専用サーバ

ファイアウォールのIPv6通信不具合

対象プラン

さくらの専用サーバ

「さくらの専用サーバ」石狩第2ゾーンのファイアウォールサービスにおきまして、正常にIPv6通信が行えない事象への対処方法をご案内しています。

対象サーバモデル

「さくらの専用サーバ」石狩第2ゾーンのファイアウォールサービス

  • さくらの専用サーバ L2 ファイアウォールサービス
  • さくらの専用サーバ L3 VPN ファイアウォールサービス

発生する事象

ファイアウォールが専用グローバルネットワークのIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを正常に学習できず、 ファイアウォール配下の機器からインターネット側へのIPv6通信が行えなくなります。

対処方法

ワークアラウンドとしまして、専用グローバルネットワークのIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを静的に登録することで正常に通信が行えるようになります。

1対象のファイアウォール配下の専用グローバルネットワークへIPv6通信を行う

2ファイアウォールの IPv6 ネイバー探索(ND)キャッシュと MAC アドレステーブルを確認する

GUI(ASDM)をご利用の場合

1.IPv6ネイバー探索(ND)キャッシュを確認する

メインメニューから [monitoring] をクリックします。左メニューの [Interface] をクリックします。 [Interface] メニュー中の [IPv6 Neighbor Discovery Cache] をクリックします。 IPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を確認します。

2.MACアドレステーブルを確認する

上部メニューの [Tools] をクリックします。[Command Line Interface] をクリックしてコマンドラインツールを表示し、 Command メニューに show mac-address-table と入力して [Send] ボタンで結果を表示します。

3.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)が学習されていない場合は対策が必要です。

CLIをご利用の場合

1.IPv6ネイバー探索(ND)キャッシュを確認する

IPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を確認します。

> enable
# show ipv6 neighbor
IPv6 Address                              Age Link-layer Addr State Interface
2001:db8::3                                10 3c8a.b00d.17c3  STALE outside
2001:db8::1                                15 0000.5e00.0266  STALE outside
fe80::1                                     8 0000.5e00.0266  STALE outside
fe80::921b:eff:fe54:72b4                  105 901b.0e54.72b4  STALE inside
fe80::3e8a:b00b:bd0d:17c3                   2 3c8a.b00d.17c3  STALE outside
2.MACアドレステーブルを確認する
# show mac-address-table
interface                   mac  address          type      Age(min)   bridge-group
-----------------------------------------------------------------------------------
inside                     901b.0e54.72b4          dynamic      1         1
inside                     a036.9f7b.8dae          dynamic      5         1
outside                    3c8a.b00d.17c3          dynamic      5         1
outside                    0000.5e00.0144          dynamic      3         1
3.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)が学習されていない場合は対策が必要です。

3MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを静的に登録する

GUI(ASDM)をご利用の場合

1.コンフィグレーションモードに移行し、MACアドレステーブルの設定画面を表示する

メインメニューから [Configuration] をクリックします。左メニューの [Device Management] をクリックします。
[Device Management] メニュー中の [Advanced] -> [Bridging] -> [MAC Address Table] の順にクリックします。

2.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを静的に登録する

[MAC Address Table] の設定画面から [Add] をクリックします。
[Add Static Mac Address Entry] の画面となるので [Interface Name] で outside を選択します。
[Mac Address] にIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を入力して [OK] ボタンで反映します。

3.MACアドレステーブルの設定画面で正常に追加されたことを確認し、設定を保存する

[MAC Address Table] の設定画面にIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)が 正常に追加されたことを確認して [Apply] ボタンで保存します。

CLIをご利用の場合

1.コンフィグレーションモードに移行する
# configure terminal
(config)#
2.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を静的に登録する
(config)# mac-address-table static outside 0000.5e00.0266
3.コンフィグレーションモードを抜け、設定を保存する
(config)# >end
# write memory

4対象のファイアウォール配下の専用グローバルネットワークへIPv6通信を行う

正常に通信が行えることをご確認ください。

「さくらの専用サーバ」石狩第2ゾーンのファイアウォールサービスにおきまして、正常にIPv6通信が行えない事象への対処方法をご案内しています。

対象サーバモデル

「さくらの専用サーバ」石狩第2ゾーンのファイアウォールサービス

  • さくらの専用サーバ L2 ファイアウォールサービス
  • さくらの専用サーバ L3 VPN ファイアウォールサービス

発生する事象

ファイアウォールが専用グローバルネットワークのIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを正常に学習できず、 ファイアウォール配下の機器からインターネット側へのIPv6通信が行えなくなります。

対処方法

ワークアラウンドとしまして、専用グローバルネットワークのIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを静的に登録することで正常に通信が行えるようになります。

1対象のファイアウォール配下の専用グローバルネットワークへIPv6通信を行う

2ファイアウォールの IPv6 ネイバー探索(ND)キャッシュと MAC アドレステーブルを確認する

GUI(ASDM)をご利用の場合

1.IPv6ネイバー探索(ND)キャッシュを確認する

メインメニューから [monitoring] をクリックします。左メニューの [Interface] をクリックします。 [Interface] メニュー中の [IPv6 Neighbor Discovery Cache] をクリックします。 IPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を確認します。

2.MACアドレステーブルを確認する

上部メニューの [Tools] をクリックします。[Command Line Interface] をクリックしてコマンドラインツールを表示し、 Command メニューに show mac-address-table と入力して [Send] ボタンで結果を表示します。

3.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)が学習されていない場合は対策が必要です。

CLIをご利用の場合

1.IPv6ネイバー探索(ND)キャッシュを確認する

IPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を確認します。

> enable
# show ipv6 neighbor
IPv6 Address                              Age Link-layer Addr State Interface
2001:db8::3                                10 3c8a.b00d.17c3  STALE outside
2001:db8::1                                15 0000.5e00.0266  STALE outside
fe80::1                                     8 0000.5e00.0266  STALE outside
fe80::921b:eff:fe54:72b4                  105 901b.0e54.72b4  STALE inside
fe80::3e8a:b00b:bd0d:17c3                   2 3c8a.b00d.17c3  STALE outside
2.MACアドレステーブルを確認する
# show mac-address-table
interface                   mac  address          type      Age(min)   bridge-group
-----------------------------------------------------------------------------------
inside                     901b.0e54.72b4          dynamic      1         1
inside                     a036.9f7b.8dae          dynamic      5         1
outside                    3c8a.b00d.17c3          dynamic      5         1
outside                    0000.5e00.0144          dynamic      3         1
3.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイ(fe80::1)の仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)が学習されていない場合は対策が必要です。

3MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを静的に登録する

GUI(ASDM)をご利用の場合

1.コンフィグレーションモードに移行し、MACアドレステーブルの設定画面を表示する

メインメニューから [Configuration] をクリックします。左メニューの [Device Management] をクリックします。
[Device Management] メニュー中の [Advanced] -> [Bridging] -> [MAC Address Table] の順にクリックします。

2.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレスを静的に登録する

[MAC Address Table] の設定画面から [Add] をクリックします。
[Add Static Mac Address Entry] の画面となるので [Interface Name] で outside を選択します。
[Mac Address] にIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を入力して [OK] ボタンで反映します。

3.MACアドレステーブルの設定画面で正常に追加されたことを確認し、設定を保存する

[MAC Address Table] の設定画面にIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)が 正常に追加されたことを確認して [Apply] ボタンで保存します。

CLIをご利用の場合

1.コンフィグレーションモードに移行する
# configure terminal
(config)#
2.MACアドレステーブルにIPv6デフォルトゲートウェイの仮想MACアドレス(例示では 0000.5e00.0266)を静的に登録する
(config)# mac-address-table static outside 0000.5e00.0266
3.コンフィグレーションモードを抜け、設定を保存する
(config)# >end
# write memory

4対象のファイアウォール配下の専用グローバルネットワークへIPv6通信を行う

正常に通信が行えることをご確認ください。

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら