ImageFlux ImageFlux(画像変換・配信エンジン)

WebP使用時の注意点はありますか

f=webp:auto と指定することで、WebP 対応ブラウザであれば WebP 、
非対応であれば JPG など元のファイル形式で配信します。

ただしCDNをフロント構成にして WebP 対応した場合、
ImageFluxの同じエンドポイントURLで初回リクエストが a) WebP 対応なら WebP
画像、b ) WebP 非対応なら WebP 以外の画像が ImageFlux より配信される挙動となります。

CDN側にキャッシュが残ることで、a) の状態で WebP 非対応ブラウザからのリクエストが来ると
画像が表示されない状態となります。

ブラウザ環境を判定していただいた後にImageFluxのエンドポイントに対して f=webp などが明示的に
指定されるよう調整する必要があります。