レンタルサーバ webサイト/データ

【新コントロールパネル】コンテンツブースト機能

対象プラン
さくらのレンタルサーバライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド

こちらのマニュアルでは、コンテンツブースト機能についてご案内しています。

コンテンツブースト機能はCDN(Content Delivery Network)とレンタルサーバを自動連携し、Webサイトを高速で安定して表示できる機能です。

前提条件

  • コンテンツブースト機能は、新コントロールパネルでのみご利用可能です。
  • コンテンツブースト機能を利用できるドメインには条件があります。
    詳しくは利用条件の項目をご確認ください。
  • 独自SSL(IPベース)には対応しておりません。
    SNI SSLへ切り替えてからご利用ください。

  • 例で使用するドメインなどの情報は、以下の通りです。
Webサイトのドメイン https://www.example.com
※http://~のURLであっても、ご利用可能です。
レンタルサーバに設定されているドメイン example.com
マルチドメイン設定(www付きのドメインも利用する) 有効

ページの先頭へ

利用条件

コンテンツブースト機能が利用できるかどうかはドメインとネームサーバの利用状況によります。
以下の条件をご確認ください。

確認 (1)

※ウェブアクセラレータの利用には、さくらのクラウドのアカウント登録が必要になります。

確認 (2)

※上記マニュアルを確認していただき、whois情報の[ネームサーバ]欄をご覧ください。

確認 (3)

※その他、お客様のサイトによっては利用できない場合があります。

個人情報をキャッシュさせてはいけない理由

個人情報を含むページがキャッシュされる設定の場合、例えばAさんが自分の住所を確認するページにアクセスした際にコンテンツブーストにキャッシュされ、次にBさんが同じページにアクセスした場合、URLが同じであればコンテンツブーストにキャッシュされたページが表示されるため、BさんにAさんの住所が表示されてしまい、個人情報が流出してしまいます。
「https://www.example.com/mypage/adress/」
といったURLで住所などを表示している場合はキャッシュ除外設定の中に
「/mypage/」
と設定すれば配下のページを全てキャッシュしない設定にできます。

利用料金について

コンテンツブースト機能はレンタルサーバのプランによって利用料金が異なります。
詳細はこちらをご確認ください。

料金に関する注意事項

  • 支払い方法はサーバコントロールパネルからの利用登録時に設定できます。レンタルサーバ契約と異なる支払い方法でも登録できます。
  • 利用料金は後払いで月払いのみとなります。レンタルサーバの契約が年払いでもコンテンツブースト機能は月払いとなります。
  • レンタルサーバの利用料金が未納となった場合、コンテンツブースト機能も停止となります。
  • プレミアム以上のプランは利用登録無しで100GBまで利用できます。

ページの先頭へ

設定方法(ライト・スタンダード)

コントロールパネルログイン

サーバコントロールパネル」にログインします。

ドメイン名 初期ドメイン または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
仮登録完了のお知らせに記載のパスワード。
紛失・ご不明の場合は「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。

コンテンツブーストの設定

Webサイト/データから『コンテンツブースト』をクリックします。

以下の画面が表示されます。
『無料で始める』をクリックします。

※無料お試し期間を利用せず、お申し込みを行うことも可能です。
お申し込みをご希望の場合は、『お申し込み』をクリックし、『オプション申し込み』をクリックします。
その後の手順はこちらをご確認ください。

ドメイン選択画面が表示されますので、プルダウンから設定したいドメインを選択します。

※コンテンツブースト機能では利用できるドメインに条件がありますので、利用できない場合は以下のように警告が表示されます。

選択したドメインでコンテンツブーストが利用できる場合は、以下の画面が表示されます。
『設定』をクリックします。

キャッシュ除外設定 キャッシュしたくないURLがある場合は、こちらに入力します。
ウェブサイトで個人情報などを扱っている場合は、該当のフォルダを指定することでキャッシュされない設定にすることができます。キャッシュ除外指定には、対象のディレクトリやファイルまでのパスを正しく設定してください。
指定が外れていると正しく除外されません。
(例) /image/gazou.jpg
キャッシュ除外設定で新たに追加や削除した設定をすぐに反映させたい場合は、キャッシュ削除を行ってください。
こちらは設定完了後でも、編集が可能です。
動的コンテンツのキャッシュ除外について

動的コンテンツ(閲覧者によって内容を表示仕分けている場合等)をキャッシュ除外しなければうまく動作しない場合があります。
WordPressはダッシュボード等で自動的にキャッシュ除外されますが、concrete5等他のCMSの場合はキャッシュ除外設定が必要な場合があります。

確認

設定が完了すると、ドメイン一覧に追加したドメインが表示されます。
お試し期間の場合、設定できるドメインは1個のみとなります。
※設定完了まで1時間程度かかる場合があります。

コンテンツブーストが有効になっているか確認するためには
Google Chromeブラウザなどの開発者ツール(F12キー)を起動して
Networkタブをクリックし、一番上のサイトのHTMLファイルを選択します。
Response Headersの中のcache-control:s-maxageが1以上(初期値は300となります。)に設定されており、x-cache:HITになっていれば設定は問題ございません。

※x-cache:HITになっていない場合、数回リロードを行っていただくとキャッシュが作成され、HITになります。

注意事項

  • コンテンツブースト機能ではキャッシュされていなくても転送容量がカウントされ、課金対象になります。
    必ずコンテンツがキャッシュされているかどうかを確認の上ご利用ください。

コンテンツブーストオプションのお申し込み

無料お試し期間の利用で問題が無ければ、コンテンツブーストオプションのお申し込みください。
※無料お試し期間後もご利用いただくには、有料オプションのお申し込みが必要となります。

Webサイト/データから『コンテンツブースト』をクリックします。

『有料オプション申し込み』をクリックします。

配信容量上限を設定していただき、『お支払い方法の選択』をクリックします。
※配信容量を制限しない場合は、[配信容量を制限しない]にチェックを入れます。

上限値を超えた場合

コンテンツブーストの設定が自動的に解除されます。
解除のタイミングによっては、配信容量が指定された上限値を超える場合がありますが、料金の請求は指定された上限値までとなりますのでご安心ください。

お支払い方法を選択し、『お申し込み内容の確認』をクリックします。

注意事項

  • レンタルサーバのお支払いとは別の方法で登録することもできます。
  • 請求書払いを選択することもできますが、所定の手数料が追加でかかりますのでご注意ください。
  • レンタルサーバの支払い区分を年払いとしていた場合でも、コンテンツブースト機能は月払いとなります。
  • 後払い制となりますので、翌月に前月利用した分の金額が請求されます。

確認画面が表示されますので、お申し込み内容をご確認ください。
問題が無ければ[同意する]へチェックを入れ、『この内容で申し込む』をクリックします。

お申し込みが完了します。

ページの先頭へ

設定方法(プレミアム・ビジネス・ビジネスプロ・マネージド)

コントロールパネルログイン

サーバコントロールパネル」にログインします。

ドメイン名 初期ドメイン または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
仮登録完了のお知らせに記載のパスワード。
紛失・ご不明の場合は「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。

コンテンツブーストの設定

プレミアム以上のプランでは、月間100GBまでの転送が無料で利用できます。

Webサイト/データから『コンテンツブースト』をクリックします。

以下の画面が表示されます。
『ドメインを追加』をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されますので、プルダウンから設定したいドメインを選択します。

※コンテンツブースト機能では利用できるドメインに条件がありますので、利用できない場合は以下のように警告が表示されます。

選択したドメインでコンテンツブーストが利用できる場合は、以下の画面が表示されます。
『設定』をクリックします。

キャッシュ除外設定 キャッシュしたくないURLがある場合は、こちらに入力します。
ウェブサイトで個人情報などを扱っている場合は、該当のフォルダを指定することでキャッシュされない設定にすることができます。キャッシュ除外指定には、対象のディレクトリやファイルまでのパスを正しく設定してください。
指定が外れていると正しく除外されません。
(例) /image/gazou.jpg
キャッシュ除外設定で新たに追加や削除した設定をすぐに反映させたい場合は、キャッシュ削除を行ってください。
こちらは設定完了後でも、編集が可能です。
動的コンテンツのキャッシュ除外について

