ゾーン情報の変更 ネームサーバに関連する手続き

ネームサーバ利用申請

対象プラン
さくらのVPSさくらのクラウドさくらの専用サーバハウジング

このマニュアルでは、ネームサーバ利用申請についてご案内しています。

前提条件

無料のネームサーバ

ネームサーバは以下のサービスをご契約の場合、無料で使えるゾーンがございます。

  • サービスにより、無料で使えるゾーン数は異なります。
    追加でネームサーバの利用をご希望の場合はネームサーバサービスが必要です
  • 以下のサービスには、新規提供を終了した「旧プラン」も含まれています。
サービス名 無料ゾーン数
さくらのVPS 512 5ゾーン
1G 5ゾーン
2G 5ゾーン
1.5G 5ゾーン
4G 10ゾーン()
8G 10ゾーン
16G 10ゾーン
32G 10ゾーン
ベアメタル8G 10ゾーン
さくらのVPS
for Windows Server
W768 5ゾーン
W1G 5ゾーン
W2G 10ゾーン
W4G 10ゾーン
W8G 10ゾーン
W16G 10ゾーン
W32G 10ゾーン
さくらの専用サーバ 10ゾーン
ハウジング 10ゾーン
※ 回線サービス1つにつき10ゾーン
  • ※石狩リージョン 第1ゾーンで提供中のSSD 4Gプランのみ5ゾーンとなります。

運用形態

ネームサーバの運用形態は、次の種類がございます。

A:プライマリネームサーバはお客様にて運用し、セカンダリネームサーバは弊社に依頼する。
B:プライマリ・セカンダリネームサーバ共に弊社に依頼する。
C:プライマリネームサーバ、セカンダリネームサーバ共にお客様にて運用する。

  • ※ AおよびBでの運用をご希望のお客様は、
    下記手順にてネームサーバのご利用申請、および設定を実施してください。
  • ※ Cの形態で運用されるお客様は、申請の必要はございません。
    (弊社会員メニューでの設定もできません)
  • さくらの専用サーバサービスでは、ドメイン名に関する設定は一切行われていません。
    【運用形態】 A または B にて弊社ネームサーバをご利用希望の場合は、
    事前にネームサーバサービスのお申込みが必要です。
  • 一部サービスでは無料のネームサーバが付属しています。
    提供対象サービスについては無料のネームサーバをご覧ください。
    新規または追加でネームサーバの利用をご希望の場合はネームサーバサービスをお申込みください。
  • サブドメインに関しましても1ドメイン(ゾーン)でカウントされます。
  • 多くのドメイン(ゾーン)数が必要な場合は10ゾーン追加にてネームサーバサービスをお申込みください。
  • 有料ネームサーバサービスのお申込みはこちら
    (ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みいただけます。)
  • 「さくらのドメイン取得」 サービスをご利用のお客様は、
    該当ドメインのゾーン設定(1ドメイン分)を無料でご利用できます。

ネームサーバ設定依頼

弊社ネームサーバの登録依頼はルートネームサーバ(※)の登録情報を
お客様の運用形態に合わせた情報に変更後、ご依頼ください。

  • ※ルートネームサーバ:NSIやJPRSなど、ドメインのレジストラへ登録されているネームサーバ

注意事項

  • 利用申請に対する弊社の作業内容は、お客様の会員メニューに
    利用申請いただいたドメインのエントリーを追加します。
    ドメインをご利用いただくには、「会員メニュー」よりお客様自身でゾーン設定が必要です

さくらインターネット指定ネームサーバ

さくらのネームサーバを利用する場合は以下のネームサーバ情報をご利用ください。

ネームサーバー1 ns1.dns.ne.jp
ネームサーバー2 ns2.dns.ne.jp

ページの先頭へ

ネームサーバに関する設定

会員メニューにログイン

会員メニューにログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード
お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

契約中のドメイン一覧が表示されます。
『ドメインメニュー』をクリックします。

ネームサーバの新規登録

左側の「ドメインメニュー」より「ネームサーバ新規登録」 をクリックします。

新たにご利用したいドメイン名を入力の上、送信ボタンを押してください。

※ ページ内の一覧表に利用申請可能なドメイン数が表示されております。
利用可能なドメイン数の追加をご希望のお客様は別途有料にて承っております。
有料ネームサーバサービスをお申込みください。

お客様自身にて実施していただくゾーン設定方法に関しましては、ゾーン設定をご参照ください。

ネームサーバ新規登録は完了です。

ページの先頭へ

ネームサーバの削除

左側の『ドメインメニュー』より『ドメインリスト』をクリックします。

削除するドメインの『ゾーン削除』クリックします。

確認画面で問題がなければ『OK』クリックします。

ネームサーバの削除は完了です。

ページの先頭へ

ゾーンに関する設定

会員メニューにログイン

会員メニューにログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード
お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

画面左側の契約情報から『契約中のドメイン一覧』をクリックします。

契約中のドメイン一覧が表示されます。
『ドメインメニュー』をクリックします。

ゾーンの設定

「ゾーン編集」クリックします。

リストに追加されたドメインのゾーン設定を新規に設定する際は、
ゾーン設定方法にお進みください。

一度でもゾーン設定しており、変更する場合の説明は
ゾーン設定方法(設定変更する場合)
にお進みください。

ゾーン設定方法(該当ドメインを初めて設定する場合)

新規に利用申請されたドメイン名を初めて設定する際は、
以下の3つの設定方法からゾーンを設定することが可能です。
お客様の運用形態により、設定方法が異なりますのでご注意ください。

ページの先頭へ

①簡単設定

簡単設定を選択された場合、IPアドレスを入力することでゾーン設定が行われます。

簡単設定でサーバのIPアドレスを入力し、『送信する』をクリックします。

入力したIPアドレスでゾーン情報が作成されます。

これで簡単設定によるゾーン設定は完了です。

ページの先頭へ

②ゾーンの詳細設定

詳細設定を選択された場合、最初は何も設定されていないため、
個別にホスト名(wwwmail等)のエントリを追加する必要があります。

詳細設定で『送信する』をクリックします。

ゾーンの作成を確認し、『変更』をクリックします。

エントリを追加する

ホスト名wwwの設定の一例

エントリ名には「www」、種別には「IPアドレス(A)」、
値には関連付けるIPアドレスを記載してください。
指定したいエントリ名がまだ設定されていなければ新規登録を、
すでに設定されており変更する場合は変更ボタンを選択してください。

ホスト名ftpの設定の一例

エントリ名には「ftp」、種別には「別名(CNAME)」、
値には関連付けるホスト名(wwwなど)を記載してください。

MXレコードの設定の一例

エントリ名には「@」、種別には「メール交換ホスト(MX)」、
値には「10 @」を記載してください。
(10@の間には半角スペースが必要です)

ゾーン編集の設定反映

エントリを追加した設定内容を反映するためには、画面左側の「データ送信」を押してください。
これでゾーン設定は完了です。

ページの先頭へ

③お客様のサーバに設定する(セカンダリの設定)

【ゾーン設定方法(該当ドメインを初めて設定する場合)】の③にて、
プライマリネームサーバのホスト名または
IPアドレスを記載し『送信』をクリックします。
下記画像が表示されますので、セカンダリ設定は完了です。

「お客様のサーバに設定する」に サーバのIPアドレスまたはホスト名を入力 し、
『送信する』をクリックします。

設定完了

※ プライマリネームサーバにて弊社ネームサーバ(210.188.224.9 / 210.224.172.13)からの
問い合わせを許可するように設定してください。

ページの先頭へ

ゾーンの設定変更

ゾーン設定したドメインの設定変更する場合は、画面右側に既存の設定内容が
一覧表に記載されております。
現在の内容をよく確認のうえ、画面左側の『変更』をクリックください。

現在のゾーン設定一覧

ゾーン変更ボタン

ゾーンの詳細設定はこちらをご確認ください。

ページの先頭へ

ゾーン情報の削除

左側の『ドメインメニュー』より『ドメインリスト』をクリックします。

対象ドメインの右にある『ゾーン編集』をクリックします。

ゾーン表示の画面より左側にある『削除』をクリックします。

確認画面で問題がなければ『OK』をクリックします。

これでゾーン情報の削除は完了です。

ページの先頭へ