115000051662
201919531

【WordPress】常時SSL化プラグイン トラブルシューティング

対象サービス・プラン

本ページでのご案内は、さくらのレンタルサーバ 常時SSL化プラグインの動作が上手く行かなかった場合のものになります。
プラグインの設定方法についてはさくらのレンタルサーバ 常時SSL化プラグインの使い方をご確認ください。

SSL化したけど、やっぱりやめたくなった

SSL化を取り消す場合は、WordPressの管理画面からインストール済みのプラグイン一覧を表示し、
SAKURA SSLの下にある「停止」リンクをクリックするとプラグインが停止します。停止すると、加えた変更が元に戻ります。

注意事項

  • SSL化を停止しても、https://~でアクセスできる設定は変更されませんので、レンタルサーバコントロールパネルのドメイン設定から、
    「共有SSL、SNI SSLを利用しない」設定に戻してご利用ください。
  • SSL化後に画像の投稿などを行っており、その状態でプラグインを停止すると
    SSL化後に投稿されたコンテンツのURLはhttpsのままになる場合があります。
    この場合はSerch Regexなどの置換プラグインを用いて置換を行ってください。
  • SSL化停止直後に管理画面にアクセスしようとすると、以下の画面が表示されてログインできない場合があります。
    この場合はIDとパスワードを確かめて、何度かログインを試みてください。
    それでもログインできない場合はCookieを含めたブラウザキャッシュの削除を行ってください。

    01.png

ページの先頭へ

サイトにSSL(https)でアクセスできない

レンタルサーバコントロールパネルのSSL設定がONになっていない場合に以下の画面が表示されます。
※ Chromeでの一例ですので、他のブラウザでは異なった画面が表示されます。

02.png

このようなエラーが表示されてサイトが表示できない場合は、
レンタルサーバコントロールパネルのドメイン設定内、SSLの設定ができていない可能性があります。

03.png

「SNI SSLを利用する」に設定して、「送信」をクリックしてください。再度サイトにアクセスして確認してください。

ページの先頭へ

SSL化を実行したらサイトにアクセスできなくなった

エラー画面などが表示されてサイトにアクセスできなくなった場合は以下の方法でhttp://~の管理画面にアクセスしてプラグインを停止します。

レンタルサーバコントロールパネルからファイルマネージャへアクセスします。

WordPressをインストールしたフォルダ(ここでは例として「wordpress」)を選択し、「.htaccess」で右クリックして「編集」を選択します。

04.png

「# BEGIN Force SSL for SAKURA」から「#END Force SSL for SAKURA」までの記述を削除します。

05.png

http://~のURLで管理画面へアクセスします。

  • ※ この際、「Cookieがブロックされているか、お使いのブラウザが未対応です」と表示される場合がありますが、
    IDとパスワードを確認して何度かログインしてください。

プラグインメニューからインストール済みプラグインを選択し、「SAKURA SSL」を停止してください。

以上の手順でプラグイン有効化前の状態に戻すことができます。
再度SSL化を実行する場合はプラグインを一度削除し、インストールし直してください。

ページの先頭へ

.htaccessの書き込み権限がありませんと表示される場合

プラグインでSSL化を実行しても、「.htaccessの書き込み権限がありません。書き込み権限を設定してから再度実行してください。」と
表示されることがあります。

06.png

この場合は、レンタルサーバコントロールパネルからファイルマネージャを起動し
、設定したいドメイン配下の.htaccessというファイルの「プロパティ」を確認します。

07.png

「値で指定」の部分が404などになっているとエラーが出ますので、「604」に設定してOKをクリックします。
再度プラグインの画面からSSL化を実行してください。

ページの先頭へ

このサイトでは常時SSL設定が有効化されています。と表示されてボタンが見当たらない

08.png

このプラグインを使用してサイトをSSL化すると、上記の表示がされて再度ボタンを押すことができなくなります。
設定をもとに戻したい場合は「インストール済みプラグイン一覧」から、SAKURA RS WP SSLを停止したうえで削除してください。

なお、直接htaccessファイルの記述内容を編集すると動作に不具合が出る場合があります。ご注意ください。

ページの先頭へ

重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。
と表示される場合

2017-04-17_18.43.23.png

プラグインの有効化ボタンを押した際に、
「重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。
 Fatal error: Arrays are not allowed in class constants in /home/user/www/wordpress/wp-content/plugins/sakura-rs-wp-ssl/modules/model/force-ssl.php on line 32」
と表示される場合、お使いのPHPバージョンが古い可能性があります。
本プラグインはPHPバージョン5.6、7.1で動作しますので、サーバコントロールパネルのPHPバージョン選択より、
バージョンを切り替えてご使用ください。
なお、既存プログラムが動作しなくなる可能性がありますので、注意して作業してください。

ページの先頭へ

トップページだけがリダイレクトされて、投稿ページなどの下位ページが
リダイレクトされない

http://example.jp といったトップページだけがリダイレクトされ、http://example.jp/category/entry といった投稿ページ、
カテゴリページはリダイレクトされない場合、以下いずれかの方法で修正を行います。

プラグインで修正する場合

プラグインバージョン1.0を利用してSSL化を行った際に上記事象が発生する場合があります。
プラグインをアップデートし、一度プラグインを停止→プラグイン画面からSSLを有効化することで
下位ページのリダイレクトも行えるようになります。

※プラグインバージョンの見方

plugin.png

WordPress管理画面のインストール済みプラグインのページの「SAKURA RS WP SSL」のバージョンをご確認ください。

自分で.htaccessを修正する場合

さくらのレンタルサーバコントロールパネル「ファイルマネージャ」から、設定したいドメインの.htaccessを編集します。
以下の記載項目をファイルの一番上にカット&ペーストします。

# BEGIN Force SSL for SAKURA
# RewriteしてもHTTPS環境変数を有効にする
SetEnvIf REDIRECT_HTTPS (.*) HTTPS=$1
# 常時HTTPS化(HTTPSが無効な場合リダイレクト)
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/wp-cron.php$
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
# END Force SSL for SAKURA

以上で修正は完了です。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる