206077422
201965882

Red Hat Enterprise Linux のパッケージ管理ツールには何を使用していますか?

対象サービス・プラン
Image Image
 

yumとなっています。ただし、RedHatEnterpriseLinuxES4 では up2date になります。
これらのコマンドを使用することでパッケージのアップデートやインストールなどを行うことが可能です。

Red Hat Enterprise Linux 5 Server、Red Hat Enterprise Linux 6 Server

yum の使用例コマンド
利用可能なパッケージをすべてアップデート yum update
パッケージの説明を表示 yum info <パッケージ名>
パッケージのインストール yum install <パッケージ名>
インストール済みパッケージのアンインストール yum remove <パッケージ名>
パッケージのアップグレード yum upgrade <パッケージ名>
リポジトリの更新 yum check-update
インストール済みパッケージを表示 yum list installed
インストール可能なバージョンを表示 yum list <パッケージ名>
インストール可能なパッケージの表示 yum list upgrade
利用可能なパッケージの検索 yum search <文字列>
ファイル名からパッケージの逆引き yum provides <ファイル名>
使えるリポジトリを表示 yum repolist

Red Hat Enterprise Linux ES 4

up2dateの使用例コマンド
パッケージリストの更新 up2date -p
アップデート可能なパッケージ一覧を表示 up2date -p
パッケージのアップデート  up2date -u
インストール可能なパッケージリストの取得 up2date --show-available
パッケージを取得してインストール up2date --install <パッケージ名>

さくらのサポート情報

メニューを閉じる