レンタルサーバ

CGI・PHP・SSI を利用したい

対象プラン

さくらのレンタルサーバ ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド

さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバでは、自由にCGI・SSIを利用していただくことができます。 実際に設置する前に、「ご利用上の注意・制限事項」をお読みください。

注意事項

  • サーバーへの接続に用いるソフトウェアは、配布元が提供する最新安定版であることをご確認ください。
  • さくらインターネットではお客様が設置したオリジナルのCGI・PHPプログラムの作成や不具合の修正、調査など一切行うことができません。不都合を感じられた時やおかしな動作を頻繁に起こす場合は、CGIプログラム作成者様にご相談ください。

ご利用上の注意・制限事項

さくらのレンタルサーバは、共用サーバーサービスです。複数のユーザとサーバー資源を共有しています。 また回線については、さくらのレンタルサーバおよびさくらのマネージドサーバにおいて共用しているため、 他のユーザに迷惑がかからないよう、充分なデバッグを行った上で運用を開始してください。

  • 「迷惑メール」と判断されるメールの一斉送信
    他の方から迷惑メールの苦情が到着した場合、ご利用を控えていただくことがあります。
  • daemonとしてサーバーに常駐するプログラムの実行
    発見した場合、予告無くプロセスを強制終了する場合があります。
  • 他者への不正行為を目的したプログラムの実行、他人への迷惑行為
    あまりに悪質な場合、即座にアカウントを抹消することがあります。
  • その他、サーバーに高い負荷をかけている原因となるプログラムの実行や回線、サーバーの共有リソースを占有するようなプログラムの実行など許容範囲以上のサーバー資源を利用することはご遠慮ください。
    発見した場合、予告無くプロセスを強制終了する場合があります。
  • その他、弊社約款・規約に違反する行為
    弊社の約款については、こちらをご確認ください。

違反行為を発見した場合、予告無く以下の措置をとる場合があります

  • 実行プロセスの強制終了
  • CGIプログラムの利用制限や利用権限の停止、剥奪
  • サービスアカウントの停止
  • (今後の)サービスお申込みの拒絶

同じ資源を利用してる方同士が気持ちよく快適にサービスを運用できるよう、お互い配慮して利用しましょう。 ご協力お願いいたします。CGI・PHPに関するよくある質問については以下をご参照ください。

CGI・PHPの設置に関わるサーバー情報一覧

サーバー上でプログラムを動作させるために必要となる情報です。 提供サーーバやサーバーアプリケーションの仕様は「サーバーの仕様」をご覧ください。

1.1. ファイル、ディレクトリの設定

CGIの拡張子 .cgi
PHPの拡張子 .php (※)
プログラムを設置するディレクトリ(フォルダ) ドキュメントルート(/home/アカウント名/www/)以下であれば不問
ファイルパーミッション 755 または 705 のいずれか
ディレクトリパーミッション 755 または 705 のいずれか
cgi-binディレクトリ 不要
.htaccessの設定 不要
推奨するファイルロック関数 flock

※ PHPをご利用の場合ファイルの拡張子を 「 .php 」 とする必要があります。 また、拡張子を 「 .php 」 としたファイルは、 「 html 」 として動作させることはできません。 PHPを使用したコンテンツを運営される際は 「 .html 」 ではなく 「 .php 」 にて設置してください。

1.2. プログラムのコマンドパス

perl /usr/bin/perl
ruby /usr/local/bin/ruby
php /usr/local/bin/php
Python /usr/local/bin/python
sh /bin/sh
csh /bin/csh
sendmail /usr/sbin/sendmail
gcc /usr/bin/gcc
gzip /usr/bin/gzip
zip /usr/local/bin/zip
unzip /usr/local/bin/unzip
convert /usr/local/bin/convert
nkf /usr/local/bin/nkf
uuencode /usr/bin/uuencode
uudecode /usr/bin/uudecode
procmail /usr/local/bin/procmail

SSI ご利用の手引き

2.1. 基本設定

ファイルの拡張子 .shtml .shtm
.htaccess Apache2.2形式で記述する場合は SSILegacyExprParser on を記述してください。

注意事項・制限事項

  • SSIから呼び出されるプログラムについては、プログラム配布元が公開している仕様ににしたがって設定してください。
  • 設置にかかわる具体的な方法(ファイルの転送、設定項目など)や、デバッグ、プログラムの改変・改造はサポートいたしかねます。配布元または作成者にご相談ください。
  • プログラム中の各パラメータに関するご質問にはお答えできません。配布元または作成者にご相談ください。
  • SSIから各種プログラムを呼び出す際の注意事項、および制限事項は「ご利用上の注意・制限事項」に準じます。

SSIの一例

SSIの使用したほんの一例です。詳しいパラメータや利用法に付いては、ウェブサーバーやWebサイトの専門書籍を参照してください。

書式 <!--#str1 str2="str3"-->
記入例 <!--#flastmod file="ssi.shtml"-->

この例の場合、「ssi.shtml」の最終更新日時を表示します。

str1 str2 str3 備考
echo var 環境変数 "str3"を表示する
include file ファイルまでの相対パス "str3" をインクルードする
virtual ファイルまでの絶対パス(※1)
exec cgi ファイル名(相対パス) "str3" の結果を表示。 ただし同ディレクトリ内にあるファイルに限る
cmd
config timefmt 日時表示形式 表示フォーマットをカスタマイズする
sizefmt サイズ表示形式
flastmod file ファイル名(相対パス) "str3"の最終更新日を表示
virtual
fsize file ファイル名(相対パス) "str3"のサイズを表示
virtual

(※1)絶対パス:ドキュメントルートからのパスを記載します。

例)http://example.sakura.ne.jp/dir/filename.shtml

レンタルサーバー内のパス /home/example/www/dir/filename.shtml
絶対パス /dir/filename.shtml
include virtual文 <!--#include virtual="/dir/filename.shtml"-->

絶対パスは、さくらのレンタルサーバの場合は、wwwフォルダをドキュメントルートとして指定します。

さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバでは、自由にCGI・SSIを利用していただくことができます。 実際に設置する前に、「ご利用上の注意・制限事項」をお読みください。

注意事項

  • サーバーへの接続に用いるソフトウェアは、配布元が提供する最新安定版であることをご確認ください。
  • さくらインターネットではお客様が設置したオリジナルのCGI・PHPプログラムの作成や不具合の修正、調査など一切行うことができません。不都合を感じられた時やおかしな動作を頻繁に起こす場合は、CGIプログラム作成者様にご相談ください。

ご利用上の注意・制限事項

さくらのレンタルサーバは、共用サーバーサービスです。複数のユーザとサーバー資源を共有しています。 また回線については、さくらのレンタルサーバおよびさくらのマネージドサーバにおいて共用しているため、 他のユーザに迷惑がかからないよう、充分なデバッグを行った上で運用を開始してください。

  • 「迷惑メール」と判断されるメールの一斉送信
    他の方から迷惑メールの苦情が到着した場合、ご利用を控えていただくことがあります。
  • daemonとしてサーバーに常駐するプログラムの実行
    発見した場合、予告無くプロセスを強制終了する場合があります。
  • 他者への不正行為を目的したプログラムの実行、他人への迷惑行為
    あまりに悪質な場合、即座にアカウントを抹消することがあります。
  • その他、サーバーに高い負荷をかけている原因となるプログラムの実行や回線、サーバーの共有リソースを占有するようなプログラムの実行など許容範囲以上のサーバー資源を利用することはご遠慮ください。
    発見した場合、予告無くプロセスを強制終了する場合があります。
  • その他、弊社約款・規約に違反する行為
    弊社の約款については、こちらをご確認ください。

違反行為を発見した場合、予告無く以下の措置をとる場合があります

  • 実行プロセスの強制終了
  • CGIプログラムの利用制限や利用権限の停止、剥奪
  • サービスアカウントの停止
  • (今後の)サービスお申込みの拒絶

同じ資源を利用してる方同士が気持ちよく快適にサービスを運用できるよう、お互い配慮して利用しましょう。 ご協力お願いいたします。CGI・PHPに関するよくある質問については以下をご参照ください。

CGI・PHPの設置に関わるサーバー情報一覧

サーバー上でプログラムを動作させるために必要となる情報です。 提供サーーバやサーバーアプリケーションの仕様は「サーバーの仕様」をご覧ください。

1.1. ファイル、ディレクトリの設定

CGIの拡張子 .cgi
PHPの拡張子 .php (※)
プログラムを設置するディレクトリ(フォルダ) ドキュメントルート(/home/アカウント名/www/)以下であれば不問
ファイルパーミッション 755 または 705 のいずれか
ディレクトリパーミッション 755 または 705 のいずれか
cgi-binディレクトリ 不要
.htaccessの設定 不要
推奨するファイルロック関数 flock

※ PHPをご利用の場合ファイルの拡張子を 「 .php 」 とする必要があります。 また、拡張子を 「 .php 」 としたファイルは、 「 html 」 として動作させることはできません。 PHPを使用したコンテンツを運営される際は 「 .html 」 ではなく 「 .php 」 にて設置してください。

1.2. プログラムのコマンドパス

perl /usr/bin/perl
ruby /usr/local/bin/ruby
php /usr/local/bin/php
Python /usr/local/bin/python
sh /bin/sh
csh /bin/csh
sendmail /usr/sbin/sendmail
gcc /usr/bin/gcc
gzip /usr/bin/gzip
zip /usr/local/bin/zip
unzip /usr/local/bin/unzip
convert /usr/local/bin/convert
nkf /usr/local/bin/nkf
uuencode /usr/bin/uuencode
uudecode /usr/bin/uudecode
procmail /usr/local/bin/procmail

SSI ご利用の手引き

2.1. 基本設定

ファイルの拡張子 .shtml .shtm
.htaccess Apache2.2形式で記述する場合は SSILegacyExprParser on を記述してください。

注意事項・制限事項

  • SSIから呼び出されるプログラムについては、プログラム配布元が公開している仕様ににしたがって設定してください。
  • 設置にかかわる具体的な方法(ファイルの転送、設定項目など)や、デバッグ、プログラムの改変・改造はサポートいたしかねます。配布元または作成者にご相談ください。
  • プログラム中の各パラメータに関するご質問にはお答えできません。配布元または作成者にご相談ください。
  • SSIから各種プログラムを呼び出す際の注意事項、および制限事項は「ご利用上の注意・制限事項」に準じます。

SSIの一例

SSIの使用したほんの一例です。詳しいパラメータや利用法に付いては、ウェブサーバーやWebサイトの専門書籍を参照してください。

書式 <!--#str1 str2="str3"-->
記入例 <!--#flastmod file="ssi.shtml"-->

この例の場合、「ssi.shtml」の最終更新日時を表示します。

str1 str2 str3 備考
echo var 環境変数 "str3"を表示する
include file ファイルまでの相対パス "str3" をインクルードする
virtual ファイルまでの絶対パス(※1)
exec cgi ファイル名(相対パス) "str3" の結果を表示。 ただし同ディレクトリ内にあるファイルに限る
cmd
config timefmt 日時表示形式 表示フォーマットをカスタマイズする
sizefmt サイズ表示形式
flastmod file ファイル名(相対パス) "str3"の最終更新日を表示
virtual
fsize file ファイル名(相対パス) "str3"のサイズを表示
virtual

(※1)絶対パス:ドキュメントルートからのパスを記載します。

例)http://example.sakura.ne.jp/dir/filename.shtml

レンタルサーバー内のパス /home/example/www/dir/filename.shtml
絶対パス /dir/filename.shtml
include virtual文 <!--#include virtual="/dir/filename.shtml"-->

絶対パスは、さくらのレンタルサーバの場合は、wwwフォルダをドキュメントルートとして指定します。

関連記事

    関連記事はありません

一覧に戻る

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら