SSL さくらのレンタルサーバでの利用

IPアドレスベースからSNIベースへの切り替え方法(別のサイトとして設定したい)

対象プラン
さくらのレンタルサーバビジネスプロマネージド

本マニュアルでは、全く違うサイトを運営している場合のSSLをIPアドレスベース(※以下、IPベース)からSNIベースへ切り替える方法についてご案内しております。

前提条件

  • 非SSLとSSLで違うサイト(ドメイン)を利用している事が前提となります。

SSL証明書を切り替える際は、完了するまでに時間を要します。
あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

証明書の切り替え手順

サブドメインの設定

非SSLサイトとSSLサイトでIPベースの独自SSLを利用することで別のサイトを運用している場合、SNIベースへ移行するとどちらかのサイトが全て閲覧できなくなります。
こちらを防ぐためには、別のドメインで新たにサイトを運用する必要があります。
今回は元のサイトを http://www.example.jp/ https://www.example.jp/ で運用していたものとし、SSLサイトは新たに設定するサブドメイン https://ssl.example.jp/ で運用するものとします。

サブドメインの設定方法は、以下のマニュアルをご確認ください。
※新たな独自ドメインを取得して設定することもできます。

サブドメインで閲覧できるように準備

サブドメインで https://www.example.jp/ と同じ内容が閲覧できるように準備します。

フォルダ構造例

www
├example
└examplessl

  • ドメインのドキュメントルートが www/example 、IPベースSSLのドキュメントルートが examplessl であるとします。

ドメイン設定から、先ほど作成した ssl.example.jp のドキュメントルートを www/examplessl に設定変更します。
設定変更後に同じくドメイン設定から無料SSL機能の有効化、もしくはSSL証明書を購入してhttpsを有効にします。

リダイレクトの設定

https://www.example.jp/ へのアクセスを https://ssl.example.jp/ へリダイレクト(転送)したい場合に行ってください。

リダイレクト方法については、以下のマニュアルをご確認ください。

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleなど外部ツールを利用している場合はツール側でURLの設定を変更してください。

ページの先頭へ