SSL さくらのレンタルサーバでの利用

SSL 導入の流れ(さくらのレンタルサーバ、マネージドサーバ)

対象プラン
さくらのレンタルサーバライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドさくらのSSL

このマニュアルでは、さくらのレンタルサーバにSSL証明書を導入する流れをご説明しています。

※初期ドメイン(〇〇〇.sakura.ne.jp)またはさくらのサブドメインでは、共有SSLをご利用ください

導入の流れ

SSL導入のフロー図

事前準備

運用するドメインを、さくらのレンタルサーバに設定してください。

CSRの作成

SSL証明書の申し込みに必要なCSRを、サーバコントロールパネルで作成してください。

お申し込み・お支払い

ご希望のSSL証明書の申し込みおよびお支払いを行ってください。
お支払い確認後、弊社より認証局(SSL証明書の発行元)に証明書発行申請を行います。

「JPRS ドメイン認証型」「無料SSL(Let’s Encrypt)」は、さくらのレンタルサーバへの導入手順の一部を自動で行います。

認証作業

認証局による審査・認証が実施されます。

SSL証明書の種類によって、認証方法・手順は異なります。
申込完了後、審査・認証についてメールでご案内をお送りしています。ご参照のうえ、審査・認証を受けてください。

証明書インストール

審査・認証が終わりましたら、認証局よりSSL証明書が発行されます。
発行完了のメールが届きましたら、メールの手順に沿ってSSL証明書のインストールを行ってください。

※SSL証明書と合わせて「中間証明書」のインストールが必要な場合があります。メールでご案内している手順をご確認ください。

有効化・利用開始

サーバコントロールパネルで、SSL設定を有効にします。
ウェブブラウザでhttpsから始まるURLでホームページが問題なく表示できれば、導入完了です。

認証やインストールが自動で設定がシンプルな「JPRS ドメイン認証型」「無料SSL(Let’s Encrypt)」

「JPRS ドメイン認証型」「無料SSL(Let’s Encrypt)」は、さくらのレンタルサーバへの導入手順の一部を自動で行います。
SSL導入および更新時にかかる手間が軽減されます。

※は「無料SSL(Let’s Encrypt)」のみ。

以下ページの手順にて、申し込み・設定を行ってください。

ページの先頭へ