206106962
201931041

ユーザを追加しよう【ビジネス・マネージド】 -スタートアップ-

対象サービス・プラン
Image

※ユーザ追加機能は、ライト・スタンダード・プレミアムプランではご利用になれません。

サーバコントロールパネルにログイン

サーバコントロールパネルのログイン画面を表示します。
「ドメイン名」と「パスワード」を入力し、「送信する」をクリックします。

ユーザ追加

「ユーザ管理」をクリックします。

「新しいユーザの追加」をクリックします。

「ユーザ名」「パスワード」を入力します。
※ユーザ作成時に利用できる文字列は、こちらをご確認ください。

ユーザが利用する機能に合わせて、「利用設定」の「メールを利用する」「FTPを利用する」 「ファイル共有を利用する」をチェックします。

ユーザに設定する機能は最小限に

  • ユーザが利用できる機能を制限することで、運用ポリシーにそったサーバの運営が可能です。
  • 「メールを利用する」「FTPを利用する」「ファイル共有を利用する」にチェックを入れた場合に利用できる機能は以下の通りです。
メールを利用する メールアドレスの利用
メールの振り分け転送機能の利用
ウェブメールの利用
FTPを利用する FTP接続の利用
ファイルマネージャの利用
サーバ情報の表示
ファイル共有を利用する ファイル共有機能(WebDAV)の利用

「メール保存容量」を入力後、「ウイルスチェック」を設定し「迷惑メールフィルタ」を選択します。
※「利用設定」の「メールを利用する」をチェックしていない場合この画面は表示されません。

 

無料のウイルスチェックでメールのやり取りも安心

「メールの設定」で変更設定できる機能は以下の通りです。

メール保存容量

ユーザがメールデータの保存に使用できる容量です。

ウイルスチェック

受信したメールにウイルスが含まれているかスキャンし、ウイルスが発見された場合、該当のメールを削除する機能です。

迷惑メールフィルタ

迷惑メールと判定したメールを自動的に振り分ける機能です。

FTPの接続先に設定したいドメインを「アクセスできないドメイン」から選択後
「矢印」をクリックし、「アクセスできるドメイン」に移動します。
※「利用設定」の「FTPを利用する」をチェックしていない場合、この画面は表示されません。

 

「追加」をクリックします。

 

「ユーザの一覧」に追加したユーザ名が表示されれば、「STEP1.ユーザの追加」の完了です。

権限の設定

サーバの操作や編集の権限をユーザに設定します。

サーバコントロールパネルのトップページを表示します。 「管理者ユーザの設定」をクリックします。

 

権限を設定する「対象のユーザ」を選択後、「管理者の種類」を設定し「追加」をクリックします。

 

「管理者の種類」の設定は慎重に
  • 権限によっては、様々なサーバ設定を変更できます。
  • 「管理者の種類」ごとに利用できるサーバ機能は以下の通りです。
  管理者 準管理者 ウェブ
管理者
メールとユーザ管理ユーザの追加/削除/設定変更 △ ※ -
ユーザ毎のメールセキュリティ機能の設定 -
ユーザ毎のメール振り分け転送機能の設定 - -
ユーザ毎のメール自動返信機能の設定 - -
サーバ情報とパスワードサーバパスワードの変更 - -
サーバ情報の表示 - -
ログイン履歴の表示 - -
サイトに関する設定アクセスログの設定 -
さくらのブログの利用 - -
ドメインの設定 - -
独自SSLの設定 - -
サーバツールの設定データベースの設定 -
PHP言語に関する設定 - -
クイックインストールの利用 - -
メーリングリストの設定 - -
CRON設定 - -
サイト内検索の設定 -

※「管理者権限」を持ったユーザの追加/削除/設定変更はできません。

「管理者一覧」に設定したユーザが表示されれば、「STEP2.権限の設定」の完了です。

 

さくらのサポート情報

メニューを閉じる