カスタマーセンターからのお知らせ

新コントロールパネルについて

対象プラン
さくらのレンタルサーバライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドメールボックス

2018年5月よりベータ版で提供していたさくらのレンタルサーバの新コントロールパネルは、2019年3月より正式版として提供を開始しました。
本ページではこの新コントロールパネルに関する情報を掲載します。

新コントロールパネルとは

新コントロールパネルはベータ期間を終了して、正式版として提供を開始しました。
ベータ版期間中、多くのご意見、ご要望をいただき、正式版へ反映させていただきました。
今後、新コントロールパネルをご利用いただくにあたり、以下の点にご注意ください。

  • 旧コントロールパネルは2021年2月をもって提供終了します。
  • 新コントロールパネルに関するご意見・ご要望については、新コントロールパネル左下にある「フィードバック」からご連絡ください。

ログイン画面

ログイン画面

新サーバコントロールパネルへは、以下のリンクからログインしてください。

旧コントロールパネルからログインする場合

旧サーバコントロールパネルのログイン画面から、新サーバコントロールパネルにログイン可能です。
『新コントロールパネルへログイン』をクリックしてください。
旧コントロールパネルログイン画面

フィードバック(ご意見・ご要望)

新サーバコントロールパネルへのご意見・ご要望は、新サーバコントロールパネル内の『フィードバック』からお願いいたします。
03.png

ページの先頭へ

新コントロールパネルからの変更点

変更箇所の概要

今回のさくらのレンタルサーバコントロールパネルデザインリニューアルにおきましては、外見の変更を主軸としており、機能の大きな追加や変更は行われておりません。
ただし、これまで不便だった箇所などを調整している箇所があり、これまでのコントロールパネルと操作方法が変更されている部分があります。

ページの先頭へ

WordPressクイックインストール時のフォルダ設定仕様変更

旧コントロールパネルでは、WordPressのクイックインストール時に必ずフォルダ指定をする必要があったため、独自ドメイン直下にWordPressをインストールする方法がわかりづらくなっておりました。
新コントロールパネルでは、独自ドメインを選択するだけでそのドメイン直下にインストールすることが出来るようになります。

ただし、独自ドメインのドキュメントルートをhome/www 直下ではなく、
home/www の下に1階層フォルダを作成する必要がありますのでご注意ください。

cp002.png

例)example.com のドキュメントルートがwww/に設定されている場合
上記のようにエラーメッセージが表示されます。
この場合ドキュメントルートを変更することで独自ドメイン直下にWordPressがインストールできます。

ページの先頭へ

ドメイン追加時の推奨設定の変更

旧コントロールパネルパネルでは、
example.com追加時にwww.example.comのCNAMEにexample.comを設定し、
自動的にwww付きドメインが利用できるようになる設定を
推奨設定としてご利用いただいておりました。

しかしながら、WordPressの普及などに伴い利用しづらい場合があるため、推奨を解除し初期設定時はこれまで通りwww付きドメインも利用できますが、コントロールパネルから簡単に外せるように表示を変更しました。

cp001.png

wwwは付与しないにチェックを入れて更新することでこれまでのマルチドメイン(上級者設定)と同様のwww無しのドメインのみが利用できるようになります。

ページの先頭へ