115000035941
115000009241

【ウェブアクセラレータ】初期設定(独自ドメイン利用)

対象サービス・プラン

こちらではウェブアクセラレータ機能の初期設定について紹介します。
なお、本ページにおいてはコンテンツの配信に、お客様がお持ちの独自ドメインを利用する設定について解説しています。
ウェブアクセラレータ提供のサブドメインを利用する設定については初期設定(サブドメイン利用)のページ
お客様の独自ドメインにサブドメインを追加して利用する設定については初期設定(独自ドメインにサブドメインを新規設定して利用)のページをご覧ください。

前提条件・設定例

前提条件

  • ウェブアクセラレータを利用するサイトについては、弊社サービス以外でも、他社クラウドサービスなどで利用可能です。
  • ウェブアクセラレータはキャッシュサービスになりますので、別途コンテンツをアップロードするオリジンサーバが必要になります。
    オリジンサーバはお客様ご自身でご用意ください。
  • 独自ドメイン利用ではドメインのCNAMEレコードを編集しますが、CNAMEは仕様上ゾーンアペックス(example.jpのようにドメインの前に何もない名前)には設定できません。
    www.example.jpのようにサブドメインが設定されていることが必要です。
  • このページではコンテンツの配信にお客様がお持ちのドメインを利用し、かつすでに稼働中のサイトのドメインにキャッシュを設定する際の使い方を解説しております。
    新しいサブドメインを作成してウェブアクセラレータを利用する場合は初期設定(独自ドメインにサブドメインを設定して利用)をご覧ください。
    ウェブアクセラレータで提供される *.webaccel.jp で利用する場合は、初期設定(サブドメイン)のページをご覧ください。
  • ウェブアクセラレータのサービス概要などは、サービス概要をご覧ください。

ページの先頭へ

独自ドメイン利用について

独自ドメイン利用のポイントは、キャッシュ配信にもお客様のドメインを利用できるメリットがあるところです。
反面、DNSの設定が必要で、ネガティブキャッシュ発生のリスクも多少ながら存在するため切り替えの実施は
ユーザの少ない時間帯がおすすめです。
また、既存ドメインでCNAMEを利用するとサイトのトラフィックが全てウェブアクセラレータを通過するため、
キャッシュしないファイルもウェブアクセラレータの課金対象データ転送量に含まれることになります。
可能であれば、サブドメインを新規作成してウェブアクセラレータを利用する方がおすすめです。

デメリットはありますが、SSL証明書を登録することで独自ドメインでもSSL化ができるなど、自由度は比較的高いです。
本ページでは既存の独自ドメインを利用する方法を解説しておりますが、この方法ですとサイトファイルの全キャッシュも可能です。
ただしゾーンアペックス(http://example.jpのようにサブドメインがない状態)でURLを設定している場合は
DNSの仕様上、CNAME設定ができないので本ページの方法は適用できません。

設定手順

事前確認

お客様のオリジンサーバ、ネームサーバにて、以下の設定ができるかをご確認ください。
設定できない場合は、このページの方式でのウェブアクセラレータの利用はできません。サブドメイン利用での設定をご検討ください。

  • お客様がお持ちのドメインのCNAMEレコード、Aレコード、TXTレコードが編集できること。
  • 既存のドメインをそのまま使う場合は、お客様のドメインのAレコードを削除し、
    CNAMEレコードに変更しますのでTTLを変更できる場合は作業前に300秒程度にしておくことをおすすめします。
  • キャッシュしたいファイルに対してHTTPレスポンスヘッダーを追加できること
    (ApacheWebサーバであれば.htaccessが使用できれば可能です。
    nginxの場合はnginxの設定ファイル編集ができる必要があります)。

ページの先頭へ

お客様のサーバ(オリジンサーバ)側での設定

ウェブアクセラレータではキャッシュ時間とキャッシュしたいファイルの指定にHTTP レスポンスヘッダーの s-maxage を利用します。
そのため、HTTPレスポンスヘッダーを設定できる環境が必要です。

HTTPレスポンスヘッダーの設定例

<Files ~ “\.(gif|jpeg|png|ico)$”>
Header set Cache-Control “s-maxage=86400, public”
</Files>
  • ※ 上記設定により、gif、jpeg、png、icoの拡張子を持つファイルのみキャッシュされます。
    この設定は一例です。画像以外のHTMLファイルなどもキャッシュ可能です。
  • ※ HTTPレスポンスヘッダーの設定は .htaccess、httpd.conf、またはincludeされるApacheの設定ファイルに記載されている必要があります。

注意事項

Apache、nginxでの設定例と注意事項はこちらのサポートページをご確認ください。

ページの先頭へ

ウェブアクセラレータ ダッシュボードへのアクセス手順

ログイン画面にてさくらのクラウドユーザとしてログインします。
ログイン情報を入力し「ログイン」ボタンをクリックします。

さくらのクラウド ホームに遷移します。
「ウェブアクセラレータ」のアイコンをクリックします。

さくらのクラウド ウェブアクセラレータのダッシュボードに遷移します。
初期表示時は、作成日時が最も新しいサイトの情報が表示されます。左メニューの「サイト追加」をクリックするとサイトの追加ができます。

08_01_top.png

サイト新規追加にて独自ドメインを追加してください。各項目を選択・入力します。

08_07.png

各項目の説明は以下の通りです。

ドメイン種別 独自ドメイン又はサブドメインを選択(ここでは独自ドメインを選択)
サイト名 作成するサイトの名前を入力
公開ドメイン名 ドメイン種別で独自ドメインを選択した場合、公開ホスト名を入力
オリジンサーバ オリジンサーバのIPアドレスもしくはFQDN(ドメイン名、ホスト名)を入力
ホストヘッダ(任意) ホストヘッダに指定するホスト名を入力
ホストヘッダが未入力の場合、オリジンサーバの指定によって以下のホストヘッダが設定されます。
  • オリジンサーバ:FQDN   → ホストヘッダ:FQDN
  • オリジンサーバ:IPアドレス → ホストヘッダ:公開ドメイン名

確認画面に遷移します。内容に問題が無ければ「追加する」ボタンをクリックします。

08_08.png

追加完了後、サイト詳細で追加された内容を確認します。

  • ※ 独自ドメインの場合、公開ホストFQDNへのCNAMEの設定またはTXTレコードの設定を促すメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

DNS設定手順(TXT)

TXTレコードを使用してドメイン認証を行うことで、CNAMEレコードを設定する前にウェブアクセラレータ上でサイト有効化の操作が行えます。

リソースレコードの各項目を選択・入力し、「作成」ボタンをクリックします。

ページの先頭へ

ステータス有効化手順

サイト詳細でステータスが無効になっていることを確認します。

ステータスを有効化するため、「有効」ボタンをクリックします。

ドメインの所有権を確認するため、有効にする際は、
事前にサイトの公開ホストFQDNのCNAMEを00000000.user.dev.webaccel.jp.と設定するか、
TXTにwebaccel=00000000.user.dev.webaccel.jpと設定してください

  • ※ ウェブアクセラレータのサイト有効化前にCNAMEを設定するとサイトが閲覧できなくなります。
    すでに稼働中のサイトで独自ドメイン設定を行う場合はTXTレコードによる事前認証を行うことをおすすめします。

08_01.png

有効化確認で「有効に切り替える」ボタンをクリックします。

08_02.png

ステータスの有効化が完了となります。完了メッセージを確認してください。
遷移したサイト詳細でステータスが有効になっていることを確認します。

ページの先頭へ

DNS設定手順(CNAME)

さくらのクラウド DNSサービスで、DNSゾーンを追加し、独自ドメインのCNAMEで先ほど自動生成したCNAME先を設定するよう変更します。

  • ※ 他のDNSサービスでも変更内容は同様となりますが、TTLが設定できない場合などがあります。他社サービスについては動作保証対象外となりますのでご了承ください。
  • ※ CNAMEレコードはAレコードやTXTレコードとの共存ができません。事前認証のために設定したTXTレコードやAレコードは削除が必要です。
    ただし、Aレコードを削除してTTLの長さだけ時間が経過した時点でサイトが閲覧できなくなりますので、削除後はできるだけ早くCNAMEレコードを設定してください。
    なお、この場合AレコードのTTLの長さだけ設定反映が遅れることになりますので、STEP1でご紹介している通り、事前にTTLを短縮しておくことをおすすめします。

    作業例)現在のAレコードのTTLが86400の場合
    AレコードのTTLを300に設定→86400秒(24時間)待つ→Aレコード削除→すぐにCNAME設定
    これにより最長300秒でキャッシュ反映が可能になります。CNAMEも切り戻しを考慮して300程度に設定し、動作に問題がなければ元のAレコードのTTLまで伸ばすと安心です。
  • ※ Aレコードを削除した後に時間をあけると、Aレコードが無い状態のネガティブキャッシュを持たれる可能性があります。
    Aレコード削除後は速やかにCNAMEレコードを設定してください。

この例としてさくらのDNSサービスで管理しているドメインを対象に説明します。
他のサービスで管理しているドメインの場合は、そのサービスでの操作手順に従ってCNAMEを設定してください。

ゾーン名を入力し、「作成」ボタンをクリックします。

DNSゾーン追加の操作確認を行い、「作成」ボタンをクリックします。

DNSゾーンが追加されることを確認し、「閉じる」ボタンをクリックします。

追加された情報に問題がないことを確認します。

リソースレコードを追加します。「追加」ボタンをクリックします。

独自ドメインのCNAMEの向き先を設定します。
リソースレコードの各項目を選択・入力し、「作成」ボタンをクリックします。

名前(*) リソースレコードの名前
タイプ(*) CNAMEを選択
FQDN(*) 入力を選択し、サブドメインを入力
TTL 指定しない場合はデフォルトTTL 3600秒が適用
  • ※ 「*」は必須項目

リソースレコードが追加されたことを確認します。

CNAMEの設定を行ってから最大でAレコードのTTL値分時間が経過するとキャッシュが有効になります。

ブラウザで、対象Webサイトにアクセスします。

例)WebサイトURL:www.example.jp

Google Chromeなどのブラウザでデベロッパーツールを使用し、オリジンサイトの画像ファイルが
ウェブアクセラレータ経由(独自ドメイン:www.example.jp)になっていることを確認します。

また、キャッシュされているファイルはレスポンスヘッダー「X-CACHE-HIT」が「HIT」になります。
※ 東京リージョンと大阪リージョンで最低2回のキャッシュ用アクセスが必要ですので、2回以上、複数回アクセスしてからご確認ください。

さくらのサポート情報

メニューを閉じる