206055002
201930501

CentOS / SL 6 のパーティション設定手順

対象サービス・プラン
 

さくらの専用サーバ CentOS / SL 6 のパーティション設定方法の説明です。

パーティションインストールの開始

パーティションインストールの開始

パーティションインストールを選択し、OSインストールを開始します。

リモートコンソールの立ち上げ

OSインストールを開始後 リモートコンソール を立ち上げ、 パーティション設定画面 が表示されるのを待ちます。

パーティション設定方法の選択

パーティション設定画面にて、「 Create Custom Layout 」を選択し「 Next 」をクリックします。

パーティションの設定

パーティション割り当て設定画面でパーティションを設定します。

画面右下の「 Create 」をクリックします。

「 Create Storage 」画面にて、「 Standard Partition 」を選択し「 Create 」をクリックします。

「 Add Partition 」画面で、パーティション指定にあわせて割り当てを設定し「 OK 」をクリックします。
設定項目の詳細はパーティション指定項目を参照ください。

パーティション設定作業を繰り返し行い、すべてのパーティションを設定します。

パーティション指定項目

項目設定内容備考
Mount point マウントポイントの指定 /、 /var、 /usr、 等割り当てるディレクトリを入力します。
File System Type ファイルシステムの選択  
Allowable Drives 使用するディスクの選択  
Size(MB) パーティション容量の指定  
Additional Size Options パーティション容量の設定オプション 通常は「 Fixed Size: 」のままで、残りすべての容量を割り当てたい場合は「 Fill to maximum allowable size 」を選択します。
Force to be a primary partition パーティションをプライマリパーティションに設定を行うか /boot、/、 はかならずチェックを入れてください。
GPTパーティション(2TB以上のアレイ)の場合は表示されません。
Encrypt パーティションを暗号化の有無  

パーティションの分割について

  • Mount Point に /root、 /mnt、 /dev、 /proc、 /sys、 といったパーティションを設定できません。
  • /root 1G や /dev/shm 10G といったパーティション分割はできません。

swap領域について

パーティションの中にはかならずswap領域を作成する必要があります。
swap領域を作成しない場合、サーバの動作が不安定になり、サーバがフリーズするなどの不具合が発生します。

推奨パーティション設定について

Redhat 社よりドキュメントが提供されておりますので、推奨パーティション設定についてはこちらを参照ください。
RHELクローンOSの CentOS、Scientific Linux でも参考にしていただくことが可能です

パーティションの確認

設定完了後、設定内容(割り当て)に間違いがないか確認します。

OSインストールの開始

パーティション割り当てに問題なければ「 Next 」クリックし、OSインストールを開始します。

OSインストールの開始を確認し、リモートコンソールを閉じてOSインストールが完了するのを待ちます。

OSインストールの完了

OSインストール完了後、サーバは自動でシャットダウンされます。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる