115000130522
201965122

デジサート社証明書再発行対応について(2018年2月更新)

本ページは以前公開していた
「シマンテック社SSL証明書に関する再発行対応期限の変更について」の内容を2018年2月14日現在の最新情報で更新いたしました。

今回の対応の概要

以前よりご連絡しておりました通り、Google社とデジサート社(旧シマンテック社)の間でデジサート社発行のSSLサーバ証明書を
Google Chrome ブラウザで失効させる措置を取ることが合意されております。
本ページでは失効措置を回避するための方法、ならびに失効対象のSSLサーバ証明書の判別方法などを
ご案内いたします。

ページの先頭へ

再発行対象となる証明書有効期間(一部変更あり)

無効化スケジュール、対象SSLサーバ証明書の発行期間と無効化回避策

SSLサーバ証明書の無効化スケジュールと対象SSLサーバ証明書は以下となっております。

対象1:2016年5月31日以前に発行されたSSLサーバ証明書(ラピッドSSL、クイックSSLプレミアム)

対象1のお客様へは2018年2月14日よりメールによる連絡を開始しております。

  • 有効期間が2018年3月14日以前の場合
    対応は必要ありません。
  • 有効期間が2018年3月15日以降の場合
    証明書を利用し続けたい場合は再発行する必要があります。

2018年3月15日にベータ版がリリースされるGoogle Chrome66よりSSLサーバ証明書が無効化されます。
正式版のリリースは2018年4月17日が予定されています。

対象2:2016年6月1日以降、2017年11月30日までに発行されたSSLサーバ証明書
   (ラピッドSSL、クイックSSLプレミアム、セキュア・サーバID、セキュア・サーバID EV、グローバル・サーバID)

対象2のお客様へは2018年6月以降にメールによる連絡を予定しております。(2018年5月14日更新)

以前ご案内した内容では2018年12月1日までとしておりましたが、
認証局切り替えメンテナンスを11月30日午前8時より実施いたしましたので、
対象期間が変更されております。

また、証明書の発行者がDigicert.Incの場合は再発行は不要です。
2017年11月30日の午前10時以降に申し込みを行った場合は、基本的には再発行不要ですので
証明書情報をご確認ください。
発行者の確認方法はこちらのページをご覧ください。

  • 有効期間が2018年9月12日以前の場合
    対応は必要ありません。
  • 有効期間が2018年9月13日以降の場合
    証明書を利用し続けたい場合は再発行する必要があります。

2018年9月13日にベータ版がリリースされるGoogle Chrome70よりSSLサーバ証明書が無効化されます。
正式版のリリースは2018年10月23日が予定されています。

sym002.png

証明書の有効期間を確認する方法は「証明書有効期間の確認方法」をご覧ください。

※ メンテナンス前後にお申し込みいただいた場合、対象外の発行期間でも失効対象となっている可能性がございます。
その場合SSLサーバ証明書の発行者を確認することで対象かの確認が可能です。

ページの先頭へ

お客様にご対応いただく内容

対象期間に合致するSSLサーバ証明書をご利用中のお客様は、
SSLサーバ証明書の再発行・再インストールが必要となります。
再発行専用画面よりお手続きをお願いします。
対象のお客様には、個別にメールにてご案内を送付させていただきます。
対象1の有効期間の方は2月14日、対象2の有効期間の方は別日程となります。

ページの先頭へ

証明書有効期間の消滅について

2018年2月末日をもって全ブランドで3年(約39ヶ月)の有効期間をもつ証明書の発行が停止されます。
そのため、今回の対応で再発行を行った場合購入当初の有効期間よりも短い期間(最大27ヶ月)で
発行される場合があります。
今回2月のご案内では有効期間が短縮化されるお客様へはメールを送信いたしませんので、
受け取ったメールに記載されたコモンネームのみを再発行するようにお願いいたします。

ページの先頭へ

Firefoxブラウザの対応について

Firefoxブラウザの開発元であるMozilla Foundationでも無効化措置が実施されることが決定しております。
対応日程は確定しておりませんが Google Chrome での対応時期へ追随すると発表されています。
Chrome、Firefoxで対応が行われると広範囲でサイトが閲覧できない状況となりますのでご注意ください。

デジサート社による発表についてはこちらからご確認ください。  

2018年3月16日追記

Firefoxでの対応が以下の内容で確定しましたのでお知らせいたします。

2016年5月31日以前に発行された証明書は、
『2018年5月リリース予定のFirefox 60において無効化されます。』エラー画面が表示されてサイトへアクセスできなくなります。

※2018年5月14日追記
Firefox 60の正式版がリリースされております。アップデート後のFirefoxでは上記証明書は利用できません。

2016年6月1日~2017年11月30日に発行された証明書は、
『2018年10月リリース予定のFirefox 63で無効化されます。』
なお、先日より順次送信している再発行のご案内に記載の方法で再発行を行ったお客さまはこの無効化の影響を受けません。
ブランドはラピッドSSL、ジオトラスト、シマンテックであってもSSL証明書の発行者が
Digicert.Incになっている場合は無効化対象にはなりません。
証明書の発行者を確認する方法についてはサポートページをご確認ください。

エラー画面のイメージなどはFirefoxの開発元であるMozilla Foundationのブログで確認できます。

ページの先頭へ

本件に関するよくある質問

以下のページに記載しておりますので、ご確認ください。

ページの先頭へ

本件に関するお問い合わせ先

SSLサーバ証明書の発行方法以外の本件に関するお問い合わせに関しては以下までお願いします。

デジサート・ジャパン合同会社 テクニカルサポート

Email: server_info_jp@symantec.com
電話 : 03-5114-4135
※音声ガイダンス後、2番を選択してください
受付時間: 9:30~17:30(土日祝日、および年末年始を除く)

SSLサーバ証明書の申し込み方法、設定方法についてはさくらインターネット
SSLサーバ証明書発行専用ダイヤルへお願いします。

さくらインターネット SSL証明書発行専用ダイヤル

受付時間:平日 10:00~18:00(土日祝日、当社 指定休日 は休み)

※電話番号は、対象のお客様へ個別で以下メールにてお知らせしております。
件名:【重要】[さくらインターネット]SSLサーバ証明書再発行のお願い

さくらのサポート情報

メニューを閉じる

お使いのブラウザでは、さくらのサービスやWebサイトがご利用できなくなります。

安全な通信のため TLSv1.2 に対応したバージョンへのアップグレードをお願い致します。
詳しくは TLS1.0/1.1無効化についてのお知らせをご覧ください。