レンタルサーバ webサイト/データ

【新コントロールパネル】コンテンツブースト機能コントロールパネルの見方について

対象プラン
さくらのレンタルサーバライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド

このマニュアルでは、コンテンツブースト機能についてご案内しています。

コンテンツブースト機能はCDN(Content Delivery Network)とレンタルサーバを自動連携し、Webサイトを高速で安定して表示できる機能です。

前提条件

  • コンテンツブースト機能は、新コントロールパネルでのみご利用可能です。
  • コンテンツブースト機能を利用できるドメインには条件があります。
    詳しくは利用条件の項目をご確認ください。
  • 独自SSL(IPベース)には対応しておりません。
    SNI SSLへ切り替えてからご利用ください。

  • 例で使用するドメインなどの情報は、以下の通りです。
Webサイトのドメイン https://www.example.com
※http://~のURLであっても、ご利用可能です。
レンタルサーバに設定されているドメイン example.com
マルチドメイン設定(www付きのドメインも利用する) 有効

ページの先頭へ

コントロールパネルの説明

①有料オプション申し込み

月間100GBを超えて利用する場合、ライト、スタンダードプランの方はコンテンツブースト機能を利用する場合にオプション申し込みが必要になります。

②ドメインを追加

利用するドメインを追加します。

③ドメイン名

コンテンツブースト機能が設定されているドメインを表示します。

④キャッシュ削除

コンテンツブーストサーバでキャッシュしているデータを削除します。

➄設定

キャッシュしたくないURLを指定する、ドメインの削除ができます。

⑥転送量

3ヶ月前までのドメインごとの転送量を確認できます。

➆転送量合計

それぞれの利用ドメインで利用した転送量の合計が表示されます。

➇利用金額

利用金額は100GBを超えて101GB消費した時点から課金対象となります。
また、100GBを超過した日の翌日にコンテンツブースト機能が設定解除されますが、課金設定がない場合は転送量が100GBを超えても課金されることはありません。

⑨キャッシュヒット率

月間のキャッシュヒット率の平均値が確認できます。
キャッシュヒット率についての詳細はこちらをご確認ください。

ページの先頭へ