レンタルサーバ

アカウント種別と各ユーザに権限を知りたい(ビジネス・ビジネスプロ・マネージド)

対象プラン

ライト スタンダード プレミアム メールボックス

このマニュアルでは、「さくらのレンタルサーバ ビジネス・ビジネスプロ」「さくらのマネージドサーバ」のアカウントの種別についてご案内しています。

アカウントの種別とは

「さくらのレンタルサーバ ビジネス・ビジネスプロ」「さくらのマネージドサーバ」では、アカウントの種別が「初期アカウント」「追加ユーザ」の2種類に分かれています。

初期アカウント

FTPによるファイル転送、メールの利用、SSHによるターミナルログインなど、サービスにおけるすべての機能をご利用いただけるユーザです。
※さくらのマネージドサーバでご利用いただける「ファイル共有(WebDAV)」は、別途ご利用可能なユーザを追加する必要があります。

POINT:初期アカウントとは

ご契約時にお客様にて任意に設定いただいたアカウントとなります。

(例)初期ドメイン:example.sakura.ne.jp
[ example ] 部分が初期アカウントとなります。

お忘れの方は、サーバサービスをお申込み時に送られる「仮登録完了のお知らせメール」に記載がございます。

仮登録完了のお知らせをメールを知りたい

追加ユーザ

初期アカウントによって追加できるユーザです。
それぞれに対して利用できる権限を分けることができます。
ユーザの追加方法についてはこちらをご確認ください。

権限について

初期アカウントに与えられている権限

初期アカウントはサービスにおけるすべての機能をご利用いただけます。
さくらのマネージドサーバでご利用いただける「ファイル共有(WebDAV)」は、別途ご利用可能なユーザを追加する必要があります。

追加ユーザに与えられる権限

追加ユーザは、初期アカウントもしくは管理権限を持ったユーザによって任意に作成できるユーザです。

追加ユーザのデフォルト設定「一般ユーザ」ではパスワードの変更しか行えませんが、それぞれに対して権限を付与することで様々な機能を利用できます。
設定項目のユーザ権限(一般ユーザ・管理者・準管理者 + Web管理者・準管理者・Web管理者)と、メール・FTP・WebDAVの利用範囲は組み合わせて権限を付与できます。

組み合わせ例)Web管理者でFTPだけを利用する
ユーザ権限 項目 → 「Web管理者」を選択
メール・FTP・WebDAVの利用範囲 項目 → FTP利用範囲のみ「利用する」をチェック

ユーザに付与できる権限は以下のとおりです。

ユーザ権限の項目で設定

一般ユーザ 追加ユーザに余計な管理権限を持たせない場合に設定します(権限なしユーザ)。
メールやFTPだけを利用させる場合に適しています。
管理者 新たな管理者ユーザの発行やドメイン設定変更などの権限が与えられます。
準管理者+Web管理者 準管理者とWeb管理者を合わせた権限が与えられます。
(管理権限を持たないユーザの発行権限とウェブサイトの管理に特化した権限
準管理者 管理権限を持たないユーザの発行権限が与えられます。
メールアドレスの発行のみを行うユーザを作成したい場合に適しています。
(FTP転送の権限も付与できます。)
Web管理者 ウェブサイトの管理に特化した権限が与えられます。

利用範囲で設定

メール利用範囲 メールの送受信が可能になります。
ユーザの名称がそのままメールアドレスの一部になります。
例えば、yamadaというユーザを追加した場合yamada@example.sakura.ne.jpが利用できます。
FTP利用範囲 FTPによるファイル転送が可能になります。
ファイル共有(WebDAV)利用範囲 ファイル共有(WebDAV)の利用が可能になります。
※マネージドサーバのみ。

追加ユーザの必要性

本サービスでは初期アカウントを用いることで様々な設定を変更できます。
強力な機能を持つ一方で、複数人で操作するようなオペレーションには不向きといえます。
限られた権限を持つユーザを作成することにより、関係者以外の不要な変更を防ぐことができます。

作成した追加ユーザでサーバコントロールパネルにログインすることで、そのユーザが権限を持つ機能のみ利用させるといった運用が可能です。
以下の形式でドメイン名の項目に入力のうえ、ログインしてください。

ドメイン名 ユーザ名@○○○.sakura.ne.jp / ユーザ名@○○○.jp ※
パスワード ユーザ作成時のパスワード

※ MXレコードの値がさくらのレンタルサーバでない場合、ログインできません。

権限ごとに利用できる機能について

ユーザの管理

初期アカウント 管理者 準管理者 Web管理者 一般ユーザ
追加ユーザの管理 △(※1)
メールアドレスの管理 △(※2)
ユーザパスワードの変更 ○(※3) ―(※4) ―(※4)
追加ユーザの2段階認証設定の解除 ―(※4) ―(※4)

※1 準管理者は「一般ユーザ」のみ追加することができます。(準管理者のコントロールパネルでは「ユーザ権限」項目は表示されません。)

※2 メールの詳細設定、ユーザの振り分け転送設定、自動返信設定の変更はできません。

※3 初期アカウントのパスワード変更は「サーバパスワードの変更」となります。

※4 Web管理者、一般ユーザにおいても、自アカウントの設定変更は可能です。
また、準管理者は、上位権限の「初期アカウント」「管理者」の設定変更はできません。
同じく、管理者は、上位権限の「初期アカウント」の設定変更はできません。

サーバ機能の利用

初期アカウント 管理者 準管理者 Web管理者 一般ユーザ
サーバパスワードの変更
サーバへのログイン履歴
アクセスログの設定
ドメインの設定
独自SSLの設定
データベースの設定
PHP動作設定
クイックインストール
メーリングリストの設定
CRON設定
サイト内検索の設定
さくらのブログ
SSH接続

利用範囲で設定

メール利用範囲
  • メール送受信(※1 ※2)
  • ウェブメールの利用(※2)
メールの送受信が可能になります。
ユーザの名称がそのままメールアドレスの一部になります。
例えば、yamadaというユーザを追加した場合yamada@example.sakura.ne.jpが利用できます
FTP利用範囲
  • FTPでの接続
  • ファイルマネージャーの利用
  • サーバ情報の表示(※3)
FTPによるファイル転送が可能になります。
ファイル共有(WebDAV)利用範囲 ファイル共有(WebDAV)の利用が可能になります。
※マネージドサーバのみ。(※4)

※1 初期ドメインのアカウントではウェブメール経由となります。

※2 初期ドメインのアカウントでは各追加ユーザのウェブメールの管理が可能です。

※3 管理者ではFTP利用範囲を利用しない設定にしても表示されます。

※4 初期ドメインのアカウントと、管理者のみ使用可能。

このマニュアルでは、「さくらのレンタルサーバ ビジネス・ビジネスプロ」「さくらのマネージドサーバ」のアカウントの種別についてご案内しています。

アカウントの種別とは

「さくらのレンタルサーバ ビジネス・ビジネスプロ」「さくらのマネージドサーバ」では、アカウントの種別が「初期アカウント」「追加ユーザ」の2種類に分かれています。

初期アカウント

FTPによるファイル転送、メールの利用、SSHによるターミナルログインなど、サービスにおけるすべての機能をご利用いただけるユーザです。
※さくらのマネージドサーバでご利用いただける「ファイル共有(WebDAV)」は、別途ご利用可能なユーザを追加する必要があります。

POINT:初期アカウントとは

ご契約時にお客様にて任意に設定いただいたアカウントとなります。

(例)初期ドメイン:example.sakura.ne.jp
[ example ] 部分が初期アカウントとなります。

お忘れの方は、サーバサービスをお申込み時に送られる「仮登録完了のお知らせメール」に記載がございます。

仮登録完了のお知らせをメールを知りたい

追加ユーザ

初期アカウントによって追加できるユーザです。
それぞれに対して利用できる権限を分けることができます。
ユーザの追加方法についてはこちらをご確認ください。

権限について

初期アカウントに与えられている権限

初期アカウントはサービスにおけるすべての機能をご利用いただけます。
さくらのマネージドサーバでご利用いただける「ファイル共有(WebDAV)」は、別途ご利用可能なユーザを追加する必要があります。

追加ユーザに与えられる権限

追加ユーザは、初期アカウントもしくは管理権限を持ったユーザによって任意に作成できるユーザです。

追加ユーザのデフォルト設定「一般ユーザ」ではパスワードの変更しか行えませんが、それぞれに対して権限を付与することで様々な機能を利用できます。
設定項目のユーザ権限(一般ユーザ・管理者・準管理者 + Web管理者・準管理者・Web管理者)と、メール・FTP・WebDAVの利用範囲は組み合わせて権限を付与できます。

組み合わせ例)Web管理者でFTPだけを利用する
ユーザ権限 項目 → 「Web管理者」を選択
メール・FTP・WebDAVの利用範囲 項目 → FTP利用範囲のみ「利用する」をチェック

ユーザに付与できる権限は以下のとおりです。

ユーザ権限の項目で設定

一般ユーザ 追加ユーザに余計な管理権限を持たせない場合に設定します(権限なしユーザ)。
メールやFTPだけを利用させる場合に適しています。
管理者 新たな管理者ユーザの発行やドメイン設定変更などの権限が与えられます。
準管理者+Web管理者 準管理者とWeb管理者を合わせた権限が与えられます。
(管理権限を持たないユーザの発行権限とウェブサイトの管理に特化した権限
準管理者 管理権限を持たないユーザの発行権限が与えられます。
メールアドレスの発行のみを行うユーザを作成したい場合に適しています。
(FTP転送の権限も付与できます。)
Web管理者 ウェブサイトの管理に特化した権限が与えられます。

利用範囲で設定

メール利用範囲 メールの送受信が可能になります。
ユーザの名称がそのままメールアドレスの一部になります。
例えば、yamadaというユーザを追加した場合yamada@example.sakura.ne.jpが利用できます。
FTP利用範囲 FTPによるファイル転送が可能になります。
ファイル共有(WebDAV)利用範囲 ファイル共有(WebDAV)の利用が可能になります。
※マネージドサーバのみ。

追加ユーザの必要性

本サービスでは初期アカウントを用いることで様々な設定を変更できます。
強力な機能を持つ一方で、複数人で操作するようなオペレーションには不向きといえます。
限られた権限を持つユーザを作成することにより、関係者以外の不要な変更を防ぐことができます。

作成した追加ユーザでサーバコントロールパネルにログインすることで、そのユーザが権限を持つ機能のみ利用させるといった運用が可能です。
以下の形式でドメイン名の項目に入力のうえ、ログインしてください。

ドメイン名 ユーザ名@○○○.sakura.ne.jp / ユーザ名@○○○.jp ※
パスワード ユーザ作成時のパスワード

※ MXレコードの値がさくらのレンタルサーバでない場合、ログインできません。

権限ごとに利用できる機能について

ユーザの管理

初期アカウント 管理者 準管理者 Web管理者 一般ユーザ
追加ユーザの管理 △(※1)
メールアドレスの管理 △(※2)
ユーザパスワードの変更 ○(※3) ―(※4) ―(※4)
追加ユーザの2段階認証設定の解除 ―(※4) ―(※4)

※1 準管理者は「一般ユーザ」のみ追加することができます。(準管理者のコントロールパネルでは「ユーザ権限」項目は表示されません。)

※2 メールの詳細設定、ユーザの振り分け転送設定、自動返信設定の変更はできません。

※3 初期アカウントのパスワード変更は「サーバパスワードの変更」となります。

※4 Web管理者、一般ユーザにおいても、自アカウントの設定変更は可能です。
また、準管理者は、上位権限の「初期アカウント」「管理者」の設定変更はできません。
同じく、管理者は、上位権限の「初期アカウント」の設定変更はできません。

サーバ機能の利用

初期アカウント 管理者 準管理者 Web管理者 一般ユーザ
サーバパスワードの変更
サーバへのログイン履歴
アクセスログの設定
ドメインの設定
独自SSLの設定
データベースの設定
PHP動作設定
クイックインストール
メーリングリストの設定
CRON設定
サイト内検索の設定
さくらのブログ
SSH接続

利用範囲で設定

メール利用範囲
  • メール送受信(※1 ※2)
  • ウェブメールの利用(※2)
メールの送受信が可能になります。
ユーザの名称がそのままメールアドレスの一部になります。
例えば、yamadaというユーザを追加した場合yamada@example.sakura.ne.jpが利用できます
FTP利用範囲
  • FTPでの接続
  • ファイルマネージャーの利用
  • サーバ情報の表示(※3)
FTPによるファイル転送が可能になります。
ファイル共有(WebDAV)利用範囲 ファイル共有(WebDAV)の利用が可能になります。
※マネージドサーバのみ。(※4)

※1 初期ドメインのアカウントではウェブメール経由となります。

※2 初期ドメインのアカウントでは各追加ユーザのウェブメールの管理が可能です。

※3 管理者ではFTP利用範囲を利用しない設定にしても表示されます。

※4 初期ドメインのアカウントと、管理者のみ使用可能。

お問い合わせ

上記をご確認いただいても問題が
解決しなかった場合、
下記リンク先よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら