206054982
201930501

vsftpサーバ 設定ガイド

対象サービス・プラン
 

vsftpd (Very Secure Ftp Daemon) は、FTPサーバの一つであり、名前からもわかるようにセキュリティが高く、安定性に優れております。

Redhat linux, Fedora, CentOSの場合は、vsftpdが付属しております。

vsftpdサーバの設定

vsftpd 設定ファイル:/etc/vsftpd/vsftpd.conf

vsftpd.confファイルを編集した後は、vsftpdを再起動する必要があります。

Anonymous FTP の設定

Anonymous FTPとは、インターネット上の不特定多数のユーザからのログインを許可します。データを広く万人に配布したい場合など、手軽に誰もがアクセスできるFTPサーバを立てたい場合に有効です。ユーザ名はanonymous(もしくはftp)、パスワードの代わりにメールアドレスを使用します。

# vsftpd.conf ファイルを以下のように編集します。
anonymous_enable=YES

chroot設定

chroot設定とは、FTPサーバにログインした場合、ユーザのホームディレクトリを仮想的なルートディレクトリとして、上位のディレクトリへアクセスができなくなります。
chroot設定を無効にするユーザは、/etc/vsftpd.chroot_listにユーザ名を記述してください。

# vsftpd.conf ファイルを以下のように編集します。
chroot_list_enable=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list

日本時間を表示

FTPサーバにログインした場合、GMT(世界標準時間)を表示するようになりますので、JST(日本標準時間)を設定します。

# vsftpd.conf ファイルを以下のように編集します。
use_localtime=YES

ユーザのログインを拒否

使用例 1

# vsftpd.conf ファイルを以下のように編集します。
userlist_enable=NO
userlist_deny=YES
#/etc/vsftpd.ftpusers ファイルにFTP接続を拒否したいユーザ名を記述します。
username

使用例 2

# vsftpd.conf ファイルを以下のように編集します。
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO
# /etc/vsftpd.user_list ファイルにFTP接続を許可したいユーザ名を記述します。
username

さくらのサポート情報

メニューを閉じる