .*$,,g' /etc/system-release)"
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX=" resume=UUID=150db2d5-10d4-4eaa-8ebc-d4f637bbb1d9  consoleblank=0 nomodeset intel_idle.max_cstate=0 processor.max_cstate=0"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"
GRUB_ENABLE_BLSCFG=true

編集した内容でGRUB2の起動メニューを生成します。

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

サーバの再起動を行います。

ページの先頭へ