206207461
201930501

ストレージコントローラ ファームウェア更新

対象サービス・プラン
 

2012年12月5日以前に、以下サービスを申込みいただいたお客様を対象としております。

  • HP DL2000 Xeon 4Core
  • HP DL2000 Xeon 6Core
  • HP DL2000 Xeon 4Core 2CPU

対象OS

  • Ubuntu 10.04 32/64bit
  • Ubuntu 12.04 64bit
  • Debian 6 32/64bit
  • XenServer 6
 

更新内容

  • 再起動時にまれにロックアップ(コード0xD4)が発生するHP P812コントローラーの問題を修正しました。
  • HP SAS拡張カードを搭載するHP DL580 G5で、ディスク位置情報が誤って報告される問題を修正しました。
  • RAID 6ボリュームでボリューム変換処理が発生した後、特定の構成の最後のストライプのパリティデータが
    一致しない問題を修正しました。
  • HP P2000saG3コントローラーモジュールを取り外すとコントローラーがロックアップ(コード0xAB)する
    問題を修正しました。
  • 3TBのドライブをHP DL180G6 12ドライブバックプレーンにホットアドするとコントローラーがロックアップ(コード0x15)
    する問題を修正しました。
  • メモリエラーを持つ書き込みキャッシュラインにホストデータを誤って書き込んだため、コントローラーが
    ロックアップ(コード0xBC)する問題を修正しました。
  • リードキャッシュを100%に設定されたコントローラーが、ACUの[CacheStatus Details]に
    「A cache error was detected. Run a diagnosticreport for more information」エラーが表示される問題を修正しました。
  • SATAディスクをMSA-60、MSA-70、またはHP DL180-G6 12ドライブバックプレーンにホットアドすると
    ストレージコントローラーが応答しなくなる問題を修正しました。
    ※カスタマーアドバイザリ c03011608を参照してください。
  • 大量のI/Oが発生しているときにホットリムーブイベントを処理していると、コントローラーが応答しなくなる
    問題を修正しました。
  • ボリューム変換処理中に発生する問題を修正しました。 論理的な回復不能読み込みエラーが発生した場合、
    元のボリュームがアレイ内のオフセットで構成されていると、不良ブロックが変換された
    ※ボリューム内の誤った場所に移動する可能性があります。
  • Native Command QueuingをサポートするSATAディスク上で同時に多くの回復不能な読み取りエラーを処理すると
    ロックアップ(コード0x15の)が発生する問題を修正しました。
  • 2TBを超えるサイズのディスクが誤って障害と記録される問題を修正しました。
  • 大量のI/O負荷によりSSD RAID 10アレイでロックアップ(コード0x13)が発生する問題を修正しました。
  • コントローラーにキャッシュモジュールが装着されていないと、起動中にSATAディスクが時々障害または消失と
    記録される問題を修正しました。
  • HP Insight DiagnosticsソフトウェアまたはオフラインHDDファームウェアフラッシュユーティリティを実行する際に
    コントローラーがキャッシュモジュールなしでSATAディスクを接続して実行されていると、ロックアップ(コード0x15の)
    する問題を修正しました。
  • Open VMS/Solarisシステムのロックアップ(コード0x13を)引き起こすコントローラーおよびエンクロージャーの
    IOモジュール間のケーブルの問題を修正しました。
  • 起動時にコントローラーが応答しなくなるいくつかの問題を修正しました。
    ※カスタマーアドバイザリ C03161926を参照してください。
  • 起動時に[F1]および[F2]キーを正しく処理するようコントローラーファームウェアを修正しました。
    ※カスタマーアドバイザリ c03127437を参照してください。
  • 3TBのドライブがスペアとして管理できない問題を修正しました。
  • サーバのシリアル番号、製品ID、およびその他の構成がクリアまたはデフォルトに設定される問題を修正しました。
    ※カスタマーアドバイザリ c03083515を参照してください。

カスタマーアドバイザリについてはこちらのページより検索が可能です。

ページの先頭へ

対応方法

アップデート対象ファームウェアバージョン

  • 5.12
  • 5.14

ファームウェアバージョン確認方法

■Linux

以下コマンド出力の[Firmware Version]行を確認

# hpacucli ctrl slot=1 show

■WindowsServer 2003R2/2008R2

[スタート]メニューから[すべてのプログラム]>[HP システムツール]

[HP アレイコンフィギュレーション ユーティリティ CLI]を起動

プロンプトに以下のコマンドを入力し[Firmware Version]行を確認

=> ctrl slot=1 show

※既に稼働ファームウェアバージョンが5.70や5.70(C)の場合は、 5.70(B)、5.70(D)へのアップデートは必要ありません。

アップデートが必要なお客様は、お手数ですが以下テンプレートにて作業をご依頼ください。

ファームウェア更新作業依頼

メールでの依頼方法

本文をコピーして、新規メールに貼り付けてください。

(※)にはお客様の情報を入力してください。

件名(Subject)には 必ず指定されたものをコピーして貼り付けてください。全ての項目が入力されていることを確認した上で指定されている宛先(To)へ送信してください。

件名
ファームウェア更新作業依頼
宛先
support@sakura.ad.jp
本文
  ==================   ファームウェア更新作業依頼   ==================
   ------------------------------------------------------------------
    ※ [1] - [7]必須事項。
   ------------------------------------------------------------------
    [1] 会員ID        :

    [2] ご契約者名    :

    [3] サービス名    :

    [4] 対象IPアドレス:

    [5] 作業内容      : ファームウェア更新作業

    [6] 作業料金      :無料

    [7] 作業希望日時  :
          作業の実施につきまして、ご希望の日時をお知らせください。
          ※第三希望までご記入ください。

            第一希望:
            第二希望:
            第三希望:

      ※希望日時の3営業日前までにご連絡ください。
      ※お客様のご利用状況によっては、ご希望いただいた日時での作業が
        難しい場合がございます。
        その際は弊社より別途日時をご提案させていただきます。

    [8] 緊急時ご連絡先
              電話番号:
              ご担当  :

    [9] 備考          :
   ------------------------------------------------------------------        

さくらのサポート情報

メニューを閉じる