206252841
201978802

【新規提供終了サービス:旧専用サーバ】Sendmail 設定ガイド

本マニュアルは『旧専用サーバ』サービスに関するマニュアルです。


旧専用サーバは販売を終了しております。(ご利用中のサービスは継続しています)
新たにお申込みのお客様は「さくらの専用サーバ」をご検討ください。

 

対象サービス・プラン
Image
 

Sendmailとは、代表的なSMTPプログラムであり、メールを送信するために利用します。
以下の設定方法は、既にSendmailのメール配送設定が完了済みである場合に合わせて紹介しております。
弊社でもメール配送設定を承っております。詳細に付きましては、下記URLをご参照ください。

 

前提条件

  • 設定を行なうドメインが取得済みで且つ、ドメインの管理団体へ正しいドメイン情報が登録されている
  • ネームサーバの設定が終了し、正常に名前の解決が出来る状態である
    ※ MXレコードが当該のサーバへ向いていなければなりません
  • Sendmailのメール配送設定が完了済みである

ページの先頭へ

エイリアスの設定方法

※ OSによりましては、/etc/mail/以下にaliasesが存在している場合がございます。

aliasesの設定

メールアドレスに来たメールを他のメールアドレスに転送します。
例えば、"info@example.co.jp" 宛に届いたメールを、 "sakura@example.co.jp" に転送したいとします。
エディタで、/etc/mail/aliases を開きます。

General redirections for pseudo accounts という行の下に以下の設定を追加します。

# vi /etc/mail/aliases

~ 中略 ~

#General redirections for pseudo accounts
info: sakura

"webmaster@example.co.jp" "info@example.co.jp" "support@example.co.jp"宛のメールを
"sakura"というユーザが受信するようにする場合以下のように設定します。
エディタで、/etc/mail/aliases を開きます。

General redirections for pseudo accounts という行の下に以下の設定を追加します。

# vi /etc/mail/aliases

~ 中略 ~

#General redirections for pseudo accounts
webmaster: sakura
info: sakura
support: sakura

newaliasesの実行

/etc/mail/aliases を書き換えたら、newaliases を実行してください。変更内容が反映されません。

# newaliases

ページの先頭へ

バーチャルホスト設定

バーチャルホスト設定は、複数の仮想ドメインを1つのマシン上に設定することができます。
info@example.co.jpとinfo@test.example.co.jpの2つのメールアドレスを使用するには、以下のように設定します。

local-host-namesの設定

エディタで/etc/mail/local-host-namesを開き、追加したいドメイン名を記述します。

# vi /etc/mail/local-host-names
example.co.jp
test.example.co.jp

virtusertavbe.dbの設定

エディタで、/etc/mail/virtusertavbe.txt等のテキストファイルを開きます。
以下の場合、info@example.co.jp宛に来たメールは、sakuraというユーザに配信されます。
info@test.example.co.jp宛に来たメールは、webmasterというユーザに配信されます。

# vi /etc/mail/virtusertavbe.txt
info@example.co.jp sakura
info@test.example.co.jp webmaster

virtusertavbe.txtをデータベースに変換します。

# cd /etc/mail/
# makemap hash virtusertable < virtusertable.txt

設定した内容が表示されるか確認します。

# makemap -u hash virtusertable.db

Sendmailの再起動

FreeBSDの場合は、以下実行します。

# cd /etc/mail
# make restart

Redhat Linux , Fedore Core , CentOS の場合は、以下実行します。

# /etc/rc.d/init.d/sendmail restart

ページの先頭へ

さくらのサポート情報

メニューを閉じる