360000180702
360000060501

Azure IoT Hubとの連携設定

対象サービス・プラン
 

Microsoft社が提供するAzure IoT Hubとsakura.ioを接続を行い、 メッセージの相互通信を行います。

設定の概要について

  • Azure IoT Hubを作成します。
  • IoT Hubの共有アクセスポリシーを取得します。
  • sakura.ioで連携サービスの設定を行います。

ページの先頭へ

事前準備

Azure IoT Hubの作成

sakura.ioで接続するIoT Hubを作成します。

Azure Portalを開き、[リソースの作成]→[モノのインターネット(IoT)]→[IoT Hub]をクリックし、
IoT Hubの設定画面へ移動します。

001.png

サブスクリプション・リソースグループ・リージョン名前などを入力後、 [Size and scale]を選択して料金プランを選択します。
ここでは[F1 Free tier]を選択します。

002.png

共有アクセスポリシーの取得

[Shared access policies]→[Add]と移動し、共有アクセスポリシーの新規作成画面へ移動します。
名前を入力し、Registry Write, Device Connectの権限にチェックを入れ、作成します。

003.png

しばらくすると共有アクセスポリシーが利用可能になります。
先程作ったものをクリックし、接続文字列(Connection String)をコピーし、控えておきます。

004.png

ページの先頭へ

コントロールパネルの操作方法

Azure IoT Hubの連携サービス追加

連携サービスの追加を行いたいプロジェクトの 詳細 ボタンをクリックします。

030.png

連携サービス をクリックします。

130.png

連携サービス追加 をクリックします。

140.png

連携サービスの選択画面でAzure IoT Hubをクリックします。

005.png

以下の項目を入力し、作成ボタンをクリックします。

名前 任意
Shared Access Key Azure IoT Hubの共有アクセスポリシーの接続文字列
Azure IoT デバイス名 プレフィックス sakura.ioのデバイス名の前に、ここで指定したプレフィックスが追加されます。
必要ない場合は空文字を指定します。

 

ページの先頭へ

連携の確認

Azure IoT Hubがsakura.ioと連携されていることを確認するには、 WindowsアプリケーションであるDeviceExplorerを使用するのが手軽です。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる