SSL

オンラインサインアップから申し込み・設定をしたい(JPRSドメイン認証型)

対象プラン

さくらのSSL

このマニュアルでは、株式会社日本レジストリサービスが提供する 有料のドメイン認証型(JPRS DV)SSLの「オンラインサインアップからのお申し込み」と 「お客様ご自身にてインストールする場合の手順」について記載しています。

サーバーコントロールパネルからのお申し込みがおすすめです。

JPRS DVは、サーバーコントロールパネルからのお申し込みの方が簡単に設定できます。 (証明書のインストールが自動で行われます。) サーバーコントロールパネルから導入する手順は、以下ページにてご確認ください。

導入までの流れ

JPRSドメイン認証型 1

前提条件

  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)の利用は、有料です。
    サーバーサービスとは別途費用が発生します。
  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)は、サーバーコントロールパネルよりお申し込みいただくと、証明書のインストールが自動で行われるため、より簡単に設定いただけます。サーバーコントロールパネルからの申込手順については、以下ページにてご確認ください。
  • SMTP over SSL や POP over SSL などのメール機能についてはご利用になれません。
  • 発行された証明書及び秘密鍵はお客様にて厳重に管理してください。紛失、期限切れ等のトラブルについては一切の責を負いかねます。
  • SNI SSLでは環境変数の扱いに一部制限があります( mod_rewriteの扱い等 )
  • さくらインターネットが所有するドメイン( sakura.ne.jp や tank.jpなど )では、SSLをご利用できません。独自ドメインを取得しご利用ください。
  • ドメイン所有権確認に「ファイル認証」をご選択いただいた場合、対象となるドメインのAレコードの値が証明書を導入予定のサーバーに向いている必要があります。
  • 本サービスのSSL機能は、以下のソフトウェアで構成しています。Apache2.x系+mod_ssl+OpenSSL
  • SSLご利用の注意点については、以下ページにてご確認ください。

事前準備

運用ドメインをサーバーに設定してください。

ドメインの管理状況により設定が異なります。
現在の状況に状況に応じた手順をご確認ください。

※証明書は実際に運用するドメイン(FQDN)に対して発行されるため、どのようなドメイン名であっても運用は可能です。

設定・申込手順

 

CSRの作成

1サーバーコントロールパネルより、CSRを作成します。

プラン毎に手順が異なります。ご契約プランの手順をご確認ください。

2作成したCSRをコピーし、テキストファイルなどに保存しておきます。

※ オンラインサインアップから申し込みをする際に必要です。

※ STEP2の[7]にて利用します。

JPRSドメイン認証型 2

注意事項

JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み中に「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み

1オンラインサインアップの画面を開きます。会員ID、会員メニューのパスワードを入力します。

JPRSドメイン認証型 3
会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2申し込み種別に「新規取得」を選択し、お申し込みのプランを選択します。

JPRSドメイン認証型 4

3支払い方法を選択します。

JPRSドメイン認証型 5

4ドメイン使用権確認の方法(認証方法)を選択します。各認証方法の詳細については、サポートページをご一読ください。

JPRSドメイン認証型 6

5ダブルアドレスオプションの選択を行います。

JPRSドメイン認証型 7

ダブルアドレスオプションとは?

ダブルアドレスオプションを申し込むと、申請したFQDN以外にwwwがついたFQDNも利用できるようになります。 申し込んだFQDNが「example.com」の場合、「www.example.com」でも利用できるSSL証明書が発行されます。
※認証ファイルは「example.com」「www.example.com」の両方に設定する必要がありますのでご注意ください。
※コモンネームによって追加されるアドレスが変わります。詳しくは以下サポートページをご確認ください。

6クーポンコードがある場合にはクーポンコード欄に入力します。

JPRSドメイン認証型 8

7約款をダウンロードして内容をご確認ください。内容に問題がなければ、「 同意する 」にチェックを入れ、 『 CSRの入力へ進む 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 9

8「STEP1 CSRの作成」の[2]にて作成したCSRを、左側の赤枠内に貼り付けます。貼り付け後、画面中央の『>』をクリックすると、右側にCSRの内容が表示されます。内容をご確認いただき『確認画面へ進む』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 10

9申し込み内容を確認します。問題がなければ、『 この内容で申し込む 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 11

10申し込み完了後、「お申込受付完了のお知らせ」メールが登録のメールアドレス宛に送信されます。

受付完了後、ご請求を行います。お支払い確認後、ご登録メールアドレス宛にメールをお送りいたします。

  • メール認証を選択の場合
    「SSLサーバー証明書 認証メールご対応のお願い」
  • ファイル認証を選択の場合
    「SSLサーバー証明書 認証ファイルのアップロードについて」

上記メールが届きましたら、次の「認証審査への対応」の手順に進んでください。

注意事項

JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み完了後は「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

認証審査への対応

メール認証の場合

認証局より認証メールが届きましたら、記載されている「コモンネーム」が正しいことを確認のうえ、メール本文の指示に従ってお手続きください

注意事項

  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み中に「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。
  • 「SSLサーバー証明書 認証メールご対応のお願い」メール到着後、1時間経ってもJPRSからのメールを受信できない場合は、以下の点をご確認ください。
    ・外部からの受信設定に制限をかけていないか
    ・迷惑メールやゴミ箱のフォルダへ振り分けられていないか
    なお、JPRSからのメール再送信を手配することも可能です。ご希望の際はカスタマーセンターへメールにてご依頼ください。

ファイル認証の場合

ご登録メールアドレス宛に「SSLサーバー証明書 認証ファイルのアップロードについて」メールが届きましたら、会員メニューより認証ファイル(ランダムな文字列.txt)をダウンロードのうえ、アップロードを行います。

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2『 契約中のサービス一覧 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 12

3契約サービスの情報が表示されます。ご利用サービスの右側にある『 サーバー証明書 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 13

4以下の画面が表示されます。『 認証ファイルのダウンロード 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 31

5以下の画面が表示されます。認証ファイルを保存します。

JPRSドメイン認証型 15

6保存した認証ファイルを、申請時に指定したFQDN(コモンネーム)配下にアップロードします。

認証ファイルのアップロード先

  • ダブルアドレスオプション「ON」の場合
    新規購入時にダブルアドレスオプションを「ON」にして、コモンネームを「www.example.com」
    (例)で申請した場合、wwwを取り除いたURLと両方で認証ファイルの確認ができないと認証されません。
    ※ダブルアドレスオプションのON/OFFは、申込受付完了メールに記載されています。 [1][2]両方のURLで認証できないと証明書は発行されませんので、ご注意ください。
    [1] http://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
    (または、https://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)
    [2] http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
    (または、https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

    また、「www+ルートドメイン」のみのURLでサイトを公開されている方は、 証明書が発行されるまでの間、上記形式のURLでも認証ファイルが 確認できるよう設定をお願いします。

  • ダブルアドレスオプション「OFF」の場合
    コモンネームのURLで認証ファイルの確認が行われます。
    http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
    (または、https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

アップロード方法

アップロードは、「FTPソフト」か「ファイルマネージャー」をご利用いただく方法がございます。 以下ページをご確認ください。

【設定例】www.example.comのFQDNで申請を行った場合

STEP2で選択するダブルアドレスオプションを「ON」にして、 コモンネームをwww.example.com(例)で申請した場合でも、 wwwを取り除いたURLと両方で認証ファイルの確認ができないと認証されません。

[1] http://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
(または https://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)
[2] http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
(または https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

[1][2]の両方のURLで認証できないと証明書は発行されません。 「www+ルートドメイン」のみのURLでサイトを公開されている方は、 証明書が発行されるまでの間、上記形式のURLでも認証ファイルが 確認できるよう設定をお願いします。 ダブルアドレスオプション「OFF」で申し込んでいる場合は、

http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
(または https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

のURLで認証が必要になります。

さくらのレンタルサーバでご利用の場合

さくらのレンタルサーバでのドメイン設定をご確認ください。
・example.comの「www.が付与されたサブドメインも利用する」がONになっている
・example.comのURLが閲覧可能
であればJPRSドメイン認証型の発行は可能です。
なお、
・www.example.comの「www.が付与されたサブドメインも利用する」がONになっている
・ダブルアドレスオプションがON
の場合、example.comで認証が行えずSSL証明書の発行が行えません。
この場合は、サーバーコントロールパネルでexample.comでドメインを追加し、
・「www.が付与されたサブドメインも利用する」をONに設定
・www.example.comと同じパスを設定(設定している場合のみ)
・必要に応じ証明書をインストール
・www.example.com のドメイン設定を削除
の後、カスタマーサポートにご連絡ください。再手続きについてご案内いたします

example.comのドメインがさくらのレンタルサーバに設定されていない場合は、お使いのネームサーバーマニュアル等を参照し、NSレコードを編集してください。詳しくは他社で取得・管理中のドメインの設定方法をご確認ください。

注意事項

  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み中に「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。
  • コモンネーム対象先に.htaccessにて、アクセス制限、リダイレクト等の設定をされている場合、SSLサーバー証明書が発行されるまで解除してください。
  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)では、例えば www.sakura.ne.jp の証明書を購入すると、www.sakura.ne.jpとsakura.ne.jpで使用可能となりますが、証明書発行時は、sakura.ne.jpのURLでアクセスできることが条件となります。
  • 認証ファイルは、25日以内にアップロードをお願いいたします。
  • 証明書取得後、認証ファイルは削除されません。削除される際はお客様自身でお願いいたします。
  • 認証ファイルアップロード手順の詳細は、お支払い確認後に送られる「SSLサーバー証明書 認証ファイルのアップロードについて」メールをご確認ください。

7認証ファイルのアップロード作業完了後、JPRS社にてファイル認証が行われます。

認証完了し「JPRS SSLサーバー証明書発行のお知らせ」のメールがご登録メールアドレス宛てに到着後「STEP 4」 へお進みください。

証明書のインストール

1SSLサーバー証明書を「会員メニュー」からダウンロードします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2『 契約中のサービス一覧 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 12

3ご利用サービスの右側にある『 サーバー証明書 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 16

4以下の画面が表示されます。サーバー証明書のダウンロード』をクリックし、SSLサーバー証明書をダウンロードします。

JPRSドメイン認証型 14

中間証明書のインストール

JPRS SSL証明書をご利用の際、発行されたSSL証明書のインストールを行う前に、中間CA証明書のインストールが必要となります。

1中間CA証明書をダウンロードします。

中間証明書インストールの前に行う作業

事前に、中間証明書をお手元に用意していただく必要があります。下記URLより「中間CA証明書」をダウンロードし、ダウンロードしたファイル(.cer)をテキストエディタで開きます。

2ダウンロードしたファイル(.cer)をテキストエディタ(メモ帳等)で開きます。

※画像でご案内している方法は、一例です。ご利用の環境により、操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 17

3確認画面(セキュリティ警告)が表示されますので『開く(ファイルを開く操作)』をクリックします。

※ご利用の環境により、表示される画面や操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 18

4メモ帳でダウンロードした中間CA証明書が表示されます。手順【9】で利用しますので、表示された全文をコピーします。

JPRSドメイン認証型 19

5サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない

6ドメイン/SSLから『ドメイン/SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 20

7インストールをするドメイン名の右側にある『SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 21

8『中間証明書のインストール』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 22

9手順【4】にてコピーをした中間CA証明書全文を、赤枠内に貼り付け(ペースト)し『作成』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 23

SSLサーバー証明書のインストール

認証局より発行されたサーバー証明書(「サーバーID」、「CERT」、「キーペアファイル」とも呼ばれます)をインストールします。

SSLサーバー証明書をインストールする前に行う作業

事前に、SSLサーバー証明書をお手元に用意していただく必要があります。SSLサーバー証明書は、ご利用の認証局や証明書の種類により発行方法が異なります。例)「認証局からのメールに記載のURLからサーバー証明書をダウンロードする」等

1用意したSSLサーバー証明書のファイル(.crt)をテキストエディタ(メモ帳等)で開きます。

※画像でご案内している方法は、一例です。ご利用の環境により、操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 17

2確認画面(セキュリティ警告)が表示されますので『開く(ファイルを開く操作)』をクリックします。

※ご利用の環境により、表示される画面や操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 18

3メモ帳でSSLサーバー証明書が表示されます。手順【8】で利用しますので、表示された全文をコピーします。

JPRSドメイン認証型 19

4サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない

5ドメイン/SSLから『ドメイン/SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 20

6インストールをするドメイン名の右側にある『SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 21

7『 証明書のインストール 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 26

8手順【3】にてコピーをしたSSLサーバー証明書全文を、赤枠内に貼り付け(ペースト)し、『作成』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 27

SSL設定を有効にする

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない

2ドメイン/SSLから『ドメイン/SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 20

3SSL設定を設定するドメイン名の右側にある『設定』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 28

4ご利用のプランやSSLの種別により選択項目が異なります。

  • さくらのレンタルサーバ ライト・スタンダード・プレミアム・ビジネスの場合
    「SNI SSLを利用する」を選択します。
    JPRSドメイン認証型 29
  • さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ・さくらのマネージドサーバの場合
    CSR作成時、独自SSLを選択した場合は「共有SSL、SNI SSLを利用しないSNI SSLを選択した場合は「SNI SSLを利用する」をお選びください。
    JPRSドメイン認証型 32

5『保存する』をクリックします。

確認

ウェブブラウザでアクセスし、正しく表示されるか確認します。

※本マニュアルでは、Mozilla Firefoxの画像を使用しています。ウェブブラウザの種類により表示が異なる場合があります。

1httpsでアクセスできるか、鍵マークが表示されるかなど確認します。

※ ドメインを新たに追加していた場合、周囲のネームサーバーへ伝播するまで数時間~3日間ほどかかります。

JPRSドメイン認証型ワイルドカード 13

注意事項

  • 常時SSL化し、httpにアクセスした際もhttpsにリダイレクトさせたい場合は、[HTTPS転送設定]にて「HTTPSに転送する」にチェックをいれてください。
    詳細手順は、ドメインリダイレクトを設定したいをご確認ください。
  • httpsでアクセスできない場合は、ブラウザにキャッシュが残っている可能性がございますので、ブラウザキャッシュを全てクリアしてからご確認ください。

2多くのウェブブラウザでは、鍵マークなどをクリックすることで、証明書を確認できます。

JPRSドメイン認証型ワイルドカード14

このマニュアルでは、株式会社日本レジストリサービスが提供する 有料のドメイン認証型(JPRS DV)SSLの「オンラインサインアップからのお申し込み」と 「お客様ご自身にてインストールする場合の手順」について記載しています。

サーバーコントロールパネルからのお申し込みがおすすめです。

JPRS DVは、サーバーコントロールパネルからのお申し込みの方が簡単に設定できます。 (証明書のインストールが自動で行われます。) サーバーコントロールパネルから導入する手順は、以下ページにてご確認ください。

導入までの流れ

JPRSドメイン認証型 1

前提条件

  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)の利用は、有料です。
    サーバーサービスとは別途費用が発生します。
  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)は、サーバーコントロールパネルよりお申し込みいただくと、証明書のインストールが自動で行われるため、より簡単に設定いただけます。サーバーコントロールパネルからの申込手順については、以下ページにてご確認ください。
  • SMTP over SSL や POP over SSL などのメール機能についてはご利用になれません。
  • 発行された証明書及び秘密鍵はお客様にて厳重に管理してください。紛失、期限切れ等のトラブルについては一切の責を負いかねます。
  • SNI SSLでは環境変数の扱いに一部制限があります( mod_rewriteの扱い等 )
  • さくらインターネットが所有するドメイン( sakura.ne.jp や tank.jpなど )では、SSLをご利用できません。独自ドメインを取得しご利用ください。
  • ドメイン所有権確認に「ファイル認証」をご選択いただいた場合、対象となるドメインのAレコードの値が証明書を導入予定のサーバーに向いている必要があります。
  • 本サービスのSSL機能は、以下のソフトウェアで構成しています。Apache2.x系+mod_ssl+OpenSSL
  • SSLご利用の注意点については、以下ページにてご確認ください。

事前準備

運用ドメインをサーバーに設定してください。

ドメインの管理状況により設定が異なります。
現在の状況に状況に応じた手順をご確認ください。

※証明書は実際に運用するドメイン(FQDN)に対して発行されるため、どのようなドメイン名であっても運用は可能です。

設定・申込手順

 

CSRの作成

1サーバーコントロールパネルより、CSRを作成します。

プラン毎に手順が異なります。ご契約プランの手順をご確認ください。

2作成したCSRをコピーし、テキストファイルなどに保存しておきます。

※ オンラインサインアップから申し込みをする際に必要です。

※ STEP2の[7]にて利用します。

JPRSドメイン認証型 2

注意事項

JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み中に「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み

1オンラインサインアップの画面を開きます。会員ID、会員メニューのパスワードを入力します。

JPRSドメイン認証型 3
会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2申し込み種別に「新規取得」を選択し、お申し込みのプランを選択します。

JPRSドメイン認証型 4

3支払い方法を選択します。

JPRSドメイン認証型 5

4ドメイン使用権確認の方法(認証方法)を選択します。各認証方法の詳細については、サポートページをご一読ください。

JPRSドメイン認証型 6

5ダブルアドレスオプションの選択を行います。

JPRSドメイン認証型 7

ダブルアドレスオプションとは?

ダブルアドレスオプションを申し込むと、申請したFQDN以外にwwwがついたFQDNも利用できるようになります。 申し込んだFQDNが「example.com」の場合、「www.example.com」でも利用できるSSL証明書が発行されます。
※認証ファイルは「example.com」「www.example.com」の両方に設定する必要がありますのでご注意ください。
※コモンネームによって追加されるアドレスが変わります。詳しくは以下サポートページをご確認ください。

6クーポンコードがある場合にはクーポンコード欄に入力します。

JPRSドメイン認証型 8

7約款をダウンロードして内容をご確認ください。内容に問題がなければ、「 同意する 」にチェックを入れ、 『 CSRの入力へ進む 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 9

8「STEP1 CSRの作成」の[2]にて作成したCSRを、左側の赤枠内に貼り付けます。貼り付け後、画面中央の『>』をクリックすると、右側にCSRの内容が表示されます。内容をご確認いただき『確認画面へ進む』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 10

9申し込み内容を確認します。問題がなければ、『 この内容で申し込む 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 11

10申し込み完了後、「お申込受付完了のお知らせ」メールが登録のメールアドレス宛に送信されます。

受付完了後、ご請求を行います。お支払い確認後、ご登録メールアドレス宛にメールをお送りいたします。

  • メール認証を選択の場合
    「SSLサーバー証明書 認証メールご対応のお願い」
  • ファイル認証を選択の場合
    「SSLサーバー証明書 認証ファイルのアップロードについて」

上記メールが届きましたら、次の「認証審査への対応」の手順に進んでください。

注意事項

JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み完了後は「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。

認証審査への対応

メール認証の場合

認証局より認証メールが届きましたら、記載されている「コモンネーム」が正しいことを確認のうえ、メール本文の指示に従ってお手続きください

注意事項

  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み中に「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。
  • 「SSLサーバー証明書 認証メールご対応のお願い」メール到着後、1時間経ってもJPRSからのメールを受信できない場合は、以下の点をご確認ください。
    ・外部からの受信設定に制限をかけていないか
    ・迷惑メールやゴミ箱のフォルダへ振り分けられていないか
    なお、JPRSからのメール再送信を手配することも可能です。ご希望の際はカスタマーセンターへメールにてご依頼ください。

ファイル認証の場合

ご登録メールアドレス宛に「SSLサーバー証明書 認証ファイルのアップロードについて」メールが届きましたら、会員メニューより認証ファイル(ランダムな文字列.txt)をダウンロードのうえ、アップロードを行います。

1会員メニュー」にログインします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2『 契約中のサービス一覧 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 12

3契約サービスの情報が表示されます。ご利用サービスの右側にある『 サーバー証明書 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 13

4以下の画面が表示されます。『 認証ファイルのダウンロード 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 31

5以下の画面が表示されます。認証ファイルを保存します。

JPRSドメイン認証型 15

6保存した認証ファイルを、申請時に指定したFQDN(コモンネーム)配下にアップロードします。

認証ファイルのアップロード先

  • ダブルアドレスオプション「ON」の場合
    新規購入時にダブルアドレスオプションを「ON」にして、コモンネームを「www.example.com」
    (例)で申請した場合、wwwを取り除いたURLと両方で認証ファイルの確認ができないと認証されません。
    ※ダブルアドレスオプションのON/OFFは、申込受付完了メールに記載されています。 [1][2]両方のURLで認証できないと証明書は発行されませんので、ご注意ください。
    [1] http://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
    (または、https://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)
    [2] http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
    (または、https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

    また、「www+ルートドメイン」のみのURLでサイトを公開されている方は、 証明書が発行されるまでの間、上記形式のURLでも認証ファイルが 確認できるよう設定をお願いします。

  • ダブルアドレスオプション「OFF」の場合
    コモンネームのURLで認証ファイルの確認が行われます。
    http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
    (または、https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

アップロード方法

アップロードは、「FTPソフト」か「ファイルマネージャー」をご利用いただく方法がございます。 以下ページをご確認ください。

【設定例】www.example.comのFQDNで申請を行った場合

STEP2で選択するダブルアドレスオプションを「ON」にして、 コモンネームをwww.example.com(例)で申請した場合でも、 wwwを取り除いたURLと両方で認証ファイルの確認ができないと認証されません。

[1] http://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
(または https://example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)
[2] http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
(または https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

[1][2]の両方のURLで認証できないと証明書は発行されません。 「www+ルートドメイン」のみのURLでサイトを公開されている方は、 証明書が発行されるまでの間、上記形式のURLでも認証ファイルが 確認できるよう設定をお願いします。 ダブルアドレスオプション「OFF」で申し込んでいる場合は、

http://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt
(または https://www.example.com/.well-known/pki-validation/[ランダムな文字列].txt)

のURLで認証が必要になります。

さくらのレンタルサーバでご利用の場合

さくらのレンタルサーバでのドメイン設定をご確認ください。
・example.comの「www.が付与されたサブドメインも利用する」がONになっている
・example.comのURLが閲覧可能
であればJPRSドメイン認証型の発行は可能です。
なお、
・www.example.comの「www.が付与されたサブドメインも利用する」がONになっている
・ダブルアドレスオプションがON
の場合、example.comで認証が行えずSSL証明書の発行が行えません。
この場合は、サーバーコントロールパネルでexample.comでドメインを追加し、
・「www.が付与されたサブドメインも利用する」をONに設定
・www.example.comと同じパスを設定(設定している場合のみ)
・必要に応じ証明書をインストール
・www.example.com のドメイン設定を削除
の後、カスタマーサポートにご連絡ください。再手続きについてご案内いたします

example.comのドメインがさくらのレンタルサーバに設定されていない場合は、お使いのネームサーバーマニュアル等を参照し、NSレコードを編集してください。詳しくは他社で取得・管理中のドメインの設定方法をご確認ください。

注意事項

  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)のお申し込み中に「CSRの再作成」を行わないでください。取得された証明書がインストールできなくなりますのでご注意ください。
  • コモンネーム対象先に.htaccessにて、アクセス制限、リダイレクト等の設定をされている場合、SSLサーバー証明書が発行されるまで解除してください。
  • JPRSドメイン認証型SSL(JPRS DVSSL)では、例えば www.sakura.ne.jp の証明書を購入すると、www.sakura.ne.jpとsakura.ne.jpで使用可能となりますが、証明書発行時は、sakura.ne.jpのURLでアクセスできることが条件となります。
  • 認証ファイルは、25日以内にアップロードをお願いいたします。
  • 証明書取得後、認証ファイルは削除されません。削除される際はお客様自身でお願いいたします。
  • 認証ファイルアップロード手順の詳細は、お支払い確認後に送られる「SSLサーバー証明書 認証ファイルのアップロードについて」メールをご確認ください。

7認証ファイルのアップロード作業完了後、JPRS社にてファイル認証が行われます。

認証完了し「JPRS SSLサーバー証明書発行のお知らせ」のメールがご登録メールアドレス宛てに到着後「STEP 4」 へお進みください。

証明書のインストール

1SSLサーバー証明書を「会員メニュー」からダウンロードします。

会員ID お客様の会員ID(例:nnn12345)
パスワード 会員メニューパスワード

※お申込み時に、お客様にて決めていただいた任意のパスワード
紛失された場合は「会員メニューパスワードの変更・再発行」をご確認ください。

2『 契約中のサービス一覧 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 12

3ご利用サービスの右側にある『 サーバー証明書 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 16

4以下の画面が表示されます。サーバー証明書のダウンロード』をクリックし、SSLサーバー証明書をダウンロードします。

JPRSドメイン認証型 14

中間証明書のインストール

JPRS SSL証明書をご利用の際、発行されたSSL証明書のインストールを行う前に、中間CA証明書のインストールが必要となります。

1中間CA証明書をダウンロードします。

中間証明書インストールの前に行う作業

事前に、中間証明書をお手元に用意していただく必要があります。下記URLより「中間CA証明書」をダウンロードし、ダウンロードしたファイル(.cer)をテキストエディタで開きます。

2ダウンロードしたファイル(.cer)をテキストエディタ(メモ帳等)で開きます。

※画像でご案内している方法は、一例です。ご利用の環境により、操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 17

3確認画面(セキュリティ警告)が表示されますので『開く(ファイルを開く操作)』をクリックします。

※ご利用の環境により、表示される画面や操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 18

4メモ帳でダウンロードした中間CA証明書が表示されます。手順【9】で利用しますので、表示された全文をコピーします。

JPRSドメイン認証型 19

5サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない

6ドメイン/SSLから『ドメイン/SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 20

7インストールをするドメイン名の右側にある『SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 21

8『中間証明書のインストール』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 22

9手順【4】にてコピーをした中間CA証明書全文を、赤枠内に貼り付け(ペースト)し『作成』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 23

SSLサーバー証明書のインストール

認証局より発行されたサーバー証明書(「サーバーID」、「CERT」、「キーペアファイル」とも呼ばれます)をインストールします。

SSLサーバー証明書をインストールする前に行う作業

事前に、SSLサーバー証明書をお手元に用意していただく必要があります。SSLサーバー証明書は、ご利用の認証局や証明書の種類により発行方法が異なります。例)「認証局からのメールに記載のURLからサーバー証明書をダウンロードする」等

1用意したSSLサーバー証明書のファイル(.crt)をテキストエディタ(メモ帳等)で開きます。

※画像でご案内している方法は、一例です。ご利用の環境により、操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 17

2確認画面(セキュリティ警告)が表示されますので『開く(ファイルを開く操作)』をクリックします。

※ご利用の環境により、表示される画面や操作方法は異なります。

JPRSドメイン認証型 18

3メモ帳でSSLサーバー証明書が表示されます。手順【8】で利用しますので、表示された全文をコピーします。

JPRSドメイン認証型 19

4サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない

5ドメイン/SSLから『ドメイン/SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 20

6インストールをするドメイン名の右側にある『SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 21

7『 証明書のインストール 』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 26

8手順【3】にてコピーをしたSSLサーバー証明書全文を、赤枠内に貼り付け(ペースト)し、『作成』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 27

SSL設定を有効にする

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない

2ドメイン/SSLから『ドメイン/SSL』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 20

3SSL設定を設定するドメイン名の右側にある『設定』をクリックします。

JPRSドメイン認証型 28

4ご利用のプランやSSLの種別により選択項目が異なります。

  • さくらのレンタルサーバ ライト・スタンダード・プレミアム・ビジネスの場合
    「SNI SSLを利用する」を選択します。
    JPRSドメイン認証型 29
  • さくらのレンタルサーバ ビジネスプロ・さくらのマネージドサーバの場合
    CSR作成時、独自SSLを選択した場合は「共有SSL、SNI SSLを利用しないSNI SSLを選択した場合は「SNI SSLを利用する」をお選びください。
    JPRSドメイン認証型 32

5『保存する』をクリックします。

確認

ウェブブラウザでアクセスし、正しく表示されるか確認します。

※本マニュアルでは、Mozilla Firefoxの画像を使用しています。ウェブブラウザの種類により表示が異なる場合があります。

1httpsでアクセスできるか、鍵マークが表示されるかなど確認します。

※ ドメインを新たに追加していた場合、周囲のネームサーバーへ伝播するまで数時間~3日間ほどかかります。

JPRSドメイン認証型ワイルドカード 13

注意事項

  • 常時SSL化し、httpにアクセスした際もhttpsにリダイレクトさせたい場合は、[HTTPS転送設定]にて「HTTPSに転送する」にチェックをいれてください。
    詳細手順は、ドメインリダイレクトを設定したいをご確認ください。
  • httpsでアクセスできない場合は、ブラウザにキャッシュが残っている可能性がございますので、ブラウザキャッシュを全てクリアしてからご確認ください。

2多くのウェブブラウザでは、鍵マークなどをクリックすることで、証明書を確認できます。

JPRSドメイン認証型ワイルドカード14

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら