206249161
115000034981

ローカルインターフェースにて RX dropped カウンタが上昇する

対象サービス・プラン
Image Image Image Image
 

「さくらの専用サーバ」(およびハイブリッド接続等による接続先のサーバ)にて、
特定のOSをご利用の場合、ローカルインターフェースにて RX dropped カウンタが上昇することがあります。

対象サーバ

「さくらの専用サーバ」石狩第2ゾーンに設置されているサーバと、
ハイブリッド接続等による接続先のサーバ(「さくらのクラウド」「ハウジング」「リモートハウジング」を含む)が対象となります。

対象OS

Linux Kernel 3 系以降で動作するディストリビューションが対象となります。
「さくらの専用サーバ」の対応OSでは以下が該当します。

  • CentOS 7
  • Ubuntu 14.04
  • Debian 7

原因と影響

弊社管理のネットワーク機器の機能によって送出されるブロードキャストフレームが、Linux OS の Kernel 3 系以降では破棄され、
RX dropped としてカウントされるようになりました。
破棄されるものは IP/IPV6/ARP 等のプロトコルを除いたもので、一般的な通信への影響はございません。

なお、今回の原因となったブロードキャストフレームを送信している機能は「さくらの専用サーバ」石狩第2ゾーンでのみ動作しており、
ハイブリッド接続でこちらを接続した場合は、その接続先までを影響範囲として RX dropped のカウントが上昇します。

対処

弊社および Linux Kernel の仕様どおりの動作で、お客様で実施可能な対処はありません。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる