SSL 証明書インストール

SSL証明書の再発行

本ページでは、SSL証明書の「再発行」について説明しています。

※証明書の脆弱性発覚など、認証局都合による「再発行」については手続きが異なります。
弊社からご案内メールをお送りしていますので、メールの内容に沿ってご対応くださいますようお願いいたします。

再発行の対象

「再発行」は、有効期限内の発行済みSSL証明書に対しておこなう手続きです。
SSL証明書の期限を更新する手続きではございません。

再発行に該当するケース

  • 有効期限内に、何らかの理由で証明書を削除した場合(※秘密鍵のバックアップがない場合)
  • SSL証明書発行後に、CSR情報を変更したい場合

更新に該当するケース

  • 証明書の有効期限を延長するのにともなう発行希望の場合
    更新手続きはこちらを参照ください。)
  • コモンネームの変更は、再発行では対応しておりません。新規でお申し込みください。
  • 証明書発行時の住所や組織名に変更がある場合、認証局によって有償対応となることがございます。あらかじめ確認される場合は、カスタマーセンターにご相談ください。
  • 証明書の更新可能期間(利用中の証明書の有効期限30日前から)は、再発行を承っておりません。更新手続き時に発行される証明書をご利用ください。

事前にご確認ください

  • 証明書をインストールしたのにWebサイトの表示が切り替わらない(https~のURLで表示できない)場合は、SSL設定が有効になっているか、いま一度ご確認ください。
    確認手順はこちらを参照ください。
  • 秘密鍵のバックアップがある場合は、秘密鍵をアップロードして発行済みの証明書をインストール可能です。

以下にあてはまる場合は、再発行を承ります。

さくらのレンタルサーバ、マネージドサーバをご利用のお客様

  • 証明書申し込み時に作成したSSL設定(秘密鍵、CSR)を、申し込み完了後に中止、あるいは再作成した
  • サーバからSSL設定(秘密鍵、CSR)を削除した
  • 証明書申し込み時に、CSRの作成をおこなわず、以前のCSRを使って申し込んだ
  • ドメインを別のサーバへ移行した

さくらのレンタルサーバ、マネージドサーバ以外のサーバをご利用のお客様

  • 証明書申し込み時に作成したSSL設定(秘密鍵、CSR)を、申し込み完了後に中止、あるいは再作成した
  • サーバからSSL設定(秘密鍵、CSR)を削除した
  • ドメインを別のサーバへ移行した
  • サーバOSを再インストールした

ページの先頭へ

手続きの流れ

再発行のご依頼
フォーマットに沿って、必要事項をご記入のうえ、メールにてご依頼ください。
認証局への再発行申請
認証局からの審査に対応
認証局より、ドメイン使用権の確認メール(承認・認証メール)が届きます。
メール内のURLにアクセスし、承認ください。
証明書再発行
再発行完了のご連絡
再発行分の証明書について、メールでご連絡いたします。

ページの先頭へ

再発行の審査方法

SSLサーバ証明書の再発行には、初回お申し込みと同様の認証局による審査がおこなわれます。
審査方法は「メール認証」となります。

  • 企業認証型証明書またはEV認証型証明書では、電話での審査もおこなわれます
  • 認証局の判断によって、審査が省略される場合があります。

ページの先頭へ

再発行を依頼する

以下の証明書再発行依頼テンプレートをコピーして、必要事項をご記入のうえメールにてご依頼ください。

件名
証明書再発行について
宛先
support@sakura.ad.jp
本文
(※)必須項目
============================================================
[ 証明書再発行依頼 ]
============================================================
 ・会員ID             :(※)
 ・契約者名      :(※)
------------------------------------------------------------
 ・サービスコード     :(※)
 ・コモンネーム       :(※)
 ・再発行希望の証明書:【  】JPRS ドメイン認証型
            【  】ラピッドSSL
            【  】クイックSSLプレミアム
            【  】その他
             [商品名:           ]

 ・再発行の理由:(※)
  *記入が確認できないと、再発行を承れない場合があります。
   【  】秘密鍵を削除したため
       秘密鍵削除の理由
        :[                  ]

    【  】その他
        :[                  ]
============================================================

※商品名、サービスコード、コモンネームが不明な場合は、会員メニュー内「契約サービス一覧」でご確認ください。
会員メニュー 契約中のサービスを確認

ページの先頭へ

メール認証に関するご注意

再発行の審査は、メール認証でおこなわれます。
認証局から届いたメール内のURLにアクセス(承認)することで、証明書が発行されます。

メール認証に使用できるメールアドレスは、以下になります。
受信可能なメールアドレスをご用意ください。

認証局 メールアドレス
JPRS ・admin@コモンネーム あるいはadmin@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・administrater@コモンネーム administrater@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・hostmaster@コモンネーム あるいはhostmaster@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・webmaster@コモンネーム あるいはwebmaster@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・postmaster@コモンネーム あるいはpostmaster@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・ベースドメイン名のWhois「Admin Email」にに登録されたメールアドレス
デジサート ・admin@コモンネーム
・administrater@コモンネーム
・hostmaster@コモンネーム
・webmaster@コモンネーム
・postmaster@コモンネーム
・ベースドメイン名のWhoisに登録されたメールアドレス
グローバルサイン、セコム ・admin@コモンネーム あるいはadmin@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・administrater@コモンネーム administrater@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・hostmaster@コモンネーム あるいはhostmaster@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・webmaster@コモンネーム あるいはwebmaster@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・postmaster@コモンネーム あるいはpostmaster@コモンネームに含まれるベースドメイン名
・ベースドメイン名のWhoisに登録されたメールアドレス
サイバートラスト ・ベースドメイン名のWhoisに登録されたメールアドレス

例)
コモンネーム「example.sakura.com」の場合、コモンネームに含まれるベースドメイン名は「sakura.com」になります。

Whois情報を変更する場合は、以下手順でおこなってください。
(さくらインターネット以外の事業者管理のドメインは、管理事業者様へご確認ください。)

ページの先頭へ