206110502
201978802

【新規提供終了サービス:旧専用サーバ】パッケージ管理ツール(RedHat Linux/Fedora Core/CentOS)

本マニュアルは『旧専用サーバ』サービスに関するマニュアルです。


旧専用サーバは販売を終了しております。(ご利用中のサービスは継続しています)
新たにお申込みのお客様は「さくらの専用サーバ」をご検討ください。

 

対象サービス・プラン
Image
 

RedHat Linux / Fedora Core / CentOSでは、RPM(RedHat Package Manager)という便利なパッケージ管理ツールがございます。

RPMについて

RPMは RedHat Linuxのパッケージ管理のツールです。rpm形式のパッケージの操作を行えます。
下記URLのサイトよりRPM形式のパッケージを入手することができます。

インストール済みのパッケージの一覧を表示

# rpm -qa

インストール済みのパッケージの検索

# rpm -q パッケージ名

パッケージのインストール

# rpm -ivh パッケージ名(rpm形式)

パッケージのアップデート

古いバージョンのパッケージを新しいバージョンにアップデートします。 古いバージョンのパッケージが見つからない場合も新しいバージョンのパッケージをインストールします。

# rpm -Uvh パッケージ名(rpm形式)

パッケージの更新

古いバージョンのパッケージがインストールされている場合に限り、新しいバージョンのパッケージアップグレードします。

# rpm -Uvh パッケージ名(rpm形式)

パッケージのアンインストール

パッケージをアンインストールします。

※ 依存関係の問題で削除できない場合があります。

# rpm -e パッケージ名(rpm形式)

さくらのサポート情報

メニューを閉じる