115000085361
115000022501

ウェブサイトへのFTPアクセス

対象サービス・プラン
 

ウェブサイトコンテンツを更新する最も簡単な方法は、FTP 経由でのアップロードです。
Plesk が FTP サーバとなり、利用者は FTPクライアントを使用してサーバ上のディレクトリにアクセスします。
FTPソフトはお好きなものをご利用いただけます。

通常のFTPでは、情報は暗号化されずに FTP 経由で転送されます。
セキュア FTPS プロトコル(別名 FTP-SSL/TLS)を使用することをお勧めいたします。
FTPS は、現在使用されているほとんどの FTP クライアントでサポートされています。
FTPS を有効化する方法は、FTP クライアントのマニュアルをご参照ください。

※Mac版 FileZillaでの設定例

04-001.png

FTP ユーザ名・パスワード等を変更する

FTP アカウントユーザ名またはパスワードを変更する方法をご案内いたします。

[ウェブサイトとドメイン]> ドメインを探す >[ウェブホスティングアクセス]に進みます。

新しいユーザ名またはパスワードを入力します。

『OK』をクリックします。

04-002.png

ページの先頭へ

 

SSH/SCP が出来るように変更する

FTPは平文でパスワードやデータを転送しますが、暗号化した通信を利用することがお勧めしています。
SSHでのアクセスを有効にすると暗号化したSCPファイル転送が可能となります。
ユーザ名でSSH/SCPをご利用いただく方法は以下をご確認ください。

[ウェブサイトとドメイン]> ドメインを探す >[ウェブホスティングアクセス]に進みます。

[SSH経由のサーバアクセス]で[/bin/bash(chrooted)]を選択します。

[OK]をクリックします。

04-003.png

[SSH経由のサーバアクセス]には、/bin/bash 等(chrooted)が付いていないシェルが選択肢に提示されていますが、
一般的には、(chrooted)が付いているシェルを選ぶことを推奨しています。
違いは、(chrooted)が付いているシェルは自分のドメインの配下ディレクトリのみにアクセス出来るシェルとなります。
他のシェルは、サーバ全体にアクセスできるシェルとなります。
システムに詳しい上級者の方向けのシェルとなっています。
用途等に併せて適切にご選択ください。

※Mac版 FileZillaでの設定例

04-004.png

さくらのサポート情報

メニューを閉じる