206055162
201930501

Ubuntu / Debian パーティション設定手順

対象サービス・プラン
 

さくらの専用サーバ Ubuntu / Debian のパーティション設定方法の説明です。

パーティションインストールの開始

パーティション指定有りにしてOSインストールを開始します。

リモートコンソールの立ち上げ

OSインストールを開始後、リモートコンソールを立ち上げ、パーティション設定画面が表示されるのを待ちます。

パーティション設定方法の選択

パーティション設定画面にて、「 Manual 」を選択し、エンターをクリックします。

古いパーティションの削除

OSインストール先のディスクパーティション情報が表示された場合は削除します。

OSインストール先のディスクパーティションを選択し、エンターをクリックします。

「 Delete the partition 」を選択し、エンターをクリックします。

この作業を繰り返し、OSインストール先のディスクすべてのパーティションを削除します。

OSインストール先のディスク全体が空き領域になっていることを確認します。

パーティションの設定

ディスクの空き領域が確保し、パーティションを設定します。

空き領域を選択し、エンターをクリックします。

「 Create a new partition 」を選択し、エンターをクリックします。

パーティションサイズを入力し、エンターをクリックします。

?

※ パーティション割りが4つ以下の場合はPrimaryを、4つ以上の場合は3つ目までをPrimary、残りにLogicalを選択します。
※ パーティション割りが5つ以上の場合は/、/boot(ある場合)を必ずPrimaryにしてください。
※ 2TB以上のディスクアレイではこの項目は表示されません。

パーティションの割り当て位置に「 Beginning 」を選択し、エンターをクリックします。

パーティションの詳細設定を行います。
設定項目の詳細はパーティション指定項目を参照ください。

設定を確認し、問題なければ「 Done setting up the partition 」を選択します。

パーティション割り当て作業を繰り返し、すべてのパーティションを設定します。

パーティション指定項目

項目設定内容備考
Use as ファイルシステムの選択  
Mount point マウントポイントの指定 /、 /var、 /usr、 等割り当てるディレクトリを入力します。
Mount options マウント時のオプションの指定  
Label ディスクラベルの指定  
Reserved blocks root用の予約領域の指定  
Typical usage ファイルシステムの使用方法の指定  
Bootable flag 起動フラグを設定の有無 /boot(/bootがなければ/)では必ず「 on 」にしてください。

パーティションの分割について

  • Mount Point に /root、 /mnt、 /dev、 /proc、/sys、 といったパーティションを設定できません。
  • /root 1Gや /dev/shm 10Gといったパーティション分割はできません。

swap領域について

パーティションの中にはかならずswap領域を作成する必要があります。
swap領域を作成しない場合、サーバの動作が不安定になり、サーバがフリーズするなどの不具合が発生します。

2TB以上のディスクアレイにインストールする場合

2TB以上のディスクアレイにインストールする場合は始めにReserved BIOS boot area、/bootパーティションを設定してください。

Reserved BIOS boot area、/boot 設定手順

ディスクの空き領域を選択します。

「 Create a new partition 」を選択します。

割り当て容量に「 1MB 」を入力します。

割り当て位置に「 Beginning 」を選択します。

Reserved BIOS boot areaパーティションの設定を行い、「 Done setting up the partition 」を選択します。

続いてディスクの空き領域を選択します。

「 Create a new partition 」を選択します。

割り当て容量に「 250MB 」以上を入力します。

割り当て位置に「 Beginning 」を選択します。

/bootパーティションの設定を行い、「 Done setting up the partition 」を選択します。

残りのディスク空き領域はパーティションの設定項目を参照して設定します。

パーティションの確認

パーティションを設定し、問題なければ「 Finish partitioning and write changes to disk 」を選択します。

Reserved BIOS boot areaの警告

2TB以上のディスクアレイにシステムをインストールする場合は「 Reserved BIOS boot area 」が必要になります。
「 Reserved BIOS boot area 」を割り当てていない場合は次のような警告が表示されますので、パーティションの設定項目に戻って割り当てを行ってください。

OSインストールの開始

確認画面が表示されるので、問題なければ「 Yes 」をクリックしOSインストールを開始します。

OSインストールの開始を確認したら、リモートコンソールを閉じてOSインストールが完了するのを待ちます。

OSインストールの完了

OSインストール完了後、サーバは自動でシャットダウンされます。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる