レンタルサーバ WordPress

WordPressプラグインBackWpUpの設定上の注意

対象プラン
さくらのレンタルサーバスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド

前提条件

  • このページでは利用者の多いWordPressプラグインである
    BackWpUpの設定における注意点についてご紹介します。
  • プラグインの利用方法についてはサポート対象外となります。
  • WordPressの環境やバージョンによっては動作しない場合があります。

ジョブの設定

BackWpUpのバックアップジョブ設定時の注意点をご紹介します。

バックアップの宛先

BackWpUpは「ジョブ」というバックアップ設定を作成することで定期的に
バックアップができます。
バックアップジョブの作成の際は「宛先」にご注意ください。

初期設定ではuploads/に設定されているため、WordPressフォルダ内に
バックアップが作成されます。

さくらのレンタルサーバにおいては、宛先を
「/home/(お客さまのアカウント名)/(任意のフォルダ名)」とすることで
公開フォルダよりも上の階層へバックアップを保存でき、安全にファイルを
保管することができます。

また、BackWpUpではDropboxなどのクラウドストレージへのバックアップも
利用できますのであわせてご検討ください。

アーカイブ形式

BackWpUpはWordPress構成ファイルとMySQLデータベースファイルを
1つのファイルにまとめてくれますが、その際にいくつか形式を選択することができます。
Zipが一般的で初期設定になっていますが、処理時間が長くバックアップ失敗の
可能性が高まりますので、tar gzip形式がおすすめです。

スケジュール

BackWpUpは初期設定で毎日午前3時にバックアップが行われる設定になっています。
現在、多くのお客様が午前3時にバックアップを実行している影響でバックアップ失敗の
可能性が高くなっております。

他のお客様への影響を考慮してBackWpUpの実行を停止する場合もございますので、
午前3時以外の時間にずらして設定することをおすすめします。

初期設定ではバックアップは手動になっていますのでスケジュール実行されません。

ジョブの開始方法でWordPressのcronを選択することでスケジュール設定ができます。
初期設定は毎日ですが、更新頻度が高くないサイトであれば毎週、
毎月に設定変更するのもおすすめです。
バックアップ中もサイトの閲覧は可能です。