レンタルサーバ セキュリティ

Webサイトの改ざん(利用サーバーへの不正アクセス)にご注意ください

近年、パスワードの漏洩やソフトウェア・サイトの脆弱性が原因となり、ご利用のサーバーへ不正アクセスを受けるケースが増加しています。

不正アクセスを受けるとお客様自身の被害に留まらず、気付かぬ内にお客様自身が加害者として利用される可能性がございます。
安全にご利用いただくため、本ページの案内を参考に対策を行ってくださいますようお願いいたします。

不正アクセス(ホームページが改ざん)されたらどうなるのか

不正アクセスを受けると、サーバー上のデータが書き換えられたり(改ざん)、意図しないファイルを設置される場合があります。
改ざんされた場合、お客様以外にも第三者に対し影響を与える可能性が非常に高くなります。

不正アクセスの被害傾向は、大きく2種類あります。

お客様の個人情報や金銭などが盗まれ、悪意のある第三者に利用される

  • 個人情報の流出
  • 正規ユーザへのなりすまし(連携されたSNSの乗っ取り等)
  • クレジットカード情報等の利用による金銭の盗み出し

さらなる攻撃のための踏み台(加害者)にされる

  • サーバーからの不正なメールの大量送信
  • コンテンツの改ざん(ホームページが書き換えられてしまう等)
  • 不正ファイルのアップロード(フィッシングサイト等)
  • 不正にアップロードされたファイルを用いた遠隔操作
  • 外部サーバーへの不正攻撃

上記はほんの一例ではございますが、不正アクセスを受けるとお客様自身の被害に留まらず、気付かぬ内にお客様自身が加害者として利用される可能性がございます。

ほとんどの不正アクセスは、お客様にて対策を行うことにより防止することが可能です。
被害に遭わないために本ページの案内を参考に、対策を行ってくださいますようお願いいたします。

ページの先頭へ

不正アクセスの原因

インターネットに繋がっている全てのコンピュータは、悪意のある第三者から攻撃を受ける危険性があります。
詳しくは以下サポートページをご覧ください。

ページの先頭へ

不正アクセスを予防するには

ご利用のサーバーが不正アクセスを受けないために、セキュリティ強化をお願いいたします。
詳しくは以下サポートページをご覧ください。

ページの先頭へ

不正アクセスを受けた際の対処方法

既に「不正アクセスの被害に遭っている」「ウイルスに感染してしまっている」といった場合は、被害拡大を防ぐため早急にご利用の環境とプログラムをご確認ください
詳しくは以下サポートページをご覧ください。

ページの先頭へ

不正アクセスに対する弊社での取り組み

弊社では、お客様にて運営いただくコンテンツ(ホームページやメールデータ等)について、約款に反しない限り特に制限を設けてはおりません。

しかしながら「さくらのレンタルサーバ」サービスは、複数のユーザが1台のサーバーに同居する「共用サーバー」にて運営しています。
そのため、不正アクセスに起因するサーバーの高負荷といったような、多数のお客様のサービス利用に支障が出る問題を弊社が認識した場合、弊社にて対応を行う場合がございます。
詳しくは以下サポートページをご確認ください。

ページの先頭へ