206209241
201965882

OS起動時にudevd workerのエラーが発生する

対象サービス・プラン
 

さくらの専用サーバにおいて、CentOS 6またはRed Hat Enterprise Linux 6を起動(再起動含む)したときに、
発生する場合があります。

事象発生時の表示例

udevd[11136]: worker [13191] failed while handling '/devices/pci0000:00/0000:00:03.2/0000:04:00.1/host2/rport-2:0-4/target2:0:2/2:0:2:31/scsi_device/2:0:2:31'
udevd[11136]: worker [13192] unexpectedly returned with status 0x0100
udevd[11136]: worker [13193] failed while handling '/devices/pci0000:00/0000:00:03.2/0000:04:00.1/host2/rport-2:0-5/target2:0:3/2:0:3:32/block/sdvv'
udevd[11136]: worker [13204] unexpectedly returned with status 0x0100
  • サーバを再起動すると、上記のようなエラーが発生します。
  • エラー発生時にOSがハングアップ、カーネルパニック、または強制再起動します。

ハングアップをした場合は、サーバを強制的に再起動することで正常に起動することを確認しています。

発生する環境

  • CentOS 6.5またはRed Hat Enterprise Linux 6.5以前
  • バージョン 147-2.51 以前のudevパッケージ

解決策

udevパッケージを147-2.51より新しいものに更新することで、この問題が解消します。

診断手順

  • この問題が起動後に発生するなら、追加のudevログを有効にします。
# udevadm control --log-priority=info
  • 以下の行を /lib/udev/rules.d/10-dm.rules に追加して、タイムアウトを増やしてください。
OPTIONS+="event_timeout=600"

以下のようになります。

ENV{DM_UDEV_RULES_VSN}="2"
OPTIONS+="event_timeout=600" 
ENV{DM_UDEV_DISABLE_DM_RULES_FLAG}!="1", ENV{DM_NAME}=="?*", SYMLINK+="(DM_DIR)/$env{DM_NAME}"

さくらのサポート情報

メニューを閉じる