SSL

更新・インストール手順を知りたい(JPRSドメイン認証型ワイルドカード)

対象プラン

さくらのレンタルサーバ さくらのSSL ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド

株式会社日本レジストリサービス(以下、JPRS社)が発行する
JPRSドメイン認証型ワイルドカード(JPRS DVWC)SSLサーバ証明書
更新のお手続き方法を案内しています。
証明書有効期限日の45日前・30日前・15日前になりましたら、
ご登録メールアドレス宛に更新案内メールをお送りします。
※更新手続きは証明書有効期限日の30日前から可能です。

前提条件

  • 証明書のインストール、管理はお客様にて行ってください。
  • 発行された証明書及び秘密鍵はお客様にて厳重に管理してください。
    紛失、期限切れ等のトラブルについては一切の責を負いかねます。
  • さくらインターネットが所有するドメイン( sakura.ne.jp や tank.jpなど )では利用できません。独自ドメインを取得しご利用ください。
  • SMTP over SSL や POP over SSL などのメール機能についてはご利用になれません。(レンタルサーバ・マネージドサーバをご利用の場合)
  • SNI SSLでは環境変数の扱いに一部制限があります( mod_rewriteの扱い等 )
  • ドメイン所有権確認は「メール認証」で実施されます。あらかじめJPRSの規定メールアドレスの中に、お客様の受信可能なメールアドレスがあることをご確認ください。
  • SSLご利用の注意点については、以下ページにてご確認ください。

事前準備

  • 更新前の証明書、ならびに秘密鍵はバックアップをおとりください。
    紛失、期限切れ等のトラブルについては一切の責を負いかねます。

設定・申込手順

CSRの作成

1導入予定のサーバーにて、CSRを作成します。

CSRの作成手順については、以下ページを参照ください。

※ワイルドカード証明書の場合は、必ずコモンネームの先頭に「*.」を入力してください。
例)ドメイン「sakura.ad.jp」について証明書を申し込む場合、コモンネームは「*.sakura.ad.jp」で作成。

2作成したCSRをコピーし、テキストファイルなどに保存しておきます。

※お申し込み画面から手続きをする際に、必要です。

注意事項

お申し込み完了後は、CSR(およびその基となる秘密鍵)の
削除・再作成を行わないでください。
取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

JPRSドメイン認証型ワイルドカードのお申し込み

1お申し込み画面を開きます。
会員ID、会員メニューのパスワードを入力します。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードを再発行したい」をご確認ください。

2申し込み種別で「 更新 」を選択し、
表示される更新対象リストの中からご希望のコモンネーム、お申し込みプランを選択します。

注意事項

  • 更新可能期間外や、更新手続き中のサービスは選択できません。
  • 証明書有効期限を経過している場合は、「新規取得」でお申し込みください。

3支払方法を選択します。

4ドメイン使用権確認メール(認証メール)の送信先メールアドレスを選択します。
選択可能なメールアドレスの規定については、サポートページをご一読ください。

5クーポンコードがある場合にはクーポンコード欄に入力します。

6約款をダウンロードして内容をご確認ください。
内容に問題がなければ、「 同意する 」にチェックを入れ、
『 CSRの入力へ進む 』をクリックします。

7「STEP1 CSRの作成」の[2]にて作成したCSRを、左側の赤枠内に貼り付けます。
貼り付け後、画面中央の『>』をクリックすると、右側にCSRの内容が表示されます。
内容をご確認いただき『確認画面へ進む』をクリックします。

注意事項

入力したコモンネームが、更新前の証明書のコモンネームと一致しない場合はエラーが表示されます。

【ラピッドSSL】更新・インストール手順06

8申し込み内容を確認し
『 この内容で申し込む 』をクリックします。

9申し込み完了の画面が表示されます。
登録のメールアドレス宛に「お申込受付完了のお知らせ」のメールが到着いたしますので、ご確認ください。

注意事項

お申し込み完了後は、CSR(およびその基となる秘密鍵)の削除・再作成を行わないでください。
取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

料金のお支払い

お申込みの際選択いただいた方法にて、SSLサーバー証明書の料金を支払います。

認証メールでの承認手続き

1ご利用料金の入金確認後、「SSLサーバ証明書 認証メールご対応のお願い」のメールが登録のメールアドレス宛に送信されます。
メール到着後、お申込み時に指定されたメールアドレスにて、
JPRS社から送られるメールを確認し、承認手続きを行います。

注意事項

  • お申し込み完了後は、CSR(およびその基となる秘密鍵)の削除・再作成を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。
  • 認証メールへのご対応は、25日以内にお願いいたします。
  • 「SSLサーバ証明書 認証メールご対応のお願い」メール到着後、1時間経ってもJPRS社からのメールを受信できない場合は、以下の点をご確認ください。
    • 外部からの受信設定に制限をかけていないか
    • 迷惑メールやゴミ箱のフォルダへ振り分けられていないか

なお、JPRS社からのメール再送信を手配することも可能です。ご希望の際はカスタマーセンターへメールにてご依頼ください。

2認証メールでの承認手続き完了後、JPRS社にて証明書が発行されます。

メール認証が完了し「 【要対応】JPRS SSLサーバ証明書発行と必要な設定についてのお知らせ 」のメールがご登録メールアドレス宛てに到着後、「STEP 5」へお進みください。

証明書のインストール

証明書が発行されましたら、ご登録メールアドレス宛に
「【要対応】JPRS SSLサーバ証明書発行と必要な設定についてのお知らせ 」メールをお送りいたします。
会員メニューより証明書をダウンロードいただき、JPRS社のサイトより
中間証明書を取得のうえ、サーバーにインストールしてください。
インストールの手順は以下をご確認ください。

株式会社日本レジストリサービス(以下、JPRS社)が発行する
JPRSドメイン認証型ワイルドカード(JPRS DVWC)SSLサーバ証明書
更新のお手続き方法を案内しています。
証明書有効期限日の45日前・30日前・15日前になりましたら、
ご登録メールアドレス宛に更新案内メールをお送りします。
※更新手続きは証明書有効期限日の30日前から可能です。

前提条件

  • 証明書のインストール、管理はお客様にて行ってください。
  • 発行された証明書及び秘密鍵はお客様にて厳重に管理してください。
    紛失、期限切れ等のトラブルについては一切の責を負いかねます。
  • さくらインターネットが所有するドメイン( sakura.ne.jp や tank.jpなど )では利用できません。独自ドメインを取得しご利用ください。
  • SMTP over SSL や POP over SSL などのメール機能についてはご利用になれません。(レンタルサーバ・マネージドサーバをご利用の場合)
  • SNI SSLでは環境変数の扱いに一部制限があります( mod_rewriteの扱い等 )
  • ドメイン所有権確認は「メール認証」で実施されます。あらかじめJPRSの規定メールアドレスの中に、お客様の受信可能なメールアドレスがあることをご確認ください。
  • SSLご利用の注意点については、以下ページにてご確認ください。

事前準備

  • 更新前の証明書、ならびに秘密鍵はバックアップをおとりください。
    紛失、期限切れ等のトラブルについては一切の責を負いかねます。

設定・申込手順

CSRの作成

1導入予定のサーバーにて、CSRを作成します。

CSRの作成手順については、以下ページを参照ください。

※ワイルドカード証明書の場合は、必ずコモンネームの先頭に「*.」を入力してください。
例)ドメイン「sakura.ad.jp」について証明書を申し込む場合、コモンネームは「*.sakura.ad.jp」で作成。

2作成したCSRをコピーし、テキストファイルなどに保存しておきます。

※お申し込み画面から手続きをする際に、必要です。

注意事項

お申し込み完了後は、CSR(およびその基となる秘密鍵)の
削除・再作成を行わないでください。
取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

JPRSドメイン認証型ワイルドカードのお申し込み

1お申し込み画面を開きます。
会員ID、会員メニューのパスワードを入力します。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードを再発行したい」をご確認ください。

2申し込み種別で「 更新 」を選択し、
表示される更新対象リストの中からご希望のコモンネーム、お申し込みプランを選択します。

注意事項

  • 更新可能期間外や、更新手続き中のサービスは選択できません。
  • 証明書有効期限を経過している場合は、「新規取得」でお申し込みください。

3支払方法を選択します。

4ドメイン使用権確認メール(認証メール)の送信先メールアドレスを選択します。
選択可能なメールアドレスの規定については、サポートページをご一読ください。

5クーポンコードがある場合にはクーポンコード欄に入力します。

6約款をダウンロードして内容をご確認ください。
内容に問題がなければ、「 同意する 」にチェックを入れ、
『 CSRの入力へ進む 』をクリックします。

7「STEP1 CSRの作成」の[2]にて作成したCSRを、左側の赤枠内に貼り付けます。
貼り付け後、画面中央の『>』をクリックすると、右側にCSRの内容が表示されます。
内容をご確認いただき『確認画面へ進む』をクリックします。

注意事項

入力したコモンネームが、更新前の証明書のコモンネームと一致しない場合はエラーが表示されます。

【ラピッドSSL】更新・インストール手順06

8申し込み内容を確認し
『 この内容で申し込む 』をクリックします。

9申し込み完了の画面が表示されます。
登録のメールアドレス宛に「お申込受付完了のお知らせ」のメールが到着いたしますので、ご確認ください。

注意事項

お申し込み完了後は、CSR(およびその基となる秘密鍵)の削除・再作成を行わないでください。
取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

料金のお支払い

お申込みの際選択いただいた方法にて、SSLサーバー証明書の料金を支払います。

認証メールでの承認手続き

1ご利用料金の入金確認後、「SSLサーバ証明書 認証メールご対応のお願い」のメールが登録のメールアドレス宛に送信されます。
メール到着後、お申込み時に指定されたメールアドレスにて、
JPRS社から送られるメールを確認し、承認手続きを行います。

注意事項

  • お申し込み完了後は、CSR(およびその基となる秘密鍵)の削除・再作成を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。
  • 認証メールへのご対応は、25日以内にお願いいたします。
  • 「SSLサーバ証明書 認証メールご対応のお願い」メール到着後、1時間経ってもJPRS社からのメールを受信できない場合は、以下の点をご確認ください。
    • 外部からの受信設定に制限をかけていないか
    • 迷惑メールやゴミ箱のフォルダへ振り分けられていないか

なお、JPRS社からのメール再送信を手配することも可能です。ご希望の際はカスタマーセンターへメールにてご依頼ください。

2認証メールでの承認手続き完了後、JPRS社にて証明書が発行されます。

メール認証が完了し「 【要対応】JPRS SSLサーバ証明書発行と必要な設定についてのお知らせ 」のメールがご登録メールアドレス宛てに到着後、「STEP 5」へお進みください。

証明書のインストール

証明書が発行されましたら、ご登録メールアドレス宛に
「【要対応】JPRS SSLサーバ証明書発行と必要な設定についてのお知らせ 」メールをお送りいたします。
会員メニューより証明書をダウンロードいただき、JPRS社のサイトより
中間証明書を取得のうえ、サーバーにインストールしてください。
インストールの手順は以下をご確認ください。

関連記事

    関連記事はありません

一覧に戻る

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら