206252801
201932381

【新規提供終了サービス:バーチャルドメイン】CGI・SSIについて

本マニュアルは『バーチャルドメイン』サービスに関するマニュアルです。


バーチャルドメインは販売を終了しております。(ご利用中のサービスは継続しています)
新たにお申込みのお客様は「さくらのレンタルサーバ」をご検討ください。
なお、さくらのレンタルサーバとは仕様が異なりますので、あらかじめ詳細をお確かめください。

CGI設置に必要な設定情報の一覧

サーバ上でCGIプログラムを動かす際に必要な情報です。ご利用頂く前に禁止事項をお読みください。

  • バーチャルドメインのコントロールページへは、こちらからログイン可能です。

CGI設置時の基本

CGIファイルの拡張子 .cgi
CGIファイルパーミッション 755 または 705
(Group/Otherへの書きこみ権限を付与すると動作しません)
ディレクトリパーミッション 755 または 705
(Group/Otherへの書きこみ権限を付与すると動作しません)
cgi-binディレクトリ 特に必要なし
.htaccess 特に必要なし
使用するファイルロック関数 「flock」を推奨

各種コマンドパス

perl /usr/bin/perl または /usr/local/bin/perl
ruby /usr/local/bin/ruby
sh /bin/sh
csh /bin/csh
sendmail /usr/sbin/sendmail
gcc /usr/bin/gcc
gzip /usr/bin/gzip
nkf /usr/local/bin/nkf
uuencode /usr/bin/uuencode
uudecode /usr/bin/uudecode
procmail /usr/local/bin/procmail

ページの先頭へ

CGIプログラムを利用するにあたっての禁止事項

共用サーバで利用中のお客様が、快適にご利用頂く為にさくらインターネットでは以下のご利用を禁止しています。

禁止事項

  • ダイレクトメール・メーリングリスト・メールマガジンを含むメールの一斉送信
  • データベースサーバ(MySQL等)の利用
  • daemonとしてサーバに常駐するプログラムの実行
  • 前日より全くアクセスがない場合は、更新されません。古いログが残ったままになりますのでご注意ください。
  • 他者への不正行為を目的したプログラムの実行
  • その他サーバに高い負荷をかけている原因となるプログラムの実行

禁止プログラムの動作を発見した場合、実行プロセスの強制終了・CGI利用権限の停止
最悪の場合 アカウントの停止 や 今後のご利用をお断りする場合がありますので、ご注意ください。

ページの先頭へ

ファイルのパーミッション(属性)とは

サーバ上でプログラムを動かす為には、まずファイルのパーミッションについて知る必要があります。
ここではパーミッションの読み方、表し方をご案内いたします。

パーミッションとは

さくらインターネットで提供しているサーバは、UNIXと呼ばれる複数のユーザが利用する為のオペレーティングシステム上で動作しています。
UNIXでは、もともと複数のユーザが1台のマシンを使うという考え方の元、構築されておいるため、
ファイルやディレクトリを保護する観点からパーミッションという概念がうまれました。

パーミッションの読み方

パーミッション表記は主に数字や、文字列で取り扱います。ここでは、CGIのパーミッション表記に良く使われる数字表記について説明します。

文字列表記

左から3文字毎に3つのブロックに分かれており、以下のような意味があります。

各ブロックの記号「r」「w」「x」「-」は、属するブロックの該当ユーザに対して、具体的な 許可/不許可 を示しています。

数字表記

数字表記は、各権限ブロック(ユーザ・グループ・その他)における、許可された権限を決められた数値とし、これらの和であらわします。

  ユーザ User グループ Group その他 Other  
  r w x r w x r w x  
rwxr-xr-x ⇒ 400 200 100 40 20 10 4 2 1 =755

上の例では「 rwxr-xr-x 」を数字で表しています。これらをすべて足した結果が「 400 + 200 + 100 + 40 + 20 + 4 + 2 = 755 」 となります。

パーミッションの変更方法 - FFFTPの場合

ファイル属性の変更機能のある、FTPソフトウェアを利用してパーミッションの変更を行ってみましょう。
ここでは代表的なFTPソフトウェア FFFTP (フリーソフト) での操作方法を解説します。

FTP接続

FFFTPを起動して、サーバへ接続します。FTPでの接続設定内容についてはこちらをご覧ください。

ディレクトリ、ファイルの選択

FFFTPのホスト側ファイルリストから、 ファイル属性を変更したいファイルはディレクトリを選択します。

コマンドの選択

「コマンド」 ⇒ 「属性変更」 を選択します。

属性の変更

必要な権限にチェックを、必要でない権限のチェックをはずします。
お客様のご希望に合わせて操作してください
以下の例では、パーミッション644からパーミッション755に変更しました。

ページの先頭へ

SSIについて

SSI(Server Side Include)についてサーバ上でSSIを動かす為の手引きをご紹介しています。

SSIの動作する設定

SSIファイルの拡張子 .shtml
.htaccess 特に必要なし

注意事項

  • ウェブサーバの仕様により絶対パスによるプログラムの指定はできません。
  • SSIから呼び出されるプログラムについては、プログラム配布元が公開している仕様ににしたがって設定してください。
  • 設置にかかわる作業および、プログラムの改変等は一切サポートできません。 各パラメータに関する内容は各種専門書籍・マニュアルをご覧ください。
  • SSI からプログラムを呼び出すにあたっての 利用禁止事項 につきましては、 CGIプログラムを利用するにあたっての禁止事項に準じます。ご利用前に必ずお読みください。

SSIの利用例

SSIの使用した場合の一例です。
各パラメータに付いては、ウェブサーバやホームページの専門書籍を参照してください。

書 式: <!--#str1 str2="str3"-->
記入例: <!--#FLASTMOD FILE="ssi.html"-->

str1 str2 str3 備考
ECHO VAR 環境変数 "str3"を表示する
INCLUDE FILE ファイルまでの相対パス "str3" をインクルードする
VIRTUAL ファイルまでのURL絶対パス(*1)
EXEC CGI ファイル名(相対パス) "str3"の結果を表示
CONFIG TIMEFMT 日時表示形式 表示フォーマットをカスタマイズする
SIZEFMT サイズ表示形式
FLASTMOD FILE ファイル名(相対パス) "str3"の最終更新日を表示
VIRTUAL ファイルまでのURL絶対パス(*1)
FSIZE FILE ファイル名(相対パス) "str3"のサイズを表示
VIRTUAL ファイルまでのURL絶対パス(*1)
  • ※1URL絶対パス:URLの最初のスラッシュから左側のパスを指します
    例) http://??.sakura.ne.jp/~username/test/dir/filename.html → /~username/test/dir/filename.html

ページの先頭へ

標準で使えるCGIカウンター

サーバに既にインストールされているプログラムです。
市販やオリジナルで配布しているCGIを用意する事なくご利用頂けます。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる