レンタルサーバ

concrete5をインストールしたい

対象プラン

さくらのレンタルサーバ スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド

前提条件

  • さくらのレンタルサーバ ライトプランでは、ブログ・CMSのインストール機能はご利用いただけません。
  • 各アプリケーションをインストールする前に、「ライセンス」「インストール規約(免責事項)」「注意事項」をご確認いただき、同意したうえで、インストールを行ってください。
  • 同意いただけない場合は、本機能の利用はお控えください。
  • 各アプリケーションは、「www」フォルダ以下にインストールされます。
  • アプリケーションを多数インストールすると、データベースやサーバの負荷上昇を招く可能性があります。
  • 負荷のかかっていることが確認された場合、ご利用内容に制限をかけさせていただくことがあります。
  • 運営するコンテンツについては十分検討し、インストールを行ってください。
  • 本マニュアルは、アプリケーションの基本的なインストール方法を解説しています。
    マニュアルに記載していない詳細設定などについては、弊社ではサポートしておりません。
    各アプリケーションの利用方法や詳細設定などについては、各アプリケーションのマニュアルをご確認ください。

concrete5について

  • クイックインストールよりインストールされたconcrete5が対象です。
  • クイックインストール時に作成される管理アカウントID「admin」については、セキュリティ強化のためクイックインストール完了後には別のアカウントIDにご変更ください。
  • ご自身でご用意された拡張ブロックや追加テーマによっては処理が競合し、動作に影響を及ぼすこともあります。
  • アップデートおよびアップグレードについては、ご自信で行っていただく必要があります。
    「クイックインストール」からは行えませんのでconcrete5の管理画面などから適宜実施ください。
  • その他、拡張パッケージの導入前には基本仕様をご確認ください。

サーバコントロールパネルログイン

1サーバコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない
                                               

php.iniの設定

必ず設定をしてください。
設定を省略されますと「STEP.5 concrete5の詳細設定」へ進めなくなります

1スクリプト設定から『PHPiniファイル設定』をクリックします。

※ビジネスプランの場合は「PHP言語に関する設定」から「PHP設定の編集」が可能です。

2テキストボックスへ以下の内容を入力し『保存する』をクリックします。

cgi.fix_pathinfo=1
default_charset = UTF-8
mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
iconv.input_encoding = UTF-8
iconv.internal_encoding = UTF-8
iconv.output_encoding = UTF-8
date.timezone = “Asia/Tokyo”

   

concrete5のインストール

1Webサイト/データから『クイックインストール』をクリックします。

コントロールパネル クイックインストール

2concrete5の『新規追加』をクリックします。

3インストール方法により手順が異なります。

ドメインの直下へconcrete5をインストールする方法

指定のフォルダにインストールする方法

ドメインの直下へconcrete5をインストールする方法

以下の手順は、【ドメインの直下へconcrete5をインストールする方法】をご案内しています。

表示されるURLの例
http://example.com のアドレスでconcrete5を運用

1データベースを作成されていない場合は、『データベース作成』をクリックし、データべースを作成してください。
concrete5で利用するデータベースの作成がお済みの場合は手順【2】へ進みます。

2以下の情報を入力し、[ライセンス][利用規約]をご確認ください。
ご同意いただける場合、 『同意』にチェックを入れ、『作成する』をクリックします。

設定項目 説明
インストールURL アプリケーションをインストールするフォルダを指定します。
お客様のお好きなフォルダ名で指定してください。

※選択したドメインの直下にインストールされます。
wwwの直下へはインストールできません。『ドキュメントルートを変更』するか、『ドキュメントルートを変更せずに、サブディレクトリにインストールする』のどちらかをお選びください


※ビジネスプロ、マネージドサーバ対象
IPベースの独自SSLで運用される場合レンタルサーバの仕様上、以下の様にSSL対象の独自ドメインのフォルダ指定先と、コモンネームのフォルダ指定先を同一のフォルダにしていただく必要がございます。

利用データベース 使用するデータベースをプルダウンメニューから選択します。

※さくらのレンタルサーバ スタンダード・プレミアム・ビジネス・ビジネスプロ、さくらのマネージドサーバのみ

データベースパスワード データベースの作成時に設定したパスワードを入力します。

※[作成したデータベースがある場合]でデータベースを作成された場合は、設定済みのデータベースパスワードを入力します。

テーブルの接頭語 使用するテーブル名の先頭に付ける文字列です。

※1つのデータベースを複数のconcrete5 やその他アプリケーションで使用する場合は、使用するテーブル名の重複を避けるために異なる文字列にて指定します。

3インストール済みパッケージ一覧にインストールしたconcrete5が表示されます。

4選択した独自ドメインへアクセスします。

例)http://独自ドメイン

5concrete5の詳細設定は、こちらをご確認ください。

指定のフォルダにインストールする方法

以下の手順は、【指定のフォルダにインストールする方法】をご案内しています。

表示されるURLの例
http://example.com/指定のフォルダ名 のアドレスでconcrete5を運用

1データベースを作成されていない場合は、『データベース作成』をクリックし、データべースを作成してください。
concrete5で利用するデータベースの作成がお済みの場合は手順【2】へ進みます。

2以下の情報を入力し、[ライセンス][利用規約]をご確認ください。
ご同意いただける場合、 『同意』にチェックを入れ、『作成する』をクリックします。

設定項目 説明
インストールURL アプリケーションをインストールするフォルダを指定します。
お客様のお好きなフォルダ名で指定してください。

※ビジネスプロ、マネージドサーバ対象
IPベースの独自SSLで運用される場合レンタルサーバの仕様上、以下の様にSSL対象の独自ドメインのフォルダ指定先と、コモンネームのフォルダ指定先を同一のフォルダにしていただく必要がございます。

利用データベース 使用するデータベースをプルダウンメニューから選択します。

※さくらのレンタルサーバ スタンダード・プレミアム・ビジネス・ビジネスプロ、さくらのマネージドサーバのみ

データベースパスワード データベースの作成時に設定したパスワードを入力します。

※手順【1】で[作成したデータベースがある場合]でデータベースを作成された場合は、設定済みのデータベースパスワードを入力します。

テーブルの接頭語 使用するテーブル名の先頭に付ける文字列です。

※1つのデータベースを複数のconcrete5 やその他アプリケーションで使用する場合は、使用するテーブル名の重複を避けるために異なる文字列にて指定します。

3インストール済みパッケージ一覧にインストールしたconcrete5が表示されます。
設置先に記載されているURLをクリックします。

4concrete5の詳細設定は、こちらをご確認ください。

   

concrete5の詳細設定

1インストールウィザード画面に遷移します。
[日本語(日本)]を選択して『→』をクリックし進みます。

2インストールに必要となる各項目がチェックされます。
問題がなければ『インストールを続ける』をクリックします。

3concrete5の各種設定をします。
設定項目入力後『concrete5をインストール』をクリックします。

サイト・名前 公開するサイト名を入力してください。

※サイト名はページタイトルで使用されます。

管理者メールアドレス 管理を行う方のメールアドレスを入力してください。

※管理画面のパスワードの再発行等、管理者メールアドレスに送信されます。

管理者パスワード 管理画面にログインする、管理者ID「admin」のパスワードを入力してください。

※重要な情報になります。簡単なパスワードを設定することはお控えください。


※管理画面にログインした後、変更することも可能です。

データベース・サーバー 「データベース サーバー」を入力してください。

※さくらのレンタルサーバでは、サーバコントロールパネルのデータベースの項目に記載があります。

mysqlXXX.db.sakura.ne.jp XXXは特定の英数字さくらのマネージドサーバでは、「localhost」を入力してください。
MySQLユーザ名 「データベース ユーザ名」の情報を入力してください。
MySQLパスワード データベース作成時に設定した「接続パスワード」を入力してください。
データベース名 「データベース名」を入力してください。

4以下の画面が表示されたら、concrete5のインストールは完了です。

adminとしてログインした状態になっていますが、「admin」は他社からも推測しやすいユーザ名のため、「Edit Your Site」をクリックした後、念のため管理画面の「メンバー」からadminの名称変更をご検討ください。

   

adminの名称変更

1『管理画面』から「メンバー」をクリックします。

2「admin」をクリックします。

独自ドメインでconcrete5を運営する場合【URLの変更手順】

設定を変更することにより、『http://独自ドメイン』でconcrete5が運営可能です。
設定変更をしない場合、URLは『http://独自ドメイン/index.php』となります。

1『管理画面』から「システムと設定」をクリックします。

2SEOと統計「URLとリダイレクト」をクリックします。

3URLからindex.phpを除くのチェックを入れ、保存をクリックします。

   

前提条件

  • さくらのレンタルサーバ ライトプランでは、ブログ・CMSのインストール機能はご利用いただけません。
  • 各アプリケーションをインストールする前に、「ライセンス」「インストール規約(免責事項)」「注意事項」をご確認いただき、同意したうえで、インストールを行ってください。
  • 同意いただけない場合は、本機能の利用はお控えください。
  • 各アプリケーションは、「www」フォルダ以下にインストールされます。
  • アプリケーションを多数インストールすると、データベースやサーバの負荷上昇を招く可能性があります。
  • 負荷のかかっていることが確認された場合、ご利用内容に制限をかけさせていただくことがあります。
  • 運営するコンテンツについては十分検討し、インストールを行ってください。
  • 本マニュアルは、アプリケーションの基本的なインストール方法を解説しています。
    マニュアルに記載していない詳細設定などについては、弊社ではサポートしておりません。
    各アプリケーションの利用方法や詳細設定などについては、各アプリケーションのマニュアルをご確認ください。

concrete5について

  • クイックインストールよりインストールされたconcrete5が対象です。
  • クイックインストール時に作成される管理アカウントID「admin」については、セキュリティ強化のためクイックインストール完了後には別のアカウントIDにご変更ください。
  • ご自身でご用意された拡張ブロックや追加テーマによっては処理が競合し、動作に影響を及ぼすこともあります。
  • アップデートおよびアップグレードについては、ご自信で行っていただく必要があります。
    「クイックインストール」からは行えませんのでconcrete5の管理画面などから適宜実施ください。
  • その他、拡張パッケージの導入前には基本仕様をご確認ください。

サーバコントロールパネルログイン

1サーバコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバコントロールパネルにログインしたい

注意事項

「メールアドレス / パスワード」でログインした場合は、メール設定しかコントロールパネルに表示されませんので、必ず「初期ドメインまたは追加されたドメイン / パスワード」でログインをお願いいたします。

コントロールパネルにドメインなどの設定項目が表示されない
                                               

php.iniの設定

必ず設定をしてください。
設定を省略されますと「STEP.5 concrete5の詳細設定」へ進めなくなります

1スクリプト設定から『PHPiniファイル設定』をクリックします。

※ビジネスプランの場合は「PHP言語に関する設定」から「PHP設定の編集」が可能です。

2テキストボックスへ以下の内容を入力し『保存する』をクリックします。

cgi.fix_pathinfo=1
default_charset = UTF-8
mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
iconv.input_encoding = UTF-8
iconv.internal_encoding = UTF-8
iconv.output_encoding = UTF-8
date.timezone = “Asia/Tokyo”

   

concrete5のインストール

1Webサイト/データから『クイックインストール』をクリックします。

コントロールパネル クイックインストール

2concrete5の『新規追加』をクリックします。

3インストール方法により手順が異なります。

ドメインの直下へconcrete5をインストールする方法

指定のフォルダにインストールする方法

ドメインの直下へconcrete5をインストールする方法

以下の手順は、【ドメインの直下へconcrete5をインストールする方法】をご案内しています。

表示されるURLの例
http://example.com のアドレスでconcrete5を運用

1データベースを作成されていない場合は、『データベース作成』をクリックし、データべースを作成してください。
concrete5で利用するデータベースの作成がお済みの場合は手順【2】へ進みます。

2以下の情報を入力し、[ライセンス][利用規約]をご確認ください。
ご同意いただける場合、 『同意』にチェックを入れ、『作成する』をクリックします。

設定項目 説明
インストールURL アプリケーションをインストールするフォルダを指定します。
お客様のお好きなフォルダ名で指定してください。

※選択したドメインの直下にインストールされます。
wwwの直下へはインストールできません。『ドキュメントルートを変更』するか、『ドキュメントルートを変更せずに、サブディレクトリにインストールする』のどちらかをお選びください


※ビジネスプロ、マネージドサーバ対象
IPベースの独自SSLで運用される場合レンタルサーバの仕様上、以下の様にSSL対象の独自ドメインのフォルダ指定先と、コモンネームのフォルダ指定先を同一のフォルダにしていただく必要がございます。

利用データベース 使用するデータベースをプルダウンメニューから選択します。

※さくらのレンタルサーバ スタンダード・プレミアム・ビジネス・ビジネスプロ、さくらのマネージドサーバのみ

データベースパスワード データベースの作成時に設定したパスワードを入力します。

※[作成したデータベースがある場合]でデータベースを作成された場合は、設定済みのデータベースパスワードを入力します。

テーブルの接頭語 使用するテーブル名の先頭に付ける文字列です。

※1つのデータベースを複数のconcrete5 やその他アプリケーションで使用する場合は、使用するテーブル名の重複を避けるために異なる文字列にて指定します。

3インストール済みパッケージ一覧にインストールしたconcrete5が表示されます。

4選択した独自ドメインへアクセスします。

例)http://独自ドメイン

5concrete5の詳細設定は、こちらをご確認ください。

指定のフォルダにインストールする方法

以下の手順は、【指定のフォルダにインストールする方法】をご案内しています。

表示されるURLの例
http://example.com/指定のフォルダ名 のアドレスでconcrete5を運用

1データベースを作成されていない場合は、『データベース作成』をクリックし、データべースを作成してください。
concrete5で利用するデータベースの作成がお済みの場合は手順【2】へ進みます。

2以下の情報を入力し、[ライセンス][利用規約]をご確認ください。
ご同意いただける場合、 『同意』にチェックを入れ、『作成する』をクリックします。

設定項目 説明
インストールURL アプリケーションをインストールするフォルダを指定します。
お客様のお好きなフォルダ名で指定してください。

※ビジネスプロ、マネージドサーバ対象
IPベースの独自SSLで運用される場合レンタルサーバの仕様上、以下の様にSSL対象の独自ドメインのフォルダ指定先と、コモンネームのフォルダ指定先を同一のフォルダにしていただく必要がございます。

利用データベース 使用するデータベースをプルダウンメニューから選択します。

※さくらのレンタルサーバ スタンダード・プレミアム・ビジネス・ビジネスプロ、さくらのマネージドサーバのみ

データベースパスワード データベースの作成時に設定したパスワードを入力します。

※手順【1】で[作成したデータベースがある場合]でデータベースを作成された場合は、設定済みのデータベースパスワードを入力します。

テーブルの接頭語 使用するテーブル名の先頭に付ける文字列です。

※1つのデータベースを複数のconcrete5 やその他アプリケーションで使用する場合は、使用するテーブル名の重複を避けるために異なる文字列にて指定します。

3インストール済みパッケージ一覧にインストールしたconcrete5が表示されます。
設置先に記載されているURLをクリックします。

4concrete5の詳細設定は、こちらをご確認ください。

   

concrete5の詳細設定

1インストールウィザード画面に遷移します。
[日本語(日本)]を選択して『→』をクリックし進みます。

2インストールに必要となる各項目がチェックされます。
問題がなければ『インストールを続ける』をクリックします。

3concrete5の各種設定をします。
設定項目入力後『concrete5をインストール』をクリックします。

サイト・名前 公開するサイト名を入力してください。

※サイト名はページタイトルで使用されます。

管理者メールアドレス 管理を行う方のメールアドレスを入力してください。

※管理画面のパスワードの再発行等、管理者メールアドレスに送信されます。

管理者パスワード 管理画面にログインする、管理者ID「admin」のパスワードを入力してください。

※重要な情報になります。簡単なパスワードを設定することはお控えください。


※管理画面にログインした後、変更することも可能です。

データベース・サーバー 「データベース サーバー」を入力してください。

※さくらのレンタルサーバでは、サーバコントロールパネルのデータベースの項目に記載があります。

mysqlXXX.db.sakura.ne.jp XXXは特定の英数字さくらのマネージドサーバでは、「localhost」を入力してください。
MySQLユーザ名 「データベース ユーザ名」の情報を入力してください。
MySQLパスワード データベース作成時に設定した「接続パスワード」を入力してください。
データベース名 「データベース名」を入力してください。

4以下の画面が表示されたら、concrete5のインストールは完了です。

adminとしてログインした状態になっていますが、「admin」は他社からも推測しやすいユーザ名のため、「Edit Your Site」をクリックした後、念のため管理画面の「メンバー」からadminの名称変更をご検討ください。

   

adminの名称変更

1『管理画面』から「メンバー」をクリックします。

2「admin」をクリックします。

独自ドメインでconcrete5を運営する場合【URLの変更手順】

設定を変更することにより、『http://独自ドメイン』でconcrete5が運営可能です。
設定変更をしない場合、URLは『http://独自ドメイン/index.php』となります。

1『管理画面』から「システムと設定」をクリックします。

2SEOと統計「URLとリダイレクト」をクリックします。

3URLからindex.phpを除くのチェックを入れ、保存をクリックします。

   

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら