レンタルサーバ webサイト/データ

コンテンツブースト機能のよくある質問

対象プラン
さくらのレンタルサーバライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージド

こちらのマニュアルでは、コンテンツブースト機能に関するよくある質問を掲載しています。

コンテンツブースト機能はCDN(Content Delivery Network)と
レンタルサーバを自動連携し、Webサイトを高速で安定して表示できる機能です。

ページの先頭へ

利用にお金はかかりますか?

利用料金については以下のページをご確認ください。

ページの先頭へ

自分のサイトがどれぐらいデータ転送しているか知りたい。

サーバコントロールパネルのリソース情報のページで確認できます。
確認方法の詳細は以下のマニュアルをご確認ください。

ページの先頭へ

なぜ自分のサイトのドメインでは利用できないのですか?

レンタルサーバとネームサーバの仕様によりコンテンツブースト機能が
利用できないドメインがあります。
さくらのクラウドDNSとウェブアクセラレータを利用することでコンテンツブースト機能が
使えないドメインでも
同等のキャッシュサーバを利用できます。
詳しくはウェブアクセラレータのマニュアルでご確認ください。

※ウェブアクセラレータの利用には、さくらのクラウドのアカウント登録が必要になります。

ページの先頭へ

コンテンツブーストとウェブアクセラレータの違いはなんですか?

コンテンツブーストは、さくらのレンタルサーバでウェブアクセラレータ(CDN)を
ワンクリックで利用できるようにした機能です。
またキャッシュ設定なども自動で行われ、300GBまでは定額料金、
もしくは無料で利用できます。
ウェブアクセラレータは1GB/5円の完全従量制となりますので料金的にはお得ですが、
設定は上級者向けとなります。

ページの先頭へ

SSLは自動的に更新されますか?

レンタルサーバのSSL証明書を自動/手動更新すると
自動的にコンテンツブーストのキャッシュサーバへ反映されます。

ページの先頭へ

転送容量上限設定を超えるとどうなりますか?

超過するとコンテンツブースト機能の利用が月末まで停止状態となります。
停止後は、機能を利用する前と同様の状態となりますので、
レンタルサーバの制限を超えるような大量アクセスがなければ
これまでどおりWebサイトの表示は継続されます。
また、翌月には自動で利用状態にもどります。

ページの先頭へ

コンテンツブーストを使うとどのような効果がありますか?

コンテンツブーストはCDNという広帯域ネットワークと
複数台の高性能サーバで構成されたキャッシュサーバを利用しているため、
レンタルサーバの何倍ものアクセスに耐えられます。

ページの先頭へ

リソースブーストとコンテンツブーストの違いを教えてください。

リソースブーストは、レンタルサーバの利用を継続したままかかっている制限だけを
一定期間緩和する機能です。
そのため、緩和されているとはいえ制限があるため、
その制限を超えると同様に503エラーが表示されます。

コンテンツブーストはキャッシュサーバを利用するため
一切の制限がありませんので、適切に設定されていれば
503エラーが表示されることはほぼありません。

ページの先頭へ

コンテンツブーストを使ったときのデメリットを教えてください。

コンテンツブースト機能はページ情報を一定時間キャッシュする機能です。
そのため、ファイルの内容を修正したとしても、キャッシュ時間中は反映されません。
初期値は300秒に設定していますので300秒経過後に反映されます。
サーバコントロールパネルからのキャッシュクリアも可能です。

ページの先頭へ

CDNとは何ですか?

CDNはContent Delivery Networkの略で、簡単に言うとレンタルサーバの代わりに
Webサイトを配信してくれる別のサーバのことです。

広帯域かつ高性能の複数台サーバを利用しますので、レンタルサーバよりも
遙かに高性能で処理能力が高くなります。

ページの先頭へ

PHPバージョンの設定などは必要ですか?

CDNはファイルをキャッシュするだけですのでレンタルサーバのPHPなどの影響はありません。

ページの先頭へ

WordPressサイトですが高速化されますか?

特に表示の遅いWordPressサイトにおいては著しく効果があります。
もちろん、WordPressサイト以外でも利用可能です。

ページの先頭へ

安定化・高速化と書いてありますが、実際どのような効果があるのでしょうか?

CDNはテレビ番組サイトや地震情報サイトなどで利用されるように、
大量のアクセスが一気に来てもサイトの表示を継続できるという効果があります。
テレビ番組でお店の情報が紹介されたり、
SNSでの投稿が拡散される等の原因でアクセスが通常の何倍、
何千倍も来る場合でもサイトを高速・安定表示できます。

ページの先頭へ

非常に高負荷なサイトを運営しているのですがコンテンツブースト機能で対応できますか?

高負荷サイトの種類によります。
CDNを利用するとお客さんのコメントを随時反映していたり、
株価をリアルタイム反映するような、「リアルタイム性」が
求められるサイトには向いていません。
リアルタイム性を求めず、かつユーザによってカスタマイズされない表示内容であれば、
レンタルサーバ×コンテンツブーストでも高負荷なサイトを運営できる可能性があります。
事前にテストを行った上で、ご利用ください。

※キャッシュ秒数を少なくするとリアルタイム度は上がりますが、
その分レンタルサーバへのアクセスが増えるので503エラーが出る可能性が高まります。

ページの先頭へ

月間100万PVのサイトなのですが、どのぐらいの転送容量でしょうか。

PVと転送容量は比例せずお客様のコンテンツによるため一概にはお伝えできません。
リソース情報などで現在の転送容量をご確認の上、ご利用ください。
また、転送容量上限を設定してそれ以上課金されないようにする仕組みもありますので、
あわせてご検討ください。

ページの先頭へ

お試し利用は何度でもできますか?

お試し利用はレンタルサーバ1アカウントにつき1回のみとなっております。

ページの先頭へ

WordPressなどのキャッシュプラグインと併用してもいいですか?

キャッシュプラグインの動作によっては有効化していると
コンテンツブーストの動作に影響が出る場合があります。コンテンツブースト設定後に
キャッシュプラグインを無効化することをおすすめします。
特に、WP Super Cacheは有効化しているとページがコンテンツブーストに
キャッシュされませんので必ず無効化してコンテンツブーストをお使いください。

ページの先頭へ

WordPressでキャッシュされないページがあるのですが、どうしたらいいですか?

コンテンツブーストでは個人情報が記載されたファイルをキャッシュさせないために、
特定のURLを自動的にキャッシュ除外する設定になっています。
以下が含まれるURLのパスについては自動的に除外されます。

  • /wp-admin
  • /phpmyadmin
  • /wp-login.php
  • /mt.cgi
  • /admin.cgi
  • /xmlrpc.php

ページの先頭へ

WebP画像が表示できない

サーバサイドでJPEG等をWebPへ変換する際にファイル名が変わらない場合は
WebP非対応ブラウザへWebP画像が配信される可能性があります。
WebP Express等のサーバサイド画像変換プログラムなどを
レンタルサーバでお使いの場合はご注意ください。

ページの先頭へ