動的コンテンツ(閲覧者によって内容を表示仕分けている場合等)をキャッシュ除外しなければうまく動作しない場合があります。
WordPressはダッシュボード等で自動的にキャッシュ除外されますが、concrete5等他のCMSの場合はキャッシュ除外設定が必要な場合があります。

確認

設定が完了すると、ドメイン一覧に追加したドメインが表示されます。
お試し期間の場合、設定できるドメインは1個のみとなります。
※設定完了まで1時間程度かかる場合があります。

コンテンツブーストが有効になっているか確認するためには
Google Chromeブラウザなどの開発者ツール(F12キー)を起動して
Networkタブをクリックし、一番上のサイトのHTMLファイルを選択します。
Response Headersの中のcache-control:s-maxageが1以上(初期値は300となります。)に設定されており、x-cache:HITになっていれば設定は問題ございません。

※x-cache:HITになっていない場合、数回リロードを行っていただくとキャッシュが作成され、HITになります。

注意事項

  • コンテンツブースト機能ではキャッシュされていなくても転送容量がカウントされ、課金対象になります。
    必ずコンテンツがキャッシュされているかどうかを確認の上ご利用ください。

コンテンツブーストオプションのお申し込み

プレミアム以上のプランでは月間100GBまで無料で利用できますが、100GB以上ご利用したい場合はオプションの申し込みが必要となります。
※100GB以内でご利用される場合は、以下のお申し込みは不要です。

Webサイト/データから『コンテンツブースト』をクリックします。

以下の画面が表示されます。
『有料オプション申し込み』をクリックします。

配信容量上限を設定していただき、『お支払い方法の選択』をクリックします。
※配信容量を制限しない場合は、[配信容量を制限しない]にチェックを入れます。

上限値を超えた場合

コンテンツブーストの設定が自動的に解除されます。
解除のタイミングによっては、配信容量が指定された上限値を超える場合がありますが、料金の請求は指定された上限値までとなりますのでご安心ください。

お支払い方法を選択し、『お申し込み内容の確認』をクリックします。

注意事項

  • レンタルサーバのお支払いとは別の方法で登録することもできます。
  • 請求書払いを選択することもできますが、所定の手数料が追加でかかりますのでご注意ください。
  • レンタルサーバの支払い区分を年払いとしていた場合でも、コンテンツブースト機能は月払いとなります。
  • 後払い制となりますので、翌月に前月利用した分の金額が請求されます。

確認画面が表示されますので、お申し込み内容をご確認ください。
問題が無ければ[同意する]へチェックを入れ、『この内容で申し込む』をクリックします。

お申し込みが完了します。

ページの先頭へ

ドメインごとの設定

ドメインの削除

削除したいドメインの『設定』をクリックします。

『削除』をクリックします。

[削除中]と表示されます。
解除の反映までに、1時間程度かかる場合があります。

キャッシュ除外設定

設定したいドメインの『設定』をクリックします。

入力後『設定』をクリックしますと、設定が完了します。

キャッシュ除外設定 キャッシュしたくないURLがある場合は、こちらに入力します。
ウェブサイトで個人情報などを扱っている場合は、該当のフォルダを指定することでキャッシュされない設定にすることができます。キャッシュ除外指定には、対象のディレクトリやファイルまでのパスを正しく設定してください。
指定が外れていると正しく除外されません。
(例) /image/gazou.jpg
キャッシュ除外設定で新たに追加や削除した設定をすぐに反映させたい場合は、キャッシュ削除を行ってください。
動的コンテンツのキャッシュ除外について

動的コンテンツ(閲覧者によって内容を表示仕分けている場合等)をキャッシュ除外しなければうまく動作しない場合があります。
WordPressはダッシュボード等で自動的にキャッシュ除外されますが、concrete5等他のCMSの場合はキャッシュ除外設定が必要な場合があります。

ページの先頭へ

転送量の確認

転送量はサーバコントロールパネルで確認できます。
当月分は前日までの合計となり、最大3ヶ月前まで確認できます。
請求金額については会員メニューからご確認ください。

Webサイト/データから『コンテンツブースト』をクリックします。

転送量を確認できます。

ページの先頭へ

転送量の上限を変更する

Webサイト/データから『コンテンツブースト』をクリックします。

『転送量の上限を変更』をクリックします。

配信容量上限を設定していただき、『お申し込み内容の確認』をクリックします。
※配信容量を制限しない場合は、[配信容量を制限しない]にチェックを入れます。

確認画面が表示されますので、お申し込み内容をご確認ください。
問題が無ければ[同意する]へチェックを入れ、『この内容で申し込む』をクリックします。

転送量の上限変更が完了します。

ページの先頭へ

注意事項

キャッシュ機能について

コンテンツブースト機能は、さくらのクラウド ウェブアクセラレータとネームサーバの設定をワンクリックで行えるようにした機能です。
一度読み込まれたファイルを300秒間、中間のサーバでキャッシュすることにより表示に時間のかかるWordPressサイトの高速化や、大量アクセスが来た場合の503エラーを抑制する効果があります。

その反面、300秒間はサイトの修正が反映されない、個人情報などユーザーによって表示を分けていても有効にならない、スマートフォンとPCにレスポンシブではないHTMLをユーザーエージェントで表示し分けている場合上手く動かない等のデメリットがあります。
以下の注意事項をご確認の上ご利用ください。

コンテンツブースト機能のキャッシュの仕様

キャッシュ時間(s-maxage) 300秒

  • .htaccessに任意で記載すると、上書きが可能です。
キャッシュ対象 全てのファイル

  • 除外フォルダやファイルをサーバコントロールパネルから設定が可能です。
SSL(https) 利用可能

  • レンタルサーバに設定したSSL設定がコンテンツブーストサーバにも自動反映されます。
    コンテンツブースト機能はTLS1.2/1.3に対応しています。
アクセスログ 取得不可

  • レンタルサーバのアクセスログはキャッシュサーバからのアクセスのみ記録されます。
    サイトのPV等を計測したい場合はGoogleAnalytics等の計測ツールをご利用ください。

詳細な仕様はさくらのクラウド ウェブアクセラレータの仕様ページでご確認ください。

ご利用上の注意

  • サイトで個人情報や他人に見えて困る情報を扱っている場合、コンテンツブーストの利用には十分注意してください。
    キャッシュされると同じファイルが別のユーザへ配信されるため、会員ページが他の会員に閲覧されてしまう等の事故が発生する可能性があります。
  • 初期設定で300秒の間同じファイルをキャッシュサーバが配信するため、間違った情報を公開してしまった場合、すぐに修正しても最大300秒配信されない可能性があります。
    サーバコントロールパネルからキャッシュ削除が実行できますので、即時反映を行いたい場合はこちらをご利用ください。
    なお、300秒経過すると再度元のサーバからデータを取得しますので修正が反映されます。
  • 上限設定到達時、利用料金未払い時などの場合、月末、もしくは支払いが確認できるまでコンテンツブースト機能は利用できなくなります。
    この場合、サイトはレンタルサーバから直接配信される設定になるため、サイトが閲覧できなくなることはありません。
    ただし、レンタルサーバの料金も未納の場合はレンタルサーバ、コンテンツブーストの両方が未納停止となり、サイトが閲覧できなくなります。
  • コンテンツブースト機能を利用してサイトを表示する場合、レンタルサーバの月間転送容量カウント対象外となります。
    また、コンテンツブーストが利用停止状態となりキャッシュが無効化されると、レンタルサーバの転送容量カウント対象になります。
  • コンテンツブーストを解除した翌月に再度申し込みを行っても前月の支払いが完了していないため利用できません。

ページの先頭へ