206231101
201965902

【独自ドメイン】さくらのレンタルサーバでの利用に関するよくある質問集

対象サービス・プラン
 

さくらインターネットで取得した独自ドメインが追加できません

他のサービスでドメインの追加やゾーン情報の設定を行っている場合、
既に設定情報が存在するため、追加ができない場合があります。

ドメインメニュー上のゾーン情報が正しくない場合の対処方法について案内します。

さくらインターネット取得した独自ドメインをレンタルサーバサービスに設定する場合、
サーバコントロールパネルよりドメインを追加する必要があります

※ サーバコントロールパネルよりドメインを追加する際に以下のエラーが発生した場合、
  ドメインメニューから該当ドメインのゾーン情報を確認してください。

「 既に、さくらインターネットのネームサーバに登録されていますゾーンもしくは追加ドメインから、
 このドメインを削除し、しばらくたってから再度お申込みください 」

オンラインマニュアルを参考の上、「ゾーン編集」を押した際に、
以下のような表記になっている場合は、正しいゾーン情報が設定されておりませんので削除を行ってください。

エントリ名 タイプ データ
@ NS ns1.dns.ne.jp
NS ns2.dns.ne.jp

ゾーン情報の削除後、「 2時間以上 」 時間を置いて以下の手順にてドメインの追加設定を行ってください。

このようなゾーンの状態になれば設定が完了です。

エントリ名 タイプ データ
@ NS ns1.dns.ne.jp
NS ns2.dns.ne.jp
A ***.***.***.***
MX 10 @
www CNAME @
mail CNAME @
ftp CANME @

目次に戻る

ドメイン(DNS)の設定を終えたのに、ウェブがみられません

追加したドメインのネームサーバ(DNS)情報の反映に時間がかかっている可能性があります。

ドメインの情報がインターネット全体へ反映するには数時間 ~ 2日程度時間がかかる場合があります。
しばらく時間をおいてから、もう一度接続をお試しください。
( ブラウザのキャッシュをクリアすることで、ドメインに接続できるようになることもあります )

また、WHOIS情報内の 「 ネームサーバ 」 が正しいものであるか確認しておくことも重要です。
追加したドメインのネームサーバ情報が弊社指定の情報に変更されているか、ご確認ください。

さくらインターネット管理のドメインであれば、以下の手順にてドメインのネームサーバ情報の変更が可能です。

さくらインターネット指定ネームサーバ
ネームサーバー1  ns1.dns.ne.jp 
ネームサーバー2   ns2.dns.ne.jp 

目次に戻る

1つのドメインを複数のサービスで利用できますか?

いいえ、ドメイン1つに対して1つのサービスしかご利用いただくことができません。
サービスごとに別々のドメイン名をご検討ください。

目次に戻る

いくつまでドメインを利用できますか?

各サービスプランによって異なります。
初期ドメイン(○○○.sakura.ne.jp)を含め、以下の数のドメインを追加して利用できます。

ライト      スタンダード   プレミアム    ビジネス     ビジネスプロ   メールボックス  マネージドサーバ
20個 20個 30個 40個 40個 20個 制限なし ※1

初期ドメイン(1個) + さくらのサブドメイン ※2 + 独自ドメイン ⇒ 上記個数まで
初期ドメイン(1個) + 独自ドメインのサブドメイン+ 独自ドメイン ⇒ 上記個数まで

  • ※1 サーバの管理に支障をきたす事が確認された場合には、一時的に制限させていただくことがございます。
  • ※2 「さくらのレンタルサーバ」は2個、「さくらのメールボックス」は1個まで追加できます。

目次に戻る

日本語ドメイン名は使えますか?

日本語ドメインは、 「サーバコントロールパネル」から追加することは可能です。
しかしながら、動作についてはサポート対象外です。

※ 追加することにより、ウェブのみ(メールは利用不可)、通常のドメイン名と同様に使用できます。
  ゾーン情報の修正やネームサーバサービスでの利用はできません。ご了承ください。
※ 日本語ドメインによるウェブアクセスは対応したブラウザが必要です。

目次に戻る

ドメインを追加すると、ホームページ公開のURLはどのようになりますか?

「 さくらのレンタルサーバ 」、「 さくらのマネージドサーバ 」 サービスにおける標準設定では、
追加を行われたドメインにおいて「 wwwが付いたURL 」、「 wwwが付いていないURL 」のどちらでも
同じページへアクセスされる仕様となっております。

例) example.com を標準で設定した場合

  • http://example.com/ → 表示可能
  • http://www.example.com/ → 表示可能

例)example.com を「 www.を付与せずマルチドメインとして使用する 」で設定した場合

  • http://example.com/ → 表示可能
  • http://www.example.com/ → お客様のページは表示されず、弊社にて用意しているエラーページを表示

弊社ではwww.を付与して利用することを推奨しておりますが、アクセスできるURLを一本化するなど
といったご利用を想定している場合にはwww.を付与せずに設定することが有効です。

目次に戻る

初期ドメインと独自ドメインで同じホームページが表示されます

初期ドメインと独自ドメインで、異なるウェブサイトの運用をご希望の場合
マルチドメインの設定が必要です。

さくらのレンタルサーバ・マネージドサーバで提供している初期ドメイン(○○○.sakura.ne.jp)※1
【 www 】 ※2 というフォルダをドキュメントルート ※3 として認識します。

追加された独自ドメインは、サーバコントロールパネルよりマルチドメインの設定
行わない限り、初期ドメインと同じフォルダ ( www ) を参照します。

なお、初期ドメインは、削除やドキュメントルートの変更( wwwフォルダを参照させない等 )はできません。

  • ※1 お申し込み時に、お客様にて決めていただいた文字列
  • ※2 最初からサーバ内にあるフォルダ
  • ※3 ドメインにアクセスした際に、参照するフォルダ

目次に戻る

さくらのサポート情報

メニューを閉じる