レンタルサーバ

国外IPアドレスをフィルタ設定したい

対象プラン

さくらのレンタルサーバ ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド メールボックス

このマニュアルでは、国外IPアドレスフィルタの設定や仕様についてご案内しています。 「国外IPアドレスフィルタ」では、海外からの不正なアクセスを防ぐため、国外IPアドレスからの特定のアクセスを制限します。 必要に応じて機能を無効化することができます。

機能仕様

弊社にて管理する国内IPアドレスリストに含まれていないIPアドレスからのアクセスを制限します。 ※Googlebot は有効化の状態でもアクセス可能です。

国外IPアドレスフィルタ01
  • 一部アクセス制限の範囲は制限範囲をご参照ください。
  • 判別の対象となるIPアドレスリストは非公開とさせていただいております。
  • 国内IPアドレスからのアクセスであっても、ごくまれに国内IPアドレスリストに含まれずアクセスできない場合があります。そのような場合はお手数ですが、許可リストへの追加または機能の無効化を行ってください。

制限範囲

プロトコル ポート番号 制限内容
FTP/FTPS 21 FTPのファイルの一覧取得やコピー等ができなくなります
※認証に成功すればログインできますが、その後の操作ができません
SSH/SFTP 22 SSH接続を拒否します
※公開鍵認証は制限対象外です
SMTP/SMTPS 25/587 メールの送信を拒否します(SMTP認証時)
WebDAV 9800/9802 WebDAVへの接続を拒否します
HTTP/HTTPS 80/443 一部の制限対象ディレクトリ・ファイルへのアクセスを拒否します

HTTP/HTTPS 制限対象範囲

種別 ファイル名 想定用途
ディレクトリ /wp-admin/ WordPress 管理画面ディレクトリ
ディレクトリ /phpmyadmin/ phpMyAdmin ディレクトリ
ファイル wp-login.php WordPress 管理画面ログイン
ファイル mt.cgi Movable Type 管理画面ログイン
ファイル mt-xmlrpc.cgi Movable Typeの遠隔操作用ファイル
(2022年02月02日追加)
※Movable Typeの脆弱性にご注意ください
ファイル admin.cgi 各種CGI管理画面ログイン
ファイル xmlrpc.php WordPressの遠隔操作(XML-RPC)用ファイル
  • ディレクトリやファイルに対する制限を一部の国外IPアドレスから許可したい場合は、許可リストにIPアドレスを登録してください。
  • WordPressの「JetPackプラグイン」は国外IPフィルタの制限対象外です。JetPack以外で、国外からアクセスが行われるプラグインをご利用の場合は、アクセス元のIPアドレスを許可リストに追加してご利用ください。

機能の無効化(有効化)

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない
   

設定の変更

1セキュリティから『国外IPアドレスフィルタ』をクリックします。

国外IPアドレスフィルタ02

2「アクセス制限設定」を「無効(または有効)」を選択し、 『保存する』をクリックします。

国外IPアドレスフィルタ03
   

許可リストへの追加

国外IPアドレスフィルタが有効の状態で、許可リストに登録されたIPアドレスから接続許可の指定が行えます。 許可リストが適用される対象はウェブアクセス(HTTP/HTTPS 特定ファイルのみ)です。

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない
   

設定の追加

1セキュリティから『国外IPアドレスフィルタ』をクリックします。

国外IPアドレスフィルタ02

2「接続許可IPアドレスリスト」へ入力し『保存する』をクリックします。

接続許可IPアドレス
   

「国外IPアドレスフィルタ」に関するよくある質問

Q. 海外からウェブページが閲覧できますか?

はい、可能です。HTTP/HTTPSの制限範囲については海外からのアクセスが制限されます。 制限範囲についてはオンラインマニュアルをご確認ください。

Q. 海外から送信されたメールは受信できますか?

はい、受信できます。

Q. 機能の無効化はどこからできますか?

提供開始後、サーバーコントロールパネルより行っていただけます。 無効化の方法についてはオンラインマニュアルをご確認ください。

Q. サーバーコントロールパネルは制限の対象になりますか?

制限の対象にはなりません。 また、ウェブメールやファイルマネージャも同様に制限の対象にはなりません。

Q. HTTPの制限を受けた場合、どのようなメッセージが表示されますか?

403 Forbiddenのエラー画面が表示されます

このマニュアルでは、国外IPアドレスフィルタの設定や仕様についてご案内しています。 「国外IPアドレスフィルタ」では、海外からの不正なアクセスを防ぐため、国外IPアドレスからの特定のアクセスを制限します。 必要に応じて機能を無効化することができます。

機能仕様

弊社にて管理する国内IPアドレスリストに含まれていないIPアドレスからのアクセスを制限します。 ※Googlebot は有効化の状態でもアクセス可能です。

国外IPアドレスフィルタ01
  • 一部アクセス制限の範囲は制限範囲をご参照ください。
  • 判別の対象となるIPアドレスリストは非公開とさせていただいております。
  • 国内IPアドレスからのアクセスであっても、ごくまれに国内IPアドレスリストに含まれずアクセスできない場合があります。そのような場合はお手数ですが、許可リストへの追加または機能の無効化を行ってください。

制限範囲

プロトコル ポート番号 制限内容
FTP/FTPS 21 FTPのファイルの一覧取得やコピー等ができなくなります
※認証に成功すればログインできますが、その後の操作ができません
SSH/SFTP 22 SSH接続を拒否します
※公開鍵認証は制限対象外です
SMTP/SMTPS 25/587 メールの送信を拒否します(SMTP認証時)
WebDAV 9800/9802 WebDAVへの接続を拒否します
HTTP/HTTPS 80/443 一部の制限対象ディレクトリ・ファイルへのアクセスを拒否します

HTTP/HTTPS 制限対象範囲

種別 ファイル名 想定用途
ディレクトリ /wp-admin/ WordPress 管理画面ディレクトリ
ディレクトリ /phpmyadmin/ phpMyAdmin ディレクトリ
ファイル wp-login.php WordPress 管理画面ログイン
ファイル mt.cgi Movable Type 管理画面ログイン
ファイル mt-xmlrpc.cgi Movable Typeの遠隔操作用ファイル
(2022年02月02日追加)
※Movable Typeの脆弱性にご注意ください
ファイル admin.cgi 各種CGI管理画面ログイン
ファイル xmlrpc.php WordPressの遠隔操作(XML-RPC)用ファイル
  • ディレクトリやファイルに対する制限を一部の国外IPアドレスから許可したい場合は、許可リストにIPアドレスを登録してください。
  • WordPressの「JetPackプラグイン」は国外IPフィルタの制限対象外です。JetPack以外で、国外からアクセスが行われるプラグインをご利用の場合は、アクセス元のIPアドレスを許可リストに追加してご利用ください。

機能の無効化(有効化)

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない
   

設定の変更

1セキュリティから『国外IPアドレスフィルタ』をクリックします。

国外IPアドレスフィルタ02

2「アクセス制限設定」を「無効(または有効)」を選択し、 『保存する』をクリックします。

国外IPアドレスフィルタ03
   

許可リストへの追加

国外IPアドレスフィルタが有効の状態で、許可リストに登録されたIPアドレスから接続許可の指定が行えます。 許可リストが適用される対象はウェブアクセス(HTTP/HTTPS 特定ファイルのみ)です。

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない
   

設定の追加

1セキュリティから『国外IPアドレスフィルタ』をクリックします。

国外IPアドレスフィルタ02

2「接続許可IPアドレスリスト」へ入力し『保存する』をクリックします。

接続許可IPアドレス
   

「国外IPアドレスフィルタ」に関するよくある質問

Q. 海外からウェブページが閲覧できますか?

はい、可能です。HTTP/HTTPSの制限範囲については海外からのアクセスが制限されます。 制限範囲についてはオンラインマニュアルをご確認ください。

Q. 海外から送信されたメールは受信できますか?

はい、受信できます。

Q. 機能の無効化はどこからできますか?

提供開始後、サーバーコントロールパネルより行っていただけます。 無効化の方法についてはオンラインマニュアルをご確認ください。

Q. サーバーコントロールパネルは制限の対象になりますか?

制限の対象にはなりません。 また、ウェブメールやファイルマネージャも同様に制限の対象にはなりません。

Q. HTTPの制限を受けた場合、どのようなメッセージが表示されますか?

403 Forbiddenのエラー画面が表示されます

関連記事

    関連記事はありません

一覧に戻る

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら