専用サーバ

ファイアウォールを利用したい

対象プラン

さくらの専用サーバ

このマニュアルでは、ファイアウォールの利用、設定についてご案内しています。

概要

コントロールパネルからファイアウォールの基本情報の確認が可能です。
詳細な設定は、ファイアウォールの管理ツールより行えます。

前提条件

ご利用いただくにあたっての設定方法などの詳細については、弊社技術ドキュメントをご覧ください。

異なるリージョン、ゾーンに設置されているサーバーとの接続はできません。
詳細については リージョン/ゾーンについて をご覧ください。

ファイアウォールの初期(提供時)パスワード確認

                     

コントロールパネルへログイン

1「さくらの専用サーバ」コントロールパネル にログインします。

   

初期パスワードの確認

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『eyeボタン』をクリックします。

6初期(出荷時)のパスワードが表示されます。

   

ファイアウォール管理ツール

設定用の管理ツールとしてと、グラフィカルインターフェース(GUI)と、SSHで操作するコマンドラインインターフェース(CLI)の二種類が用意されています。詳細は以下をご確認ください。

前提条件

  • ファイアウォールの管理ツールにログインするために必要なIPアドレスは、コントロールパネルから確認可能です。 接続時(設定時)に必要な情報は画像をご確認ください。
    画像「IPv4・IPv6」ともに、IPアドレスが2つ表示されています。
    上の段に表示されている「数値が小さい」IPアドレスがログインの際必要です。
    ご提供時、IPv6アドレスは未設定となります。
  • コントロールパネルから確認できるパスワードは、ご提供時(出荷時)のパスワードです。
    変更された際は、変更後のパスワードが必要です。
  • ログイン後の操作など設定方法に関する詳細については、弊社技術ドキュメントをご覧ください。

グラフィカルインターフェース

                            

コントロールパネルへログイン

1コントロールパネル にログインします。

   

対象のネットワークを選択

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『管理GUIを開く』をクリックします。

6ご利用されるブラウザにより警告が表示されます。
(ブラウザの仕様によるエラーのため、ファイアウォールの利用に問題はございません)
ここではFirefoxを例に進めて行きます。詳細をクリックします。

7『危険性を承知で続行』をクリックします。

   

グラフィカルインターフェースのインストール

1『Install ASDM Launcher』をクリックします。

2[ユーザー名・パスワード]を入力し、『OK』をクリックします。

3ASDM Launcher のダウンロード後、インストールを行います。

4インストールウィザードにそってインストールを進めます。

5インストール先を指定し、『Next』をクリックします。

6『Install』をクリックします。

7『Finish』をクリックします。

8インストール後にローカルパソコンから「Cisco ASDM-IDM Launcher」を起動します。

9認証画面が表示されますので、ファイアウォールのIPアドレスが選択されていることを確認し、[ユーザー名・パスワード]を入力して、『OK』をクリックします。

10グラフィカルインターフェースが表示されます。
用途に応じて設定を行ってください。

グラフィカルインターフェースの画面について

グラフィカルインターフェースの画面では、以下の内容等が確認できます。

※ 詳細な利用方法や仕様に関しましては、ご案内を行っておりません。ご了承ください。

トラフィック、CPU負荷等ステータス表示画面

アクセス制限リストの表示画面

コマンドラインインターフェース

SSH 対応のターミナル・ソフトウェアを使用し、ログインすることが可能です。

ご利用開始日により異なりますが、提供時にはコマンドラインインターフェースを無効化させていただいております。
コマンドラインインターフェースをご利用になる場合は、グラフィカルインターフェースより有効化を行ってください。

IPアドレス コントロールパネルに記載のIPアドレス (※詳細はこちらをご確認ください。)
ユーザ名 コントロールパネルに表示されるファイアウォールのアカウント
パスワード コントロールパネルに表示されるファイアウォールのパスワード(※)

※コントロールパネルから確認できるアカウント、パスワードは、ご提供時(出荷時)のアカウント、パスワードです。
変更された際は、変更後のアカウント、パスワードが必要です。
コマンドラインインターフェースの有効化方法やログイン後の操作など、設定方法に関する詳細については、弊社技術ドキュメントをご覧ください。

設定ファイルダウンロード

コントロールパネルよりファイアウォールの現在の設定をテキスト形式でダウンロードできます。         

コントロールパネルへログイン

1コントロールパネル にログインします。

             

設定ファイルの確認

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『設定ファイルダウンロード』をクリックします。

6利用しているブラウザの形式でダウンロード画面が表示されますので、
表示に従い設定ファイルをダウンロードします。

設定初期化

                     

コントロールパネルへログイン

1コントロールパネル にログインします。

   

設定を初期化

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『設定初期化』をクリックします。

6ファイアウォールを提供時の状態に初期化します。
この操作は取り消しできませんので、あらかじめ設定ファイルを保存したのち実行してください。
準備ができましたら、「説明を確認しました」にチェックを入れ初期化をクリックします。

8初期化中と画面右下にステータスが表示されます。

9初期化が完了しましたら、画面右下に表示されます。

   

