115000156541
115000034981

【さくらの専用サーバ】エンタープライズシリーズのネットワーク冗長機能の不具合

対象サービス・プラン
 

「さくらの専用サーバ」エンタープライズシリーズのサーバモデルと特定のOSバージョンとの組み合わせにおきまして、
ネットワーク冗長機能に不具合が発生し、サーバのシステムログにネットワーク冗長の論理インターフェースの
ステータス変更を示すログが繰り返し記録される恐れがあります。

対象サーバモデル

  • さくらの専用サーバ エンタープライズシリーズの全てのモデル

対象OS

  • Red Hat Enterprise Linux 7.4
  • CentOS 7.4

発生する事象

OSが上記のバージョンであり、かつネットワーク冗長の論理インターフェースの設定ファイル上で
「BONDING_OPTS」項目の「updelay」設定が有効となっている場合、ネットワーク冗長を構成する
物理インターフェースの片方のステータスが無効「MII Status: down」と判定され、
サーバのシステムログに下記のような論理インターフェースのステータス変更を示すログが繰り返し
記録される不具合が発生する恐れがあります。

bond0: link status up for interface eno2, enabling it in 5000 ms
bond1: link status up for interface eno4, enabling it in 5000 ms
bond0: link status up for interface eno2, enabling it in 5000 ms
bond1: link status up for interface eno4, enabling it in 5000 ms
bond0: link status up for interface eno2, enabling it in 5000 ms
bond1: link status up for interface eno4, enabling it in 5000 ms

対処方法

ネットワーク冗長の論理インターフェースの設定ファイル上で「BONDING_OPTS」項目の
「updelay」設定を削除いただき、変更後にネットワークの再起動を実施ください。

 

ネットワーク冗長の論理インターフェースの設定ファイルに書かれている「BONDING_OPTS」項目を編集します。

  • グローバル側
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
  • ローカル側
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond1

 

「BONDING_OPTS」項目の「updelay」設定を削除します。

  • 「updelay」設定を削除
(変更前)
BONDING_OPTS="mode=4 miimon=100 updelay=5000 xmit_hash_policy=2"

(変更後)
BONDING_OPTS="mode=4 miimon=100 xmit_hash_policy=2"

 

ネットワーク冗長の論理インターフェースの設定ファイルの編集後、ネットワークを再起動します。

  • ネットワークを再起動
systemctl restart network

 

ネットワーク冗長の動作確認をします。

  • グローバル側

論理インターフェイスのステータスが「state UP」であることを確認します。

ip link show bond0

論理インターフェイス、物理インターフェイスのそれぞれのリンク状態が
有効「MII Status: up」であることを確認します。

cat /proc/net/bonding/bond0
  • ローカル側

論理インターフェイスのステータスが「state UP」であることを確認します。

ip link show bond1

論理インターフェイス、物理インターフェイスのそれぞれのリンク状態が
有効「MII Status: up」であることを確認します。

cat /proc/net/bonding/bond1

 

さくらのサポート情報

メニューを閉じる