専用サーバ トラブルシューティング

Ubuntu18.04起動時にネットワークが疎通しない

対象プラン
さくらの専用サーバ

「さくらの専用サーバ」におきまして、Ubuntu18.04をご利用の場合、OSの起動時にまれにネットワークが疎通しない不具合が発生することがあります。

対象サーバモデル

  • さくらの専用サーバ すべて

ページの先頭へ

対象OS

  • Ubuntu18.04

ページの先頭へ

発生する事象

OSが起動した後もサーバーのIPアドレスに疎通できない。

OSが起動した後もネットワークインターフェースがUPにならない。

system-networkdの起動ログに以下のような出力がある。

$ sudo journalctl -u systemd-networkd -b | grep interface
<略>
eth1: Interface name change detected, eth1 has been renamed to eno3

※eth,enoなどのネットワークインターフェース名は異なることがあります。

ページの先頭へ

対処方法

リモートコンソールを利用しサーバーへログインし、以下のコマンドを実行します。

systemd-networkdの再起動

$ sudo systemctl restart systemd-networkd

またはサーバーの再起動

$ sudo reboot

ワークアラウンド

systemd-udevdの設定変更にて本事象の発生を抑制できることがあります。

リモートコンソールを利用しサーバへログインし、以下のコマンドをroot権限で実行します。

# mkdir -p  /etc/systemd/system/systemd-udevd.service.d
# cat <<- EOF > /etc/systemd/system/systemdudevd.service.d/delay_complete.conf 
[Service]
ExecStartPost=/bin/sleep 5
EOF

ページの先頭へ