206110642
201978802

【新規提供終了サービス:旧専用サーバ】メンテナンス

本マニュアルは『旧専用サーバ』サービスに関するマニュアルです。


旧専用サーバは販売を終了しております。(ご利用中のサービスは継続しています)
新たにお申込みのお客様は「さくらの専用サーバ」をご検討ください。

 

対象サービス・プラン
Image
 

専用サーバサービスとは

お客様にサーバ機器と回線をレンタルし、運用していただくサービスです。
管理者権限をお渡しし、サーバの運用保守・管理はすべてお客様へに委ねられております。
一般的なウェブホスティング(ウェブスペースレンタル)と異なり、自由にアプリケーションのインストールや設定を行なっていただけます。

ページの先頭へ

管理者権限(スーパーユーザ、root、Administrator)とは

UNIXやWindowsでは、一般的なユーザとは異なる「管理者権限を持つユーザ(スーパユーザ、root、Administorator)」というユーザが存在します。
管理者権限を持つユーザは、サーバシステムに関わるの重要なファイルを含む全てのファイルを書きかえたり、削除したり出来る特権を持っています。
管理者権限パスワードは第三者に知られることがないよう厳重に保管・管理してください。
保守用のパスワードは定期的に変更する事をお勧めします。

ページの先頭へ

サーバデータの保守について・・・

不意のサーバダウンやハードウェアのトラブルに遭遇すると、サーバのHDD内のデータが壊れることがあります。
専用サーバサービスでは、ハードウェア故障によるデータの保証は行なっておりません。
万が一に備え、定期的にデータのバックアップを行なってください。

なお、専用サーバPlatformサービスでは、運用・保守サービスとしてお客様がご自由にお使いいただける
400GBのバックアップ領域を持つ管理サーバパッケージをご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ

カスタム保守のご依頼について

サーバの個別のメンテナンスなどは有料にて承っています。
ご依頼される場合は、何の設定をどのようにして欲しいかをあらかじめまとめていただき、問合せフォームにてご連絡ください。
折り返し、詳細の聞き取り、料金のお見積もりをさせていただきます。

※ ご依頼内容によっては対応できかねる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

変更してはいけない設定について・・・

専用サーバで設定しているネットワークの設定は、初期設定の際に最適な状態にセットしています。
不適切な設定を行ないますと、次回起動時にネットワークに接続できなくなる状態になってしまいます。
絶対に変更しないよう、ご注意ください。

Linux

  • ネットワークに関わる設定全般(/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0)
  • ネットワークに関わる設定全般(/etc/sysconfig/network)
  • インターフェースに関わる設定行(/etc/modprobe.conf、/etc/modules.conf)
    alias eth0 XXX (※)

※ XXX にはドライバモジュール名、インターフェイス名などが入ります。

FreeBSD

  • ネットワークに関わる設定行(/etc/rc.conf)
    defaultrouter="~"
    ifconfig_XXX (※) ="~"

※ XXX にはドライバモジュール名、インターフェイス名などが入ります。

ページの先頭へ

サーバの再起動(リブート)のご依頼について・・・

サーバの再起動のご依頼は24時間365日承っております。
ご依頼についてはこちらをご確認ください

ページの先頭へ

サーバのセキュリティ対策について

サーバのセキュリティ情報は、管理者であるお客様が日々対策を施す必要があります。
不正アクセス(クラッキング)などによる損害の補償はいたしかねますのでご了承ください。

FreeBSDセキュリティ情報(日) http://www.jp.freebsd.org/www.FreeBSD.org/ja/security/
JPCERT/CC(日) http://www.jpcert.or.jp/
情報処理推進機構 セキュリティセンター(日) http://www.ipa.go.jp/security/
Debian GNU/Linux セキュリティ情報(日) http://www.debian.org/security/

ページの先頭へ

サーバに繋がらなくなってしまったら・・・

一部のサービスに繋がらない

SSHでの接続が可能であれば、サーバにログインして、プロセス状況を確認ください。
SSHでの接続が拒否されてしまう場合は、サーバを再起動(無料)する事で 復旧する事があります。
弊社カスタマーセンターまでお気軽にお申し付けください。

サービス名 よくある原因
ウェブサーバ(httpd)
  • ウェブサーバが起動していない
  • ウェブページへのアクセス過多によるタイムアウト
  • CGI等のプログラムが誤作動を起こしている
  • ディスク容量が不足している
  • ログのファイルサイズが大きすぎる
SMTPサーバ(smtp)
  • SMTPサーバ(sendmail等)が起動していない
  • ディスク容量が不足している
  • SMTPへの接続が多すぎる
  • サーバ負荷(ロードアベレージ)が高すぎる
POP3サーバ(pop3)
  • 受信サーバが機能していない(inetdの起動設定含)
  • ディスク容量が不足している
FTPサーバ(ftp)
  • 接続制限機能(TCP Wrapper等)が働いている
  • サーバの負荷が高くレスポンスが遅い・タイムアウトする
SSH
  • sshdが起動していない
  • 接続制限機能(TCP Wrapper等)が働いている

SSHを含むすべてのサービスに繋がらない

何らかの原因でサーバがダウンしてしまった場合、サーバを再起動(無料)する事で復旧する事があります。
ご依頼の際は弊社カスタマーセンターまでお気軽にお申し付けください。
尚、サーバのダウンがお客様の直前の作業に起因する場合があります。
お心当たりがございましたら、お申しつけいただく際にご連絡ください。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる