専用サーバ 新コントロールパネル

OS再インストール・カスタムOSインストール

このマニュアルでは、OS再インストール・カスタムOSインストールについてご案内しています。

概要

「さくらの専用サーバ」は、標準OSとして『 CentOS 』をインストールして提供しています。
他のOSを利用したい」「パーティションを切り直したい」といった場合や、「OSが起動しなくなった」時に利用いただく機能です。

注意事項

  • 利用できるOSはモデルによって異なります。
    対応OSはこちらからご確認ください。

  • 有償OSの再インストール、無償OSから有償OSへの変更、有償OSから無償OSへの変更の際はメールでの依頼が必要です。
    以下ページをご確認のうえご依頼ください。

    なお、有償OSから別のOSへ変更を希望される場合、ライセンスの解約等の手続きが必要になります。
    解約手続きが完了するまで契約期間分の請求が発生しますので、必ずご依頼ください。

    • ※ 「Red Hat Enterprise Linux」は有償OSですが、利用中の場合のみコントロールパネルから再インストールすることが可能です。
      複数バージョンに対応するプランは、選択してインストールすることが可能です。
  • 専用グローバルネットワークを利用中のサーバに対しOS再インストールを行う場合、
    グローバル側の接続先が自動的に『共用ネットワーク』に切り替わります。
    引き続き専用グローバルネットワークを利用される場合は切替作業を実施してください。
  • OS再インストールの完了見込み時間は通常30~60分程度です。
    90分を超える場合はハングアップしていることが考えられますので、
    コントロールパネルから強制停止したうえで再度OS再インストールを行ってください。
    再度OS再インストールを行っても処理が完了しない場合は、
    お手数ですが、弊社サポート宛 support@sakura.ad.jp までお問い合わせください。
  • 複数のサーバに連続してOS再インストールを実施しますと、負荷が集中することで失敗することがあります。
    連続して作業する場合は、サーバごとに2、3分空けてOS再インストールを開始してください。

ページの先頭へ

手順

コントロールパネルへログイン

コントロールパネルへログインします。

対象サーバの選択

サーバー一覧画面にて対象サーバーを選択し、サーバー詳細画面へ表示を切り替えます。

「設定メニュー」内の『OSインストール』をクリックします。

各項目を選択、管理者権限パスワードを入力し、『インストール』をクリックします。

項目説明
OS インストールするOSを選択します

  • ※ サービスプランにより選択肢は異なります。
    詳しくは注意事項内の「対応OS一覧表」をご確認ください。
アーキテクチャ 「64bit(x86_64)」か「32bit(i386)」を選択します。
ソフトウェア構成 「標準」か「最小構成」を選択します。

  • ※ インストールされるソフトウェアは各OSの技術ドキュメントをご確認ください。
パーティション構成 「auto(自動)」か「specify(手動)」を選択します。

  • ※ autoを選んだ際の構成は各OSの技術ドキュメントをご確認ください。
管理者権限パスワード アルファベット(大文字・小文字)、数字を組み合わせ、8~32文字で設定ください。

OSインストールを開始します。

インストール時の注意
  • インストール開始後は途中で止めることはできません。
    設定やデータは全て消えます。
  • データは復元することはできません。
    実施前に必ず必要なデータのバックアップを行ってください。
    ※ インストール作業中にコンソールを開くと、進捗状況を確認することができます。
    例)CentOS7

ページの先頭へ