360000322521
201919591

【新コントロールパネル】ウイルスチェック機能

対象サービス・プラン

このマニュアルでは、メールアドレスの作成・変更・削除する手順についてご案内しています。

注意事項

  • ウイルスチェックを有効にした場合、ウイルスと判断されたメールは、サーバには一切届かず、連絡メールなども届きません。

前提条件

  • ウイルススキャンエンジンは、F-Secure(エフセキュア)社のエンジンを利用しています。
  • 最新のウイルス情報については、各セキュリティベンダーのホームページをご確認ください。

仕様

※ウイルススキャンが適用される場合は「○」適用されない場合は「×」

料金 無料
HTMLメール
記述されているURLのリンク先については検出対象外
通知機能 ×
電子メールを送受信した際、
その電子メールがウイルスメールであると検出した場合、
メールサーバ側にて削除を行います。
削除された電子メールの復元はできません。
メールに添付されている
圧縮ファイル

対象の圧縮形式 : ZIP,LZH,ARJ,RAR,GZIP,TAR,CAB,BZIP2
パスワードが掛かっている
圧縮ファイル
×
Macintosh のウイルス ×
MAC OS を対象としたウイルスは検出不可
転送されたメール
転送元となるメールアドレスが『 ウイルスチェック機能』を有効にしている場合、
転送メールについてもウイルスチェックを行います。

メール受信時

  • サーバが電子メールを受信した時点で、ウイルスチェックが行われます。
  • ウイルスを検出した場合、受信した電子メールは削除されます。

メール送信時

  • 電子メールがサーバを経由する際にウイルスチェックが行われます。
  • ウイルスを検出した場合、電子メールは削除されます。

ページの先頭へ

ライト・スタンダード・プレミアム・メールボックスの場合

サーバコントロールパネルログイン

サーバコントロールパネル」にログインします。

ドメイン名 初期ドメイン または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
仮登録完了のお知らせに記載のパスワード。
紛失・ご不明の場合は「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。

ウイルスチェック機能を個別に設定する

メールから『メール一覧』をクリックします。

ウイルスチェック設定をするメールアドレスの『設定』をクリックします。

メール利用範囲のウイルスチェックの『有効』にチェックをいれ、『保存』するをクリックします。

ページの先頭へ

ビジネス・マネージドの場合

サーバコントロールパネルログイン

サーバコントロールパネル」にログインします。

ドメイン名 初期ドメイン または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
仮登録完了のお知らせに記載のパスワード。
紛失・ご不明の場合は「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。

ウイルスチェック機能を一括で設定する

ユーザ/メールから『ユーザ・メール一覧』をクリックします。

ウイルスチェック設定をするメールアドレスの『設定』をクリックし『詳細設定』を選択します。

メール利用範囲のウイルスチェックの『有効』にチェックをいれ、『保存』するをクリックします。

ページの先頭へ

さくらのサポート情報

メニューを閉じる