メール

ウイルスチェック機能を設定したい

対象プラン

ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド メールボックス

メールの送受信において、ウイルスチェック機能を利用することができます。

注意事項

ウイルスチェックを有効にした場合、ウイルスと判断されたメールは、サーバーには一切届かず、連絡メールなども届きません。

前提条件

  • ウイルススキャンエンジンは、F-Secure(エフセキュア)社のエンジンを利用しています。
  • 最新のウイルス情報については、各セキュリティベンダーのWebサイトをご確認ください。
F-Secure Labs(英語)

仕様

ウイルススキャンが適用される場合は「○」適用されない場合は「×」

料金 無料
HTMLメール
記述されているURLのリンク先については検出対象外
通知機能 ×
メールを送受信した際、そのメールがウイルスメールであると検出した場合、メールサーバー側にて削除を行います。
削除されたメールの復元はできません。
メールに添付されている圧縮ファイル
対象の圧縮形式 : ZIP,LZH,ARJ,RAR,GZIP,TAR,CAB,BZIP2
パスワードが掛かっている圧縮ファイル ×
Macintosh のウイルス ×
MAC OS を対象としたウイルスは検出不可
転送されたメール
転送元となるメールアドレスが『 ウイルスチェック機能』を有効にしている場合、転送メールについてもウイルスチェックを行います。

メール受信時

  • サーバーがメールを受信した時点で、ウイルスチェックが行われます。
  • ウイルスを検出した場合、受信したメールは削除されます。

メール送信時

  • メールがサーバーを経由する際にウイルスチェックが行われます。
  • ウイルスを検出した場合、メールは削除されます。

ライト・スタンダード・プレミアム・メールボックスの場合

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい    

ウイルスチェック機能を個別に設定する

1メールから『メール一覧』をクリックします。

コントロールパネル メール一覧

2ウイルスチェック設定をするメールアドレスの『設定』をクリックします。

メールアドレス 設定

3メール利用範囲のウイルスチェックの『有効』にチェックをいれ、『保存』するをクリックします。

メール利用範囲設定
   

ビジネス・マネージドの場合

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい    

ウイルスチェック機能を一括で設定する

1ユーザ/メールから『ユーザ・メール一覧』をクリックします。

ユーザ/メール一覧

2ウイルスチェック設定をするメールアドレスの『設定』をクリックし『詳細設定』を選択します。

メールアドレス 詳細設定

3メール利用範囲のウイルスチェックの『有効』にチェックをいれ、『保存』するをクリックします。

メール利用範囲設定
   

メールの送受信において、ウイルスチェック機能を利用することができます。

注意事項

ウイルスチェックを有効にした場合、ウイルスと判断されたメールは、サーバーには一切届かず、連絡メールなども届きません。

前提条件

  • ウイルススキャンエンジンは、F-Secure(エフセキュア)社のエンジンを利用しています。
  • 最新のウイルス情報については、各セキュリティベンダーのWebサイトをご確認ください。
F-Secure Labs(英語)

仕様

ウイルススキャンが適用される場合は「○」適用されない場合は「×」

料金 無料
HTMLメール
記述されているURLのリンク先については検出対象外
通知機能 ×
メールを送受信した際、そのメールがウイルスメールであると検出した場合、メールサーバー側にて削除を行います。
削除されたメールの復元はできません。
メールに添付されている圧縮ファイル
対象の圧縮形式 : ZIP,LZH,ARJ,RAR,GZIP,TAR,CAB,BZIP2
パスワードが掛かっている圧縮ファイル ×
Macintosh のウイルス ×
MAC OS を対象としたウイルスは検出不可
転送されたメール
転送元となるメールアドレスが『 ウイルスチェック機能』を有効にしている場合、転送メールについてもウイルスチェックを行います。

メール受信時

  • サーバーがメールを受信した時点で、ウイルスチェックが行われます。
  • ウイルスを検出した場合、受信したメールは削除されます。

メール送信時

  • メールがサーバーを経由する際にウイルスチェックが行われます。
  • ウイルスを検出した場合、メールは削除されます。

ライト・スタンダード・プレミアム・メールボックスの場合

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい    

ウイルスチェック機能を個別に設定する

1メールから『メール一覧』をクリックします。

コントロールパネル メール一覧

2ウイルスチェック設定をするメールアドレスの『設定』をクリックします。

メールアドレス 設定

3メール利用範囲のウイルスチェックの『有効』にチェックをいれ、『保存』するをクリックします。

メール利用範囲設定
   

ビジネス・マネージドの場合

                           

サーバーコントロールパネルログイン

1サーバーコントロールパネル」にログインします。

ログイン方法は下記を参照ください。

サーバーコントロールパネルにログインしたい    

ウイルスチェック機能を一括で設定する

1ユーザ/メールから『ユーザ・メール一覧』をクリックします。

ユーザ/メール一覧

2ウイルスチェック設定をするメールアドレスの『設定』をクリックし『詳細設定』を選択します。

メールアドレス 詳細設定

3メール利用範囲のウイルスチェックの『有効』にチェックをいれ、『保存』するをクリックします。

メール利用範囲設定
   

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら