レンタルサーバ バックアップ&ステージング

【新コントロールパネル】バックアップ&ステージング:WordPress用のステージングサーバ作成・削除手順

対象プラン
さくらのレンタルサーバスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド
 

このマニュアルでは、WordPressで作成したサイトのステージングサーバの作成手順についてご案内しています。

前提条件

前提条件

  • ステージング環境は作成から90日で、自動的に削除となります。
    あらかじめご了承ください。
  • ステージング環境はさくらのレンタルサーバとは異なる環境となるため、PHPプログラムなど各種動作が変わる可能性がございます。
  • WEBフォント機能については動作しません。
  • WordPressでご利用いただく場合、事前にスナップショットを作成が必要です。
    手順についてはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ

サーバコントロールパネルログイン

サーバコントロールパネル」にログインします。

ドメイン名 初期ドメイン または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
仮登録完了のお知らせに記載のパスワード。
紛失・ご不明の場合は「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。


ページの先頭へ

WordPress用ステージングサーバ作成手順

Webサイト/データから『バックアップ』をクリックします。

『Snapup』をクリックします。

『ステージングサーバを作成する』をクリックします。

  • ※ 株式会社ユニマルの運営するSnapup管理画面での操作となります。

0_010.png

ステージングサーバー名・通信プロトコルを設定し『 追加』をクリックします。

0_020.png

ステージングサーバ名 ステージングサーバのURLの一部となります。
お客様にてお好きな文字列を設定してください。

  • ※ 最初はランダムな文字列が表示されます。



MySQLバージョン ※WordPressの場合のみ
本番環境に併せて設定してください。
PHPバージョン ※WordPressの場合のみ
本番環境に併せて設定してください。
http/https 本番環境でのSSL利用有無に合わせて設定してください。

ステージングサーバの作成はこれで完了です。
この状態だと空のサーバとなるので、スナップショットのセットが必要です

ページの先頭へ

ステージングサーバへスナップショットを設定

作成したスナップショットをクリックします。

0_030.png

『ステージングサーバへセット』をクリックします。

0_040.png

『OK』をクリックします。

0_050.png

スナップショットをステージングサーバへセットが完了しました。
ステージングサーバ上で編集など検証作業を行ってください。

  • ※ 検証目的でステージング環境を作成した場合
    「サイトURLをリリース先にあわせる(規定)」をお選びください。
    これでスナップショットをステージングサーバへセットすることが出来ました。
    あとはステージングサーバ上で動作検証を行ってください。


  • ※ WordPressの検証では本体プログラムやプラグイン等、多岐にわたります。
    PHPやMySQLのバージョンとの適合性についてはプログラム(または、プラグイン)提供元にご確認ください。

ページの先頭へ

ステージングサーバへのアクセス

ステージングサーバのサイトは、検証環境となるため最初から認証がかかっています。

  • ※ 設定画面を開いたブラウザからであれば認証無しにアクセスできます。
  • ※ 別環境からアクセスしていただく場合は、下記手順にて事前に認証情報をご確認ください。

『認証情報を確認する』をクリックします。

0_060.png

『USER』と『PASS』を別環境でアクセスする際にご利用ください。

0_070.png

phpMyAdminの利用について

WordPressのステージングサーバを作成いただいたときに限り、phpMyAdminのご利用が可能です。
認証情報は『認証情報を確認する』よりご確認ください。

0_080.png


ページの先頭へ

ステージングサーバ削除

歯車のマークをクリックします。

0_090.png

『削除』をクリックします。

0_100.png

『OK』をクリックします。

  • ※ この操作を行うとバックアップについて削除されます。

0_110.png

バックアップの削除は完了です。

ページの先頭へ