360000117321
201920441

突然アドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになった

Google Chromeブラウザにおけるアドレスバーの警告表示について

2018年7月24日頃にリリースされるGoogle Chrome 68より、
SSL化されていない(http://〜でつながる)サイトについてはアドレスバーに
「保護されていません」(Windows)、「保護されていない通信」(MacOS)という警告が表示されます。

警告表示の理由

Google Chromeでは非暗号化サイトに対する警告表示を段階的に強化しており、
暗号化通信ができない(SSL化されていない)サイトについては、警告を表示する施策を実施しております。

この対応がさらに今回強化され、警告がより多くのサイトに表示されるようになりました。

警告表示を解除する方法

警告を解除するにはサイトの常時SSL化(全ページをhttps://〜で接続できるようにすること)が
必要となります。

  • さくらのレンタルサーバをご利用中のお客様は無料SSL機能を利用して独自ドメインサイトのSSL化ができます。
    詳細な手順などはサポートサイトをご確認ください。
    WordPressをお使いの方は常時SSL化をサポートするプラグインもご用意しております。
    こちらも合わせてサポートサイトでご確認ください。

    また、有料の証明書を購入して設定することもできます。
    レンタルサーバコントロールパネルのドメイン/SSL設定より購入の場合は簡単インストール機能が利用できます。

  • VPS/クラウドや他社ホスティング(証明書のインポートが可能な場合)をご利用の方は
    さくらのSSLでSSL証明書を購入することができます。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる