115000162082
201976982

Apache脆弱性対応に伴う.htaccessの仕様変更による500エラーについて

対象サービス・プラン
Image

先日公開されたApacheの脆弱性に対処するアップデートを2017年10月6日に行ったため、さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバでも .htaccess の仕様が変更されております。一般的なご利用方法であれば影響はありませんがサイト閲覧時に500(Internal Server Error)エラーが発生している場合は本ページの内容をご確認ください。

前提条件・設定例

前提条件

  • .htaccessに<Limit Get post>という書き方をしている(本来GET POSTのように大文字にする必要がある)
  • .htaccessに<Limit ABCDE>という書き方をしている(存在しないmethodを書いている)

ページの先頭へ

.htaccessの編集

サーバコントロールパネルログイン

サーバコントロールパネルへログインします。

ドメイン名 初期ドメイン または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
仮登録完了のお知らせに記載のパスワード。
紛失・ご不明の場合は「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。

ファイルマネージャーログイン

ファイルマネージャー 』をクリックします。

ファイルマネージャーの画面が表示されます。

.htaccessの編集

画面左のフォルダツリーから、エラーが発生しているフォルダの「.htaccess」ファイルを右クリックし、「編集」をクリックします。
フォルダ内に.htaccessファイルが無い場合は1つ上のフォルダ(この場合test1)を開き、.htaccessを確認します。

hta01.png

編集ウィンドウが開きますので、前提条件に記載されている記述を削除、もしくは編集し、「保存」をクリックします。コメントアウトする場合は「#」を行頭に記述します。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる