レンタルサーバ webサイト/データ

さくらのレンタルサーバ常時SSL化プラグインからの移行方法

対象プラン
さくらのレンタルサーバスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド

さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバ上で稼働するWordPress(ワードプレス)にて、
2021年まで提供していた常時SSL化プラグインの利用を終了する方法を紹介しています。

※さくらのレンタルサーバ常時SSL化プラグインは2021年3月をもって新規提供を終了いたしました。
WordPress5.7以降、WordPress本体にSSL化の機能があるため、設定方法は以下のマニュアルをご確認ください。

前提条件・設定例

前提条件

  • SSL設定機能はWordPress5.7以上で標準提供されており、プラグインなどは必要ありません。
  • 2021年3月現在、常時SSL化プラグインは利用可能ですが、今後のWordPressアップデートなどで利用できなくなる場合があります。
  • すでに常時SSL化プラグインが設定完了しており、httpsのURLで利用いただいている必要があります。
  • 設定中、一時的にサイトの表示が乱れる場合があります。

ページの先頭へ

設定手順

常時SSL化プラグインの状態を確認する

設定メニューの『SAKURA RS SSL』をクリックします。

[このサイトでは常時SSL設定が有効化されています]という表示を確認します。

プラグインを無効化する

プラグインから『インストール済みプラグイン』をクリックします。

SAKURA WP SSLの『無効化』をクリックします。

ログイン画面へリダイレクトされますので、再度ログインしてください。

.htaccessファイルの修正

.htaccessにリダイレクトが残っている場合がありますので、必要に応じて削除します。

レンタルサーバコントロールパネルのドメイン/SSLからドメイン/SSLをクリックしてウェブパスを確認します。

ファイルマネージャをクリックします。

ウェブパスのフォルダを開きます。

.htaccessというファイルを右クリックし、『編集』をクリックします。

以下のような記述があった場合、削除します。

WordPress本体のSSL機能を使って再度SSL化します。
設定方法は以下のマニュアルをご確認ください。