このマニュアルでは、ファイアウォールの利用、設定についてご案内しています。

概要

コントロールパネルからファイアウォールの基本情報の確認が可能です。
詳細な設定は、ファイアウォールの管理ツールより行えます。

前提条件

ご利用いただくにあたっての設定方法などの詳細については、弊社技術ドキュメントをご覧ください。

異なるリージョン、ゾーンに設置されているサーバーとの接続はできません。
詳細については リージョン/ゾーンについて をご覧ください。

ファイアウォールの初期(提供時)パスワード確認

                     

コントロールパネルへログイン

1「さくらの専用サーバ」コントロールパネル にログインします。

   

初期パスワードの確認

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『eyeボタン』をクリックします。

6初期(出荷時)のパスワードが表示されます。

   

ファイアウォール管理ツール

設定用の管理ツールとしてと、グラフィカルインターフェース(GUI)と、SSHで操作するコマンドラインインターフェース(CLI)の二種類が用意されています。詳細は以下をご確認ください。

前提条件

  • ファイアウォールの管理ツールにログインするために必要なIPアドレスは、コントロールパネルから確認可能です。 接続時(設定時)に必要な情報は画像をご確認ください。
    画像「IPv4・IPv6」ともに、IPアドレスが2つ表示されています。
    上の段に表示されている「数値が小さい」IPアドレスがログインの際必要です。
    ご提供時、IPv6アドレスは未設定となります。
  • コントロールパネルから確認できるパスワードは、ご提供時(出荷時)のパスワードです。
    変更された際は、変更後のパスワードが必要です。
  • ログイン後の操作など設定方法に関する詳細については、弊社技術ドキュメントをご覧ください。

グラフィカルインターフェース

                            

コントロールパネルへログイン

1コントロールパネル にログインします。

   

対象のネットワークを選択

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『管理GUIを開く』をクリックします。

6ご利用されるブラウザにより警告が表示されます。
(ブラウザの仕様によるエラーのため、ファイアウォールの利用に問題はございません)
ここではFirefoxを例に進めて行きます。詳細をクリックします。

7『危険性を承知で続行』をクリックします。

   

グラフィカルインターフェースのインストール

1『Install ASDM Launcher』をクリックします。

2[ユーザー名・パスワード]を入力し、『OK』をクリックします。

3ASDM Launcher のダウンロード後、インストールを行います。

4インストールウィザードにそってインストールを進めます。

5インストール先を指定し、『Next』をクリックします。

6『Install』をクリックします。

7『Finish』をクリックします。

8インストール後にローカルパソコンから「Cisco ASDM-IDM Launcher」を起動します。

9認証画面が表示されますので、ファイアウォールのIPアドレスが選択されていることを確認し、[ユーザー名・パスワード]を入力して、『OK』をクリックします。

10グラフィカルインターフェースが表示されます。
用途に応じて設定を行ってください。

グラフィカルインターフェースの画面について

グラフィカルインターフェースの画面では、以下の内容等が確認できます。

※ 詳細な利用方法や仕様に関しましては、ご案内を行っておりません。ご了承ください。

トラフィック、CPU負荷等ステータス表示画面

アクセス制限リストの表示画面

コマンドラインインターフェース

SSH 対応のターミナル・ソフトウェアを使用し、ログインすることが可能です。

ご利用開始日により異なりますが、提供時にはコマンドラインインターフェースを無効化させていただいております。
コマンドラインインターフェースをご利用になる場合は、グラフィカルインターフェースより有効化を行ってください。

IPアドレス コントロールパネルに記載のIPアドレス (※詳細はこちらをご確認ください。)
ユーザ名 コントロールパネルに表示されるファイアウォールのアカウント
パスワード コントロールパネルに表示されるファイアウォールのパスワード(※)

※コントロールパネルから確認できるアカウント、パスワードは、ご提供時(出荷時)のアカウント、パスワードです。
変更された際は、変更後のアカウント、パスワードが必要です。
コマンドラインインターフェースの有効化方法やログイン後の操作など、設定方法に関する詳細については、弊社技術ドキュメントをご覧ください。

設定ファイルダウンロード

コントロールパネルよりファイアウォールの現在の設定をテキスト形式でダウンロードできます。         

コントロールパネルへログイン

1コントロールパネル にログインします。

             

設定ファイルの確認

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『設定ファイルダウンロード』をクリックします。

6利用しているブラウザの形式でダウンロード画面が表示されますので、
表示に従い設定ファイルをダウンロードします。

設定初期化

                     

コントロールパネルへログイン

1コントロールパネル にログインします。

   

設定を初期化

1『ネットワーク』をクリックします。

2『対象のネットワーク』をクリックします。

3『設定』をクリックします。

4『ファイアウォール管理』をクリックします。

5『設定初期化』をクリックします。

6ファイアウォールを提供時の状態に初期化します。
この操作は取り消しできませんので、あらかじめ設定ファイルを保存したのち実行してください。
準備ができましたら、「説明を確認しました」にチェックを入れ初期化をクリックします。

8初期化中と画面右下にステータスが表示されます。

9初期化が完了しましたら、画面右下に表示されます。

   

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら