ドメイン ゾーン情報の変更

ドメインのSPFレコードの設定

対象プラン
さくらのレンタルサーバライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドメールボックス

さくらのレンタルサーバでは、SPFレコードに対応しています。
本マニュアルでは、サーバに設定しているドメイン毎に「SPFレコードを設定する方法」をご案内いたします。

前提条件

前提条件

  • 2014年01月28日以降お申込みいただきましたサーバでは、ドメインに対しSPFレコードがデフォルトで利用する設定になっています。
    それ以前にお申込みのサービス・追加ドメインにつきましては、お客様にてコントロールパネルからSPFレコードの設定が必要です。
  • SPFレコードの設定は、弊社ネームサーバを利用しているドメインのみ有効です。
注意事項
  • 本設定を行いますと、ゾーン情報が上書きされます。
    ゾーン設定にて、各項目(Aレコード・MXレコード等)を編集されていた場合、情報が初期化されます。
    お客様にてゾーン情報を編集されている場合、ドメインメニューより直接編集いただく事をお奨めします。
    また、上記をご理解いただいたうえでチェックを入れられた場合、再度、編集が必要となります。
    ※変更前のゾーン情報に関しましては、ドメインメニューのゾーン表示画面から、過去の履歴(最大10件)が確認可能です。
    設定反映には数時間~2日程度かかります。

ページの先頭へ

ドメインのSPFレコードの設定手順

サーバコントロールパネルログイン

サーバコントロールパネルへログインします。

ドメイン名 初期ドメイン
または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
仮登録完了のお知らせに記載のパスワード。
紛失・ご不明の場合は「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。

ドメイン/SSL内の『ドメイン/SSL』をクリックします。

new_domain_010.png

ドメイン一覧画面から、該当ドメインの『設定』をクリックします。

_________04.png

SPFレコードの使用項目の『利用する』にチェックをいれ
『保存する』をクリックします。

設定後のゾーン表示
SPFレコードの設定を行いますと、ゾーンに以下の内容が記述されます。
【”v=spf1 a:www***.sakura.ne.jp mx ~all”】

ページの先頭へ