レンタルサーバ その他

SSH について

対象プラン
さくらのレンタルサーバスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド

SSH(Secure Shell) とは、物理的に遠いところから、サーバを操るための手段のひとつです。
例えば、サーバへログインして直接HTML文書を書いたり、フォルダを作成・削除など、 まるで目の前でサーバを操っているかのように
操作することができます。(
ネットワーク上に流れるデータは暗号化されるため、インターネット上での操作を安全に行えます。

  • ※ 実際に操作するにあたり、UNIXの知識・操作するコマンド・アプリケーションの知識が必要となります。

前提条件・設定例

前提条件

  • SSHはスタンダードプラン以上のプランでご利用可能です。
  • SSHで接続するにはご利用のパソコンにSSHクライアントソフトが必要です。
    弊社で特にご利用をお勧めするソフトはございませんが、SSHクライアントソフトの一例として次のソフトがございます。

    リンク先のサイトはいずれも弊社管理外のサイトとなります。
    ウェブサイトへのアクセス・ソフトウェアのご利用はお客様の責任において行ってください。
    ソフトウェアのダウンロード・インストール・詳細な設定方法についてはサポートは行っておりません。

  • サーバへの接続に用いるソフトウェアは、配布元が提供する最新安定版であることをご確認ください。
  • SSH、sftpは初期アカウントでのみ利用できます。ビジネス以上のプラン以上で追加したユーザアカウントでは接続できません。

設定例

  • 初期ドメイン:example.sakura.ne.jp
  • SSHクライアントソフト:Windows版Poderosa

※ 上記は本マニュアル中での例です。
お客様が設定される際は、お客様の情報に置き換えてご確認ください。

ログインとログアウト

ログイン・ログアウトとは

ログイン

ユーザがサーバシステムに入室する為の手続きの事をいいます。
具体的には、ユーザが「ユーザアカウント」と「パスワード」をサーバに知らせ、サーバが登録されているユーザであるか、
チェックする仕組みになっています。

ログアウト

サーバシステムでの操作を終えたユーザが、サーバシステムから抜け出す事を指します。

ログイン

Poderosa 」を起動してください。

をクリックし、Telnet/SSH接続を行います。

新規接続の設定が開きますので、各項目を入力して『 OK 』をクリックしてください。

項目 説明 入力例
ホスト 初期ドメイン(※1) example.sakura.ne.jp
アカウント アカウント名 example
パスフレーズ サーバパスワード (※2) ********
  • ※1 「初期ドメイン」とは、サービスお申込み時にお客様にて入力いただきました
    ドメイン名(●●●.sakura.ne.jp)です。
    仮登録完了のお知らせメールにも記載がございますので、ご確認ください。
  • ※2 サーバパスワードは、サービスお申込み完了時に送信しております仮登録完了のお知らせメールに記載されています。

サーバにログインできました。

コマンドプロンプトが表示されたら目的の作業を行ってください。

サーバから退出(ログアウト)するときは、「logout」もしくは「exit」と入力してください。

ページの先頭へ

サーバパスワードを変更する

サーバコントロールパネルをご利用いただけます

サーバパスワードの変更は、さくらのレンタルサーバのサーバコントロールパネルで行うことが可能です。

サーバへログインする

SSHでサーバにログインします。
詳しくは「ログインとログアウト」の項をご覧ください。

パスワードを変更する

プロンプトが出ているのを確認して、以下のようにコマンドを入力してください。

入力コマンドは 「 passwd (ピーエーエスエスダブルディー) 」です。

Old password? (古いパスワードは?)」 と聞かれますので、
現在設定しているサーバパスワードを入力してEnter Keyを押します。

New password? (新しいパスワードは?)」 と聞かれますので、
変更したいサーバパスワードを入力してEnter Keyを押します。

Retype new password? (もう一度新しいパスワード?)」 と聞かれますので、
もう一度変更したいサーバパスワードを入力してEnter Keyを押します。

最後に「Done. (完了)」 と表示されたら変更が適用されています。

ページの先頭へ

動作不良プロセスを強制終了させる

プログラム強制終了って必要?

今までCGIプログラムとしてなんら問題なく動作していても、
何かの拍子に誤作動をおこしたり、長く使い続けることによって、
少しずつ問題が表面化してくることがあります。
誤作動を起こしてしまった実行プロセスは、
そのままサーバ上に居座ってしまい、あなたに割り当てられたサーバ資源を
占有してしまいます。
「最近、エラーの頻度が多いかな?・・・」と感じられた場合は、
サーバの中でこのようなことが起こっているかもしれません。

サーバへログインする

SSHでサーバにログインします。
詳しくは「ログインとログアウト」の項をご覧ください。

【現在サーバ上で動作しているプロセス】を確認します

プロンプトが出ているのを確認して、以下のようにコマンドを入力してください。

入力コマンドは 「 ps(スペース)-ux 」です。
コマンドを実行すると以下のようなプロセスのレポートが表示されます。

( 一部プロセスを省略しています。)

【表示の見方(一部抜粋)】

USER このプログラムを動かしているユーザ名です。
PID プロセスID。このプロセスの識別番号です。
STARTED このプログラムの実行開始時刻です。
TIME このプログラムが動作している時間です。
COMMAND 動作しているプログラム名です。

表示されたレポートから動作不良のプロセスを探します。
実行時間(TIME)実行開始時間(STARTED)から長時間経っているもの明らかに多量のプロセスが
蓄積しているもの
が対象となります。

不良動作プロセスを削除します

今度は、「PID(プロセスID)」に着目してください。これは、動作しているプログラムの識別番号です。
この番号を指定して動作プロセスを削除します。

kill」コマンドの後に、スペース区切りでpIDを入力し、Enter Keyを押します。

もう一度「ps」コマンドを使用して、プロセスが強制終了しているか確認します。

強制終了を行ったプロセスが表示されていなければ、作業は完了